HAYASHI-NO-KO

甲斐駒ヶ岳からの中央アルプス

ミドリハコベ(緑繁縷)

2017-01-04 | 冬 白色系

いつもの広がりには程遠いけれど、今年もハコベは広がっている。
ヒメオドリコソウは減ったようだ。
周囲にアジサイガ植栽されている。
いずれは他の樹も植えられてしまうかも知れないけれど
今のところ雑草畑のままになっている。








(2017.01.04 明石公園)

ここではコハコベ…と思っているのだけれど、どうも説明通りにはいかない。
と言うより、秋口のコハコベの葉色は薄いのだろうか。
茎にも花茎にも赤紫は見えない。
花は大きいものも小さいものも混じっている。

ただここでもおしべの数は全て5個。












ミドリハコベ(緑繁縷)
 ナデシコ科ハコベ属 Stellaria neglecta
コハコベ(小繁縷)Stellaria media
(2016.12.25 明石公園)

ミドリハコベは在来種と言われているが、コハコベは帰化種と区別されている。
茎の色、ミドリハコベは緑色、コハコベは赤紫色。
   葉の色、ミドリハコベは明るい黄緑色、コハコベは濃緑色。
葉の大きさ、ミドリハコベと比べるとコハコベは小さい。
ミドリハコベの茎は立ち上がり気味、コハコベは横に這う傾向が強い。
ミドリハコベのおしべは8~10個、コハコベは少ない。


春のコハコベ
--------------------------------------------------------------
冬のミドリハコベ 普通のコハコベ 少し花弁の短いコハコベ 花弁の無いイヌコハコベ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オカタイトゴメ(岡大唐米) | トップ | キュウリグサ(胡瓜草) »

コメントを投稿

冬 白色系」カテゴリの最新記事