HAYASHI-NO-KO

南アルプス 塩見岳東峰からの北望
(仙丈、甲斐駒、北岳、間ノ岳、農鳥岳 手前は仙塩尾根)

アンズ(杏・杏子)

2022-01-20 | 木本 冬芽・葉痕

梅と杏、いつも同じ頃か少し遅れて咲く杏の花は、梅がまだ咲いている…と言われている。
ウメ(Prunus mume)と同系だし、アンズとの掛け合わせのウメもあるのだから当然か。
いつも梅の咲く頃にそう思うのだけれど
花の無い時期には、やはり姿は全く違うのだな……と思う。








(2021.12.06  新明町)












(2021.12.10  新明町)










(2021.12.24  新明町)

ここには梅の古木が何本か並んでいる。
その間に杏も植えられている。












アンズ(杏・杏子)
 バラ科サクラ属 Prunus armeniaca
(2022.01.15  小久保)

 
▲ ㊧ 今年の杏に雀  ㊨  去年の杏の花 ▲
-------------------------------------------------------------
 今年の杏 冬芽 去年の杏 メジロとアンズ ウメ(梅)杏・一重「豊後」 ウメ 杏・一重
 アンズ(杏・杏子) アンズ(杏・杏子)


コメント   この記事についてブログを書く
« カキ(柿) | トップ | カシワバアジサイ(柏葉紫陽花) »

コメントを投稿

木本 冬芽・葉痕」カテゴリの最新記事