HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

フヨウ(芙蓉)

2021-08-03 | 夏 赤・桃色系

咲き始めている。




















▲ 少し気になっていた部分。▼



▲ 筒状になっているおしべの集まり、そこからめしべが伸び出している。
おしべは基部で合着して筒状になっている様だ。花粉はかなり大きく肉眼でも粒が見える。▼


フヨウ(芙蓉)
 アオイ科フヨウ属 Hibiscus mutabillis
(2021.08.02 南王子町)


▲ フヨウの果実・種子 ▲
--------------------------------------------------------------
フヨウ 白色 フヨウ 桃色 フヨウ 果実・種子 ムクゲ(槿、木槿、無窮花) ムクゲの冬芽
ヒトエスイフヨウ(一重酔芙蓉) スイフヨウ(酔芙蓉) スイフヨウの冬芽
ハイビスカス アメリカフヨウ タイタンビカス モミジアオイ
ヤノネボンテンカ ヤナギバルイラソウ ルエリア・ツベローサ ルエリア・フミリス
アノダ ギンセンカ キンゴジカ アメリカキンゴジカ


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ノコギリソウ(鋸草) | トップ | キバナコスモス(黄花コスモス) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とても綺麗~~~♪ (こいも)
2021-08-20 16:06:48
林の子さん
フヨウがとても綺麗ですね。
先日は木槿のところで「筒状になっているおしべの集まり、そこからめしべが伸びる。」
そう教えていただき感動しました。
もちろん下手な絵を描きながら、知りたかったところばかり・・・と思いました。
またここで見させていただき「うんうん、そうですね。そうでした。」と何度もうなづいている自分がいます。
とっても嬉しいです。
萎れたお花も何だかすご~く素敵なものに見えてきました。
最初に種子を見た時は、栗のイガのように硬いものかと思い再び触ってみようと出かけました。
懐かしく思い出されます。
今年は種子を見られないかもしれませんがせんが、また行ってみたいと思います。
いつの日か花粉の粒々が見えるように撮ってみたいです。
花粉粒。 (林の子)
2021-08-20 16:56:07
栗の毬ほどには痛くも無いし、大粒の花粉粒も何とか撮れると良いですね。
白い粒が集まっているのでそのまま撮るとどうしても光を反射して光ってしまう。
花粉粒だけを狙う手もあるので、反射しないように思いきって絞った暗い画像が良いかも知れませんね。
暗すぎると今度は何が何やら…でしょうから、何枚も撮ることになるとは思いますが。

コメントを投稿

夏 赤・桃色系」カテゴリの最新記事