HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

ゼフィランサス・シトリナ

2021-09-27 | 秋 黄色系
2021.09.26 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ススキ(芒、薄)

2021-09-27 | イネ・カヤツリグサ・シダ類など
ススキの穂が少しずつ伸びている。(2021.09.05 明石公園)☆(2021.09.13 玉津町)☆ススキ(芒、薄)イネ科ススキ属 Miscanthus sinensis萱(かや) 尾花(おばな)(2021.09.26 明石公園)☆▲ オギの穂 オギはススキより白い。 ▲--------------------------------------------------------------ス . . . 本文を読む
コメント

サルビア・レプタンス

2021-09-27 | 秋 青色系
二年前と同じ印象だ。このような咲き方しか出来ないのだろうか。サルビア・レプタンス シソ科アキギリ属 Salvia reptansCobalt sage(2021.09.26 明石公園)-------------------------------------------------------------サルビア・アズレア サルビア・ガラニティカ サルビア・シナロエンシス サルビア・ミク . . . 本文を読む
コメント

カラスノゴマ(烏の胡麻)

2021-09-27 | 草 果実・種子
2021.09.26 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

チョウセンガリヤス(朝鮮刈安)

2021-09-27 | 【独り言】
イネ科、カヤツリグサ科にはきれいな姿・形の花は咲かない。種を作って子孫を残すための仕組みの中で進化したものだろうから、目立つものは要らない。だから見た目だけの繕いを愛でるには不向きな植物だし、面白くもない。おもしろくもないのを画像として残してどうするの?と問われる。おもしろくもないのだろうけれど、面白いと思う人もいる。チョウセンガリヤス(朝鮮刈安)イネ科チョウセンガリヤス属 Cleistogene . . . 本文を読む
コメント

メリケンカルカヤ(米利堅刈萱)

2021-09-27 | イネ・カヤツリグサ・シダ類など
これは何だろう??と、暫く考えた。真っ直ぐに伸びている茎は何処か見覚えがある。見覚えがあるだけれど似た姿を撮ったことはない。それでも一本だけ見慣れた?綿毛。▲ 決め手はこれ。▲(2021.09.20 伊川谷)☆メリケンカルカヤ(米利堅刈萱) イネ科メリケンカルカヤ属 Andropogon virginicus(2021.09.26 明石公園)☆▲ 冬枯れ ▲-------------------- . . . 本文を読む
コメント

2021.09の記録-2 2021.09.18-09.30

2021-09-27 | 過去ログ
2021.09.19-09.30(09.26更新)【あ】     アイノコセンダングサ アイノコセンダングサ アオギリ アオツヅラフジ アカバナユウゲショウ アキノタムラソウ アキノノゲシ アキノノゲシ アゲラタム・ホーストニアナム アストランティア・マヨール アニソドンテア・カペンシス アフリカフウチョウソウ アメリカアサガオ・マルバアメリカアサガオ アメリカセンダングサ アメリカデイゴ アメリ . . . 本文を読む
コメント

キツネノマゴ(狐の孫)

2021-09-27 | 秋 紫色系
キツネノマゴを正面から見ると目立つのは目立つ蜜標のある下唇部。先端で二裂している上唇、上下2室のおしべの花糸は上唇の両側に張り付いている。以前は下側の葯にある距をめしべの花柱と取り違えていた。▲ 先端で二裂している上唇、上下2室のおしべの花糸は上唇の両側に張り付いている。▼(2021.09.21 西新町)☆キツネノマゴ(狐の孫) キツネノマゴ科キツネノマゴ属 Justicia procumbens . . . 本文を読む
コメント

オッタチカタバミ

2021-09-27 | 秋 黄色系
2021.09.26 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ヒトエスイフヨウ(一重酔芙蓉)

2021-09-27 | 秋 赤・桃色系
2021.09.26 画像追加 . . . 本文を読む
コメント