HAYASHI-NO-KO

南アルプス悪沢岳(3141m)からの富士山

センダン(栴檀)

2019-01-14 | 木本 冬芽・葉痕


左岸の下流、明石大橋と大観橋の間。
ここではイタチハギ(クロバナエンジュ)とアキニレの冬芽を撮る。

























すぐ横には根元付近から伐られたセンダンが一本。
蘖が何本も立ち、今年葉をつけていたのだろう。
まだ残っていた葉は軽く触れるだけで葉柄ごと落ちる。
当然だけれどそこに緑色の葉痕。










センダン(栴檀)
 センダン科センダン属 Melia azedararch var. subtripinnata
(2019.01.13 明石川左岸)


▲ 右岸のセンダンの冬芽・葉痕

------------------------------------------------------------
左岸のセンダンの冬芽・葉痕 葉の展開の頃 今年のセンダンの冬芽・葉痕 今年のセンダンの花

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« メダラ(雌楤 トゲナシタラノ... | トップ | カンアヤメ(寒菖蒲) »

コメントを投稿

木本 冬芽・葉痕」カテゴリの最新記事