HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

キンエノコロ(金狗尾)

2021-09-04 | イネ・カヤツリグサ・シダ類など
今年も望海浜のキンエノコロは広がりはじめている。雨が降り続いて草むらの草丈は伸び続けているけれど同じようにキンエノコロも伸びた。キンエノコロ(金狗尾)イネ科エノコログサ属 Setaria glauca(= Setaria pumila)コツブキンエノコロ(小粒金狗尾) Setaria pallide-fusca 紫色を帯びた汚褐色の刺毛(2021.09.04 船上)---------------- . . . 本文を読む
コメント

キンエノコロ(金狗尾)

2021-09-04 | イネ・カヤツリグサ・シダ類など
2021.09.04 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ヤナギバルイラソウ(柳葉るいら草 ムラサキイセハナビ) 

2021-09-04 | 秋 紫色系
ヤノネボンテンカ同様に、これを雑草と呼ぶと顰蹙を買う。庭の花として植えるだろうか。確かに鉢植えを見ることもあるし、花壇に咲いている事もある。時にはルエリア・ツベローサが咲いているのだけれどヤナギバルイラソウと呼ばれていたりもする。花はそっくり同じ、葉の幅が違うだけのことだ。(2021.09.01  林崎町)☆ヤナギバルイラソウ(柳葉るいら草 ムラサキイセハナビ)  キツネノマゴ科ルエリア . . . 本文を読む
コメント

キンミズヒキ(金水引)

2021-09-04 | 夏 黄色系
今年もキンミズヒキとマキエハギが一緒に咲き始めた。(2021.07.16 林崎町)☆(2021.08.10 林崎町)☆一緒に咲き始めたマキエハギは終わった。キンミズヒキ(金水引)バラ科キンミズヒキ属 Agrimonia pilosa福本さんに教わったヒメキンミズヒキは、探せば森林にも自生しているそうだが残念ながら今年は出掛けていない。(2021.09.04 林崎町)☆▲ キンミズヒキの果実 ▲-- . . . 本文を読む
コメント

タイヌビエ(田犬稗)

2021-09-04 | イネ・カヤツリグサ・シダ類など
2021.09.04 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

マルバヤハズソウ(丸葉矢筈草)ハイメドハギ(這蓍萩、這目処萩)

2021-09-04 | 草 果実・種子
▼ 以下は同じ場所に広がるマルバヤハズソウの葉、花はまだ咲いていない。▼▲ マルバヤハズソウの茎は、ヤハズソウとは違って茶色がよく見える。毛は上向きで疎らだからだろう。ヤハズソウは上向きの毛が密集している。▲(2021.09.01 明石西公園)☆▲ 下に広がっているのはハイメドハギの葉 ▲マルバヤハズソウ(丸葉矢筈草)マメ科ヤハズソウ(ハギ)属 Kummerowia stipulacea(=Les . . . 本文を読む
コメント

コミカンソウ(小蜜柑草)

2021-09-04 | 草 果実・種子
花壇には無用な草、引き抜きやすいけれど素手では止した方が良い。ニシキソウ類も同じだ。折れた茎から白い乳液が出て、被れる心配もある。ここではかなり引き抜かれている。雑草だから…だそうだけれど、誰もこの草を軽々しく野草などとは呼ばない。完熟蜜柑にはもう少し時間がかかりそだ。▲ ひ弱な印象のオンブバッタだけれど、薬剤には滅法強くしぶとく生き残る。それ以上に、雑草除去の為の薬剤は何度か撒かな . . . 本文を読む
コメント

ヤブカンゾウ(藪萓草)

2021-09-04 | 夏 橙色系
2021.06.23 画像追加 . . . 本文を読む
コメント (2)