HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

マルバヤハズソウ(丸葉矢筈草)

2021-09-28 | 秋 赤・桃色系

マルバヤハズソウは旗弁の桃色がスッキリしている。
ヤハズソウの葉は縦長、葉先が尖り気味で旗弁の桃色と縦の筋が滲んで見える。


▲ 立ち上がり気味に咲くのはヤハズソウだけれども時に丸葉もこのような姿で咲く。
ただ、毛が殆ど無い為に、赤茶色の茎が目立つのはマルバヤハズソウの特徴。▼



▲ ヤハズソウと区別するなら葉の違いだけでも出来る。▼





▲ 旗弁の色合いでも区別出来る。▼



▲ 育つ場所にもよるのだろうけれど、丸葉の方が遅れて広がる。▼



マルバヤハズソウ(丸葉矢筈草)Kummerowia stipulacea(=Lespedeza  stipulacea)
(2021.09.27 明石西公園)

 
▲ ㊧ マルバヤハズソウ 旗弁の桃色がスッキリしている。 
㊨ヤハズソウで葉が縦長、葉先が尖り気味で旗弁の桃色と縦の筋が混じって滲んでいるように見える。▲

--------------------------------------------------------------
ヤハズソウ マルバヤハズソウ ネコハギ メドハギ ハイメドハギ 


コメント   この記事についてブログを書く
« ヤハズソウ(矢筈草) | トップ | メリケンカルカヤ(米利堅刈萱) »

コメントを投稿

秋 赤・桃色系」カテゴリの最新記事