HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

オキジムシロ(雄雉筵)

2021-09-03 | 夏 黄色系
2021.09.01 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ワレモコウ(吾亦紅 吾木香)

2021-09-03 | 夏 赤・桃色系
ワレモコウの花穂が色付いて花が咲き始めている…と思ったのだけれど今年は殆ど咲き終わってしまっているように見える。幾つかはまだ蕾状態だから今から咲くのだろう。花は上から順に咲いて行くから、下には蕾が控えている。咲き終わるとみんな赤紫、見慣れたワレモコウは赤紫。▲ 蕾、今から上が順に咲き下って行く。下は咲き始めたばかりの花序。▼▲ ほぼ咲き終わりの吾亦紅 ▼(2021.08.18 大道町 . . . 本文を読む
コメント

エノキ(榎)

2021-09-03 | 夏 樹木 果実・葉
もう間違える事はないだろう…と思いながらそれでも時折間違えている。エノキとムクノキ。果実が出来ている。エノキの実は緑、赤、黄色が入り混じってカラフル。ムクノキの実はエノキより少し大きくて緑、黒、褐色で地味。エノキ(榎) アサ(←ニレ)科エノキ属 Celtis sinensis var. japonicaAPG植物分類体系ではアサ科に移されている。(2021.09.01 明石 . . . 本文を読む
コメント

ヒャクニチソウ(百日草)

2021-09-03 | 複数の色 混色系
大柄の花だし、色合いが目立ちすぎる。ここまで派手だっただろうかと訝る程に花色は豊富になった。大昔の話だけれど夏休みがあった頃のこと早朝のラジオ体操の後には、社会奉仕活動?とやらで、学校花壇の水遣りが児童に課せられていた。朝顔、グラジオラス、カンナ、ニチニチソウ、ヒャクニチソウ…。かなりいい加減な水遣り当番をしていたからたびたび職員室の前に立たされていた。夏の花を見ると、だから職員室の . . . 本文を読む
コメント