HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

明石公園の秋薔薇2021

2021-10-07 | 複数の色 混色系
薔薇を熱心に?撮るのは止めにした。須磨で熱心に育てていらっしゃった山﨑さんが抜けて以降余り丁寧な栽培では無くなった気がする。明石公園では取り敢えずの画像は残しているのだけれど同じ品種を丹念に撮り続ける環境には無い。これが何々という名前の薔薇です…には興味も無い。気が向いたら咲いているものを撮る、暫くはその程度にしておこうと思う。▲ バラ390マチルダ ▲▲ バラ388アンジェラ ▼▲ . . . 本文を読む
コメント

ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸) 

2021-10-07 | 秋 白色系
2021.10.05 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ヒロハホウキギク(広葉箒菊)

2021-10-07 | 秋 白色系
公園の何処にでも見かけるようになった。(2021.09.26 明石公園)☆(2021.09.28 明石公園)☆(2021.10.05 明石公園)☆ヒロハホウキギク(広葉箒菊)キク科シムフィヨトリクム(←シオン)属Symphyotrichum subulatum var. sandwicensis(=Aster subulatus var. sandwicen . . . 本文を読む
コメント

ミゾソバ(溝蕎麦)

2021-10-07 | 秋 赤・桃色系
2021.10.05 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

イロハモミジ オオモミジ(大紅葉)

2021-10-07 | 秋 樹木 果実・葉
2021.10.05 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ユーフォルビア ダイヤモンド・スター

2021-10-07 | 秋 白色系
ダイアモンドフロストの八重咲き品種。涼しさを感じる??混み合って咲いている場面をよく見かけるから暑苦しい。(2021.07.13 上ノ丸)☆少しは凌ぎやすくなったか。それでも10月になったのに、まだ「残暑」が続いている。ユーフォルビア ダイヤモンド・スター トウダイグサ科ニシキソウ属 Chamaesyce hybrid(2021.10.05 明石公園)☆▲ ダイヤモンドフロスト ▲--- . . . 本文を読む
コメント

ヨモギ(蓬)

2021-10-07 | 草 果実・種子
そろそろ花粉症の双璧だったブタクサは終盤。片方のヨモギはまだまだ花粉を風に運ばせている。ヨモギ(蓬) キク科ヨモギ属 Artemisia indica var. maximowiczii(2021.10.05 明石公園)☆▼ 以下はヨモギに出来る虫コブ ▼ ▲ ヨモギクキマルズイフシ  ヨモギハエボシフシ ▲ ▲ ヨモギクキワタフシ  ヨモギハシロケタマフシ ▲不思議なのはこのヨモギに絡みついてい . . . 本文を読む
コメント

アメリカデイゴ(アメリカ梯梧)

2021-10-07 | 秋 橙色系
2021.10.05 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ガガイモ(蘿藦、蘿芋、鏡芋、芄蘭)

2021-10-07 | 秋 白色系
これはガガイモ、花数は多くても果実は意外な程少ない。キョウチクトウやテイカカズラなども同じだ。複雑な構造のめしべ・おしべの関係からだと思うしそれを花を丁寧に解剖して画像も多く残されている。確かに普通に見るめしべ・おしべとは全く違うから何となく果実が少ないのだ…といつもその程度の理解でお茶を濁す。ガガイモ(蘿藦、蘿芋、鏡芋、芄蘭)キョウチクトウ(←ガガイモ)科イケマ(&lar . . . 本文を読む
コメント

ガガイモ(蘿藦、蘿芋、鏡芋、芄蘭)

2021-10-07 | 秋 白色系
花の時期を外してしまった。地面一面に広がっているガガイモの蔓や葉はまだ緑だけれど花の咲いた形跡はない。辛うじてネズミモチの生け垣を這っているものだけに花が僅かに咲き残っている。▲ 花は下から順に咲き上がる。既に開花したものは色を失ってポロポロと零れ落ちる。▼▲ この位置からだと、蘂柱(めしべ・おしべが合体)の膨らみにピントを合わせたくなる。おしべの花粉塊が繋がっている焦げ茶の部分が見える。▼▲ め . . . 本文を読む
コメント (6)