HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

ヘクソカズラ(屁糞蔓)

2021-09-25 | 秋 白色系
ヘクソカズラと書くのが嫌なら、書かなければ良いものを。せっかくつけられた名前を「名前がかわいそうだから」とか、「有名な方なのに、センスがない」とか、そんな個人的な理由で「改名しましょう運動」など笑止千万。もっと言えば臭いものに蓋をしている限り肝心の部分に目を背ける羽目に陥る。別に毛嫌いすることでもないし、ただ区別する為の名前だと思えば済む。確かに臭いことには変わりない。葉を千切って揉んだりしなけれ . . . 本文を読む
コメント

ハゼラン(爆蘭)

2021-09-25 | 秋 赤・桃色系
道端で見かけては撮っていた、筈だけれど今年は一度も撮っていない。(2021.09.18 林)☆朝のハゼラン。花は勿論咲いていない。蕾、昨日咲いた後、果実、種子を零した果実殻。この場所に三時過ぎに足を運べばまだ花は撮る事が出来る。(2021.09.20 南王子町)☆(2021.09.21 林)☆ハゼラン(爆蘭) ハゼラン(←スベリヒユ)科タリヌム属 Talinum panicul . . . 本文を読む
コメント

ヒナギキョウ(雛桔梗)

2021-09-25 | 秋 紫色系
2021.09.25 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ヒマラヤスギ(ヒマラヤ杉)

2021-09-25 | 冬 樹木 果実・葉
2021.09.25 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

イタドリ(虎杖、痛取)

2021-09-25 | 秋 白色系
2021.09.25 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

シュウメイギク(秋明菊)

2021-09-25 | 複数の色 混色系
名前に惹かれる、その程度のことで間延びした茎は数本に枝分かれ、その先でまた枝分かれして花を付ける。どことなくブタナを彷彿とさせる咲き方は優雅な名前には似つかわしくない。▲ 花弁は無い。無数のおしべが真ん中のめしべを取り囲む見慣れた図。何故か萼片の仲間入りしそうな一本のおしべが見える。▼(2021.07.13 上ノ丸)☆シュウメイギク(秋明菊) キンポウゲ科アネモネ属Anemone hupehens . . . 本文を読む
コメント (2)

サルビア・ヤメンシス

2021-09-25 | 複数の色 混色系
同じ場所で同じ花を五月に撮った。夏を越してまた、同じ場所で同じ花を撮っている。六十年以上も昔、毎日通っていた場所だ。サルビア・ヤメンシス シソ科アキギリ(サルビア)属 Salvia x jamensisミクロフィラ種(S.microphylla)とグレッギー種(S. greggii)との種間交雑種(2021.09.23 南王子町)---------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

ニワウルシ(庭漆・シンジュ/神樹)

2021-09-25 | 秋 樹木 果実・葉
所用で衣川中学校に走った。体育館ではバレーボールの練習、校舎に囲まれた中庭ではテニス、南のグランドではトスバッティング練習。そこで三年を過ごしたのは1959年から1961年のことになる。西側の通用門を入ると体育館だけれど、かつては敷地の西北方。緩やかなスロープは昔の地形のままでそこには南北に便所があったし不良少年たち?の喫煙場所でもあった。校舎は今は鉄筋4階建て、かつては木造2階建て。西側通用門か . . . 本文を読む
コメント

アオギリ(青桐、梧桐)

2021-09-25 | 秋 樹木 果実・葉
夏に緑だった果実。幾つかは既に果実から緑色の種子も覗いていた。秋になって葉はまだ緑を残しているけれど果実も茶変、中に収まっている種子も少しだけ萎び始めて茶色くなった。暫くすれば、五つに分果した果実の片割れに付いた種子ごと落下する。▲ 真夏には大きな緑の葉、緑の果実だったものが秋にはここまで色変わり。▼▲ 緑だった果実も茶変、緑だった種子も萎びて皺だらけになる。▼▲ 果実は5分果、その一つ一つの果実 . . . 本文を読む
コメント