HAYASHI-NO-KO

南アルプス 塩見岳東峰からの北望
(仙丈、甲斐駒、北岳、間ノ岳、農鳥岳 手前は仙塩尾根)

コセンダングサ(小栴檀草)

2021-12-03 | 草 果実・種子
近くにアイノコセンダングサ。▲ 微妙だけれど、歪な舌状花にはなれないでいる。▼▲ 冠毛由来の棘は、2~3本、時には4本、まれに5本?? ▼コセンダングサ(小栴檀草)キク科センダングサ属 Bidens pilosa var. pilosa(2021.12.02 北王子町)-------------------------------------------コセンダングサ アイノコセンダングサ コシロ . . . 本文を読む
コメント

カキ(柿)

2021-12-03 | 秋 樹木 果実・葉
先日、大和三山を歩いた折、香具山の裾で柿の木を見つけた。その二週間前には北摂・大船山を歩いた折の里道で柿の木を見た。この季節にはどこにも見るのどかな風景の一つになっている。明石公園にも多分、鳥が落とした種子からの芽生えが幾つも残っている。鬱蒼とした森の雰囲気が消されてゆくと同時に無くなるのかも知れない。    (2021.11.30 明石公園)☆カキ(柿) カキノキ科 . . . 本文を読む
コメント

イヌホオズキ アメリカイヌホオズキ オオイヌホオズキ

2021-12-03 | 冬 白色系
県道718号線と国道2号線を繋ぐ南北の道路。山陽電車の高架化前に完成して東側には大きな商業施設。西側は旧来の住宅地。昔の田んぼは全く消え、大きな工場は移転した。広い道路に広い歩道、その間には街路樹だが、やはり雑草が生い茂ってしまう。南北に長い道路わきに何か所もイヌホオズキ。☆アメリカイヌホオズキ(亜米利加犬酸漿) ナス科ナス属 Solanum ptychanthumイヌホオズキ(犬酸漿) Sola . . . 本文を読む
コメント

アシ(葦、芦、蘆、葭・ヨシ)オギ(荻)

2021-12-03 | イネ・カヤツリグサ・シダ類など
河原では無い場所でオギとアシ。灌漑用水路に茂っている。アシ(葦、芦、蘆、葭・ヨシ) イネ科ヨシ属 Phragmites australis(=Phragmites communis)☆オギ(荻) イネ科ススキ属 Miscanthus sacchariflorus(2021.12.02 北王子町)☆▲ アシの穂 ▲------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント (2)

アキニレ(秋楡)

2021-12-03 | 秋 樹木 果実・葉
2021.11.02 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ガガイモ(蘿藦、蘿芋、鏡芋、芄蘭)

2021-12-03 | 草 果実・種子
残念ながら、今年のガガイモの種髪は見る影も無かった。確保できた果実は一つきりだったし時間がかかりすぎたのか、半分以上は果実の中で種子から種髪が外れてしまっていた。それでも何とか画像には残せた。                          ☆ ガガイモ(蘿藦、蘿芋、鏡芋、芄蘭)キョウチクトウ(←ガガイモ)科イケマ(←ガガイモ)属 Metaplexis japonicaトウワ . . . 本文を読む
コメント

アカメガシワ(赤芽槲、赤芽柏)

2021-12-03 | 秋 樹木 果実・葉
2021.12.03 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

イロハモミジ(いろは紅葉)

2021-12-03 | 秋 樹木 果実・葉
石垣を見せる、から石垣保全の為に、と樹木伐採の目的が変わって久しい。確かに石垣に根を張って育つ木も多いから根が石垣を崩す懸念も増えてきただろう。それが自然だ、などと暢気なことを言っている人もいる。地震で崩れた石垣補修が放置されていた桜堀南側でも樹木伐採が始まった。樹木の根が石垣に危険をもたらした訳では無い。無為に放置されていたことが、何かすり替えられている気がしてならない。▲ 剛の池側からの桜堀  . . . 本文を読む
コメント

ローゼル(ヒビスクス/ハイビスカス・サブダリファ)

2021-12-03 | 秋 赤・桃色系
花も咲くのだろうけれど今日は萎んでいた。赤く熟した総包片が特徴的。種を包んでいる紅紫色の萼が厚く肥大している。(202.10.12 明石公園)☆▲ 葉も緑を無くしている。▼ローゼル (Roselle)アオイ科フヨウ属 Hibiscus sabdariffa(202.11.30 明石公園)-------------------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

ポプラ(Poplar・セイヨウハコヤナギ)

2021-12-03 | 木本 冬芽・葉痕
四年前の台風で、明石公園剛ノ池北側の芝生広場の先に並んでいたポプラは全滅した。南側のユリノキは、同じくらいの高さだけれど全て無事でその後も花をつけている。柳に風、と言うわけにはいかなかったのだ。このポプラは中学校の正門外に育つ。ポプラ(Poplar・セイヨウハコヤナギ) ヤナギ科ヤマナラシ属 Populus nigra var. italica(2021.11.30 南王子町)☆---- . . . 本文を読む
コメント