HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

ネナシカズラ(根無葛)

2021-09-21 | 草 果実・種子
2021.09.20 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

チョウマメ(蝶豆 バタフライ・ピー)

2021-09-21 | 秋 青色系
『朝顔の種や、播いといたら…』と幼馴染み。莢に入っていたからちと違う、と思ったけどこれも貰ってきた大葉の横に播いた。今朝咲いた花は一度撮った記憶がある。鮮やかな色が印象に残っていた。(2021.07.30 林)☆▲一一昨日咲いていた花。▲(2021.08.01 林)☆一緒に植えている紫蘇は葉が硬くなってきたので茎だけを残して切った。とたんに横に一本出ていたチョウマメが元気になって蔓を . . . 本文を読む
コメント (2)

ダンドボロギク(段戸襤褸菊)

2021-09-21 | 夏 白色系
2021.09.20 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ベニバナボロギク(紅花襤褸菊)

2021-09-21 | 秋 橙色系
日当たりが良くなったからだろう。余り見ることのなかった雑草類が広がりはじめている。ベニバナボロギク(紅花襤褸菊)キク科ベニバナボロギク属 Crassocephalum crepidioides(2021.09.20 明石公園)☆ ▲ ここではボロギクは見ないけれど、ダンドボロギクも一緒に咲いている。 ▲------------------------------------------------ . . . 本文を読む
コメント

コセンダングサ アイノコセンダングサ

2021-09-21 | 秋 白色系
イヌキクイモなのかキクイモなのか判別しないままな撮っている。その伊川に沿った道路に葛の蔓がはみ出しアイノコセンダングサも同じようにはみ出している。通行量は殆どないからクレームも上がることはないのだろう。かなりくたびれたアゲハが行ったり来たりしている。アイノコセンダングサ キク科センダングサ属 Bidens pilosa var. intermedia(2021.09.20 伊川)☆▲ コセンダング . . . 本文を読む
コメント

クズ(葛)

2021-09-21 | 秋 紫色系
山陽電車西新町駅周辺は国道2号線の跨線橋を地上化し反対に山陽電車を明石川以西も高架化することで激変した。その高架下に、クズが蔓延っていたのは去年。すっかり取り除かれたけれど根は残っていたのだろう。春のクズの芽吹を撮るのは初めてのことだ。ここでは蔓を伸ばして覆い被さることが出来る樹はまだ育っていないから今年もたぶん地面をのたうち回る?しかない。結局は花は咲かずに刈り取られた。(2021.04.27  . . . 本文を読む
コメント

コツブキンエノコロ(小粒金狗尾)

2021-09-21 | イネ・カヤツリグサ・シダ類など
汚れた雰囲気が漂っている。確かに最近見かけるのはこの種が多くなってきた。休耕田や空き地の雑草畑と化した場所では猛烈な勢いでエノコログサなどは影に隠れてしまっている。(2021.09.19 松江)☆休耕田のもの程はグロテスクでは亡いけれど河川敷のキンエノコロもかなりの大きさ。☆▲ 望海浜のキンエノコロ ▼コツブキンエノコロ(小粒金狗尾)イネ科エノコログサ属 Setaria pallide-fusca . . . 本文を読む
コメント

キツネノマゴ(狐の孫)

2021-09-21 | 秋 紫色系
2021.09.26 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

オキザリス・ボーウィー(・ボーウィ 花酢漿草)

2021-09-21 | 秋 赤・桃色系
2021.09.20 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

オオイヌタデ(大犬蓼) 

2021-09-21 | 秋 赤・桃色系
大きなイヌタデ。河原に広がる。種子が流されて土砂だまりに根付いて猛烈な勢いで広がっている。オオイヌタデ(大犬蓼) タデ科イヌタデ属 Persicaria lapathifolia(2021.09.20 明石公園・伊川)☆▲ 枯れ姿 ▲--------------------------------------------------------------オオイヌタデ イヌタデ ボントク . . . 本文を読む
コメント