HAYASHI-NO-KO

南アルプス 塩見岳東峰からの北望
(仙丈、甲斐駒、北岳、間ノ岳、農鳥岳 手前は仙塩尾根)

ゲンノショウコ(現の証拠)

2021-12-05 | 草 果実・種子
2021.12.04 画像追加 . . . 本文を読む
コメント (2)

シマトネリコ(島梣 島秦皮)

2021-12-05 | 秋 樹木 果実・葉
2021.12.04 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

オウゴンヒヨクヒバ(黄金比翼檜葉)

2021-12-05 | 冬 樹木 果実・葉
マンションや集合住宅などの前庭にしばしば植栽される。名前が似た、様子も似たものが次々と植えられ始めている。花が咲かない樹木、だけれど大樹になることはないから植えられるのだろう。オウゴンヒヨクヒバ(黄金比翼檜葉) ヒノキ科ヒノキ属  Chamaeciyparis pisifera 'Filifera Aurea'英名にGolden mop、ヒヨクヒバ(イトヒバ)は黄色く . . . 本文を読む
コメント

ナンキンハゼ(南京黄櫨)

2021-12-05 | 冬 樹木 果実・葉
高木の葉がすっかり散り落ちてしまった樹が増えてきた。幼木はまだ葉が幾つかの彩りを残している。もう少しすれば樹は枝と白い種子だけになる。▲ 殆ど黒い果実殻が弾け落ちて、白い種子だけが見えている。▼▲ 樹によってはまだまだ黒い果実殻が落ちていないものも多い。 ▼▲ 果実殻は弾けて白い仮種皮に包まれた種子がのぞく。▼▲ 幼木の葉の色づきを背景に。▼▲ まだ幼木、葉はやっと色づき始めた頃。▼ナンキンハゼ( . . . 本文を読む
コメント (2)

タチバナモドキ(橘擬き)

2021-12-05 | 冬 樹木 果実・葉
果実の出来た頃はやはり緑、次第に橙色が濃くなってくる。刺は葉の変化したものなのか、枝の変形したものなのかは種類によって異なる。ピラカンサ類は、刺から葉が出ているから枝の変化したものだろう。タチバナモドキ(橘擬き)バラ科トキワサンザシ属 Pyracantha angustifolia (2021.12.02 明石西公園)☆▲ タチバナモドキの花 葉裏には長い間、毛が残っている。▲ . . . 本文を読む
コメント

ニラ(韮、韭)

2021-12-05 | 草 果実・種子
所詮は雑草。果実が弾けて飛び出した種子が黒光りして輝いている……などと美辞麗句を並べて貰っても、所詮は雑草。ニラ(韮、韭) ヒガンバナ科(←ユリ科)ネギ属  Allium tuberosum(2021.12.02 北王子町)☆▲ ニラにいたアマガエル ▲------------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント