HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

ヤブジラミ(藪虱)

2021-07-25 | 草 果実・種子
零れた種子からの芽生え??咲いていた白い花は殆ど無くなって果実。その果実が二つに割れて種子がばら撒かれた。草むらにはまだコモチナデシコが咲いている。(2021.07.10 新明町)☆白い花はもう無い。果実がそろそろ二つに割れ始めている。▲ 二つに割れて種子もこぼれ落ちると、後には奇妙な姿が残される。▼ヤブジラミ(藪虱)セリ科ヤブジラミ属 Torilis japonica(2021.07.23 新明 . . . 本文を読む
コメント

タムノコルツス・インシグニス

2021-07-25 | イネ・カヤツリグサ・シダ類など
2021.07.23 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ルドベキア・サブトメントーサ

2021-07-25 | 夏 黄色系
2021.07.23 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

公園のチョウトンボ -5

2021-07-25 | 番外編 昆虫・鳥など
楽しみにしているのですよ…と、暑い最中の藤見池。暫く、チョウトンボの乱舞を楽しまれた。確かに暑い。それでも出て来た甲斐がありましたよ…と、笑顔だった。(2021.07.23 明石公園)-------------------------------------------------------------公園のチョウトンボ2021-1 -2 -3 -4 -5 -6 公園 . . . 本文を読む
コメント

林の麝香揚羽

2021-07-25 | 番外編 昆虫・鳥など
今年はメダカの成長した親が次々卵を産みそれを親から離して孵化させたものだからかなり大変なことになっている。お陰で??明石川右岸のウマノスズクサが二度目の草刈りですっかり無くなってしまった。それでも避難していた幼虫が脱皮を繰り返し、蛹になって羽化している。植物以上に昆虫は好き嫌いがハッキリしているものだし記録どころではない日々だけれど短い命、画像に残しておく。最初の羽化が23日、今日で三日目だけれど . . . 本文を読む
コメント

キンギョソウ(金魚草)

2021-07-25 | 草 果実・種子
花は一つしか残っていなかった。全部が「髑髏」になるまでにはもう少し時間が要る。(2021.07.20 貴崎町)☆キンギョソウ(金魚草)オオバコ(←ゴマノハグサ)科キンギョソウ属 Antirrhinum majus(2021.07.24 林)☆▲ 最初に撮った「骸骨」 ▲------------------------------------------------------------ . . . 本文を読む
コメント

ユウゲショウ(夕化粧)

2021-07-25 | 夏 赤・桃色系
2021.07.25  . . . 本文を読む
コメント

ヤブガラシ(藪枯らし) 

2021-07-25 | 草 果実・種子
色とりどりの花が咲いていますねぇ…。何が??と思うのだけれど。▲ 蕾は黄緑、花弁とおしべが揃っている頃の花盤は橙色、落ちると橙色が薄くなり薄桃色になる。これを以て、色とりどり?? ▼▲ 花弁、おしべは早く落ちる、午後には落ちてしまい花盤も橙色が薄くなる。▲▲ 果実は見えず、花盤も落ちて茶色くなる。これだけ花が咲いたのに…と思うほどに。▼▲ 短い花柄や花序枝に半透明の真珠 . . . 本文を読む
コメント (2)