HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

ミゾカクシ(溝隠)

2021-06-23 | 夏 白色系
2021.06.21 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

メリケンガヤツリ(米利堅蚊帳吊)

2021-06-23 | イネ・カヤツリグサ・シダ類など
2021.06.21 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ヤブジラミ(藪虱)

2021-06-23 | 夏 白色系
セリの花。道ばたに普通。もう果実が出来はじめている。 ヤブジラミ(藪虱)セリ科ヤブジラミ属 Torilis japonica(2021.06.21 林崎町)-------------------------------------------------------------ヤブジラミ ヤブジラミの葉 ヤブジラミの果実 オヤブジラミ オヤブジラミの果実 ヤブニンジン セントウソウ(仙洞草) . . . 本文を読む
コメント

オオトキワツユクサ(大常盤露草)

2021-06-23 | 夏 白色系
公園で育っているのはやはりノハカタカラクサ(トキワツユクサ)とミドリハカタカラクサ。確実にそうだとは言い切れないけれど葉はオオトキワツユクサとも思えない。ここでは、これがオオトキワツユクサの葉だ、そう思える程の大きな葉が見える。▲ 花は取り立てて大きい…と言うほどのことは無い。▼▲ 蕾の頃。緑色の花柄にも長毛が目立つ。▼▲ オオトキワツユクサは不稔。▼▲ トキワツユクサ、ミドリハカタ . . . 本文を読む
コメント

ヤマハギ(山萩)園芸種・江戸絞り

2021-06-23 | 夏 白色系
春にチョウセンキハギが咲いていた。こちらは少し早く咲きはじめたヤマハギ、園芸種・江戸絞り。いつもは同じ頃に咲き始めるマキエハギはまだ咲かない。ヤマハギ(山萩) マメ科ハギ属 Lespedeza bicolor var. japonica(=Lespedeza bicolor f. acutifolia)(2021.06.21 林崎町)☆▲ 同じ頃に咲くマキエハギ ▲☆【代表的な萩の特徴について 葉 . . . 本文を読む
コメント

ワルナスビ(悪茄子)

2021-06-23 | 夏 白色系
結局は根が残されていたと言うことになる。草刈りは定期的に行われているから直後、見た目はスッキリとした姿になる。このワルナスビが出てくる場所は毎年同じ。▲ 茎には疎らだけれど鋭い刺、葉裏にも主脈に沿って鋭い刺。▼▲ 葉裏だけでは無く、葉表にも点々と棘。▼ワルナスビ(悪茄子) ナス科ナス属 Solanum carolinense(2021.06.21 玉津町)☆ ▲ ワルナスビの葉を食べているニジュウ . . . 本文を読む
コメント

アステリスクス・マリティムム

2021-06-23 | 夏 黄色系
この種の小型の菊を見るとクリサンセマム何とかが思い浮かぶ。ノースポールは白、ムルチコーレは黄色。どちらも今では学名部分は古くなっている。それとは違うから調べる羽目に?なる。アステリスクス・マリティムム ゴールドコイン キク科アステリスクス属 Asteriscus maritimum(2021.06.20 明石公園)☆クリサンセマム・ムルチコーレ Coleostephus myconis(=Chry . . . 本文を読む
コメント (2)

オウゴンヒバ(黄金檜葉)

2021-06-23 | 夏 樹木 果実・葉
区別は付くのだろうけれど幾つものヒノキ類が育つ。それぞれに名札があったり無かったり。オウゴンヒバ(黄金檜葉) ヒノキ科ヒノキ属 Chamaecyparis obtusa f. aureaヒノキの変種のクジャクヒバの黄金品種がオウゴンクジャクヒバChamaecyparis obtusa 'Filicoides-aurea' (2021.06.20 明石公園)☆【再掲】 以下、ネッ . . . 本文を読む
コメント

ミドリハカタカラクサ(緑博多唐草)

2021-06-23 | 夏 白色系
明石公園にはトキワツユクサがかなりの勢いで広がった。特に剛の池南畔近くの茂みは殆ど日当たりも無く年中湿気ている。その辺りに群れていたけれど何度かの草刈りで消えた。ところが緑の相談所の建物を挟んで南側、図書館への坂道に広がり始めていた。今年はもうその辺りにはツユクサを凌ぐ勢いで広がっている。その近くに少し雰囲気の違うトキワツユクサ。花茎や茎は緑だから生育不良のオオトキワツユクサとも感じるのだけれど花 . . . 本文を読む
コメント (4)

オオムラサキツユクサ(大紫露草)

2021-06-23 | 夏 紫色系
2021.06.22 画像追加 . . . 本文を読む
コメント