HAYASHI-NO-KO

南アルプス 塩見岳東峰からの北望
(仙丈、甲斐駒、北岳、間ノ岳、農鳥岳 手前は仙塩尾根)

ヤノネボンテンカ(矢の根梵天花 タカサゴフヨウ・高砂芙蓉)

2021-11-02 | 草 果実・種子
何処にでも咲く花ではないのだろうけれど意外なところで群れていたりもする。花壇に植えるものでもなさそうだけれど、雑草と言うには整った姿。(2021.08.05 北王子町)☆雑草扱いすると顰蹙を買うだろうか。それじゃぁ、植栽??まさかこれを植えたわけじゃないだろう。(2021.09.01 北王子町)☆二ヶ月経つのだけれど、まだまだ咲いている。さすがに、それでも果実が出来、種子が零れ始めている。▲ アオ . . . 本文を読む
コメント

ユウゼンギク シュッコンアスター → アメリカギク(ボルドーギク)

2021-11-02 | 秋 青色系
総称としてのクジャクアスターの一種 などと変なタイトルのページを先日作った。確かに、幾つもの名前でそれぞれのページが出来上がっているしこれがそれです…と言える確たる証拠?を持って居ないからいい加減なタイトルになってしまう事は、特に園芸種に限ったことでは無い。それでも特に園芸種と思っている種類には、園芸趣味を持たない人間にとっては厄介だ。アメリカギク キク科ボルトニア属 Bo . . . 本文を読む
コメント

ヤツデ(八つ手)

2021-11-02 | 木本 冬芽・葉痕
2021.11.01 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ムクゲ(槿、木槿、無窮花)

2021-11-02 | 【独り言】
今年の夏は何とも酷い季節だったから外出もままならず幾つかのページ整理に時間を費やしていた。ムクゲのページも過去に利用していたブログサービスの廃止以降こちらも酷い状態のままになっていたから整理した。たまにはそのような時間も必要だし、書き殴っていたページの整理・整頓も必要だと思った。ムクゲ(槿、木槿、無窮花)アオイ科フヨウ属 Hibiscus syriacusキハチス、漢名 木槿(モッキン)、朝鮮語名 . . . 本文を読む
コメント

ホソアオゲイトウ(細青鶏頭)

2021-11-02 | 緑色系
道端に伸びている。ホソアオゲイトウ(細青鶏頭)ヒユ科ヒユ属 Amaranthus patulusホナガイヌビユ(穂長犬莧)ヒユ科ヒユ属 Amaranthus viridis別名にアオビユ(青莧)がある様だけれど、アオゲイトウの別名にもアオビユがあり混乱する。(2021.11.01 新明町)------------------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

ヒマワリ??ルドベキア・何とか??

2021-11-02 | 秋 黄色系
ルドベキア・何とかではないと思っていたから、確認に立ち寄った。筒状花部分は全く膨らんでいない。同じ理由で、ヘリオプシス・何とかでもなさそうな終盤の花の様子。と、ここまでは良いのだけれどヒマワリにも幾つもの呼び名。小さいものには、コヒマワリ、ヒメヒマワリ…、それぞれに蘊蓄が傾けられていて花姿も変幻自在??最近はネット検索だけじゃなくて、携帯電話で画像を撮ると花の名前が即座に検索されて便 . . . 本文を読む
コメント

常緑ヤマボウシ(トキワヤマボウシ ホンコンエンシス)

2021-11-02 | 秋 樹木 果実・葉
2021.11.01 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ツルムラサキ(蔓紫)

2021-11-02 | 草 果実・種子
休耕地だったけれど、二世帯が農園として野菜を育てていらっしゃる。はやりの家庭菜園でも貸し農園でも無いのだけれど余り見ることの無い野菜の花を見ることが出来る。運送会社との境にあるフェンスにツルムラサキ。今年も結局何とか開花した花を…と思ったけれど遅かった。ツルムラサキ(蔓紫) ツルムラサキ科ツルムラサキ属 Basella alba(2021.11.01 林崎町)☆▲ 今年も撮れなかった . . . 本文を読む
コメント

キンモクセイ(金木犀)

2021-11-02 | 秋 橙色系
サザンカが咲き始めている。今頃になってやっとキンモクセイが匂ってきた。いつもの年とは違って、やっと匂ってきた。画像にはなりにくい花だけれど。キンモクセイ(金木犀) モクセイ科モクセイ属 Osmanthus fragrans var. aurantiacus(2021.11.01 林)☆▲ 蕾の頃 ▲-------------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

カンナ

2021-11-02 | 複数の色 混色系
余り見かけなくなってしまった、昔からの花。野辺で野放図に咲いていたのだけれど、咲いている場所の多くは家が建ち並び小綺麗な花が植えられるようになってしまった。大きなヒマワリ、野暮ったい色のグラジオラス、キンセンカ…。▲ 花弁状に見えるのは、おしべの変化したもの。幅広3枚、狭いのが2枚計5枚ある。細く狭い2枚は先端がカールしているように見える。長く尖って見えるのが花びらで、その基部に子房 . . . 本文を読む
コメント