HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

ハクチョウソウ(白蝶草・ヤマモモソウ/山桃草)

2021-08-07 | 複数の色 混色系

河川敷では雑草扱い。
どこにでも群れているのは種子がその場に居ついたからだろう。
幾つものロゼットをその周囲に見ていたのだけれど
今年は立ち入りが制限されている。


























(2021.05.29 大道町)

懐かしい場所に出向いた。
かつて農協の建物があった場所、今はJAあかし、金融機関の建物になっている。
大昔、結婚祝いにと所望されていた「陶器製のニッパー・セット」を届けた場所だ。
その置物はその後、大阪・四国・滋賀などを回って、今は大久保に居る。








(2021.07.16 本町)








ハクチョウソウ(白蝶草・ヤマモモソウ/山桃草)
 
アカバナ科ガウラ属 Gaura lindheimeri
(2021.08.07 須磨離宮公園)


▲ 高校時代に幸ちゃんが住んでいた港町の海に近い石段はなんと今もそのまま残っていた。▲



▲ ハクチョウソウのロゼット
--------------------------------------------------------------
メドハギ 花の頃 花の終わり 果実 ヤハズソウ ルバヤハズソウ ハイメドハギ ネコハギ
ハクチョウソウ 花の頃 白花 赤花


コメント   この記事についてブログを書く
« ハンゲショウ(半夏生) | トップ | トレニア(ツルウリクサ 蔓瓜... »

コメントを投稿

複数の色 混色系」カテゴリの最新記事