HAYASHI-NO-KO

常念岳頂上からの穗高

スミレ アリアケスミレ(有明菫)

2021-04-19 | 春 白色系
県道718号線と国道2号線の短絡ルートが山陽電車西新町・林崎松江海岸駅間の高架化で生まれた。大昔は片側1車線、舗装されていない里道程度だったし片側は粗末な家がまばらに建つ程度の田園地帯片側は工場の塀が南北に延びているだけのどことなく暗いイメージしか無かった場所。そこに広い南北の道路、片側の田園は殆ど無くなりマンションが建ち片側の広大な工場跡地にはスーパーなどが入って広々と明るくなった。昔は昔、なの . . . 本文を読む
コメント

スミレ タチツボスミレ(立坪菫)ニオイタチツボスミレ(匂立坪菫)

2021-04-19 | 春 紫色系
2021.04.12 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ツツジ ヤマツツジ(山躑躅)

2021-04-19 | 春 赤・桃色系
コバノミツバツツジは見かけなかった。代わりにヤマツツジがそこここに咲いていた。ヤマツツジ(山躑躅) ツツジ科ツツジ属 Rhododendron kaempferi(2021.04.12 神出・雌岡山)--------------------------------------------------------------ツツジ ヤマツツジ(山躑躅) 五年前 . . . 本文を読む
コメント

ツツジ コバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅)モチツツジ(黐躑躅)

2021-04-19 | 春 赤・桃色系
一週間前の事になる。その二週間前に、しっかりと高御位山の百間岩を登り切った女房どのの健脚に感心して似たような一枚岩を持つ、小野の紅山を歩いた。その記録は既に書いたのだけれど、二日経っても筋肉痛…などと言う女房どのに荒治療だけれど軽く山道歩けば治ると、三木山。似たような植生を期待した通りだった。その二日後に筋肉痛は何とか治まった様だ。コバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅) ツツジ科ツツジ . . . 本文を読む
コメント

トゲミノキツネノボタン(刺実の狐の牡丹)

2021-04-19 | 春 黄色系
2021.04.12 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

コムギ モエギスゲ コメガヤ

2021-04-19 | イネ・カヤツリグサ・シダ類など
雄岡山の北麓の麦畑。コムギ(小麦)イネ科コムギ属 Triticum aestivumt(パン小麦)オオムギ(大麦)イネ科オオムギ属 Hordeum vulgare大麦、小麦をひっくるめて「麦」と呼ぶのは日本だけで、欧米では種別にされる。☆モエギスゲ(萌黄菅) カヤツリグサ科スゲ属 Carex tristachya ☆コメガヤ(米茅) イネ科コメガヤ属 Melica nutans(2020 . . . 本文を読む
コメント

フウ(楓・タイワンフウ)

2021-04-19 | 木本 冬芽・葉痕
2021.04.12 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

オランダフウロ

2021-04-19 | 春 赤・桃色系
ここで見るとは思っても見なかった。確か山仲間と5年前に淡路の諭鶴羽山に行った折タマネギ畑の脇で見つけて以来だ。オランダフウロ フウロソウ科オランダフウロ属 Erodium cicutarium(2021.04.12 神出)☆▲ 最初に撮った日の画像に写り込んでいた種子画像 ▲-------------------------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

雄岡山・雌岡山

2021-04-19 | 番外編 風景など
もう50年以上も昔、中学・高校時代の「旅」は自転車だった。櫨谷川沿いの凸凹道を遡って如意寺に出掛けたり、山越えで太山寺に出掛けて葉っぱの化石拾いをしたりそれにも飽き足らずに、三木城を目指したり、小野の浄土寺に向かったり。バス代など勿体なくて?、遠出は専ら人力だった。その頃、水晶が掘れる…と、三木や小野よりも近かったから、何度も神出(かんで)に走った。明石市内で一番標高の高い場所は10 . . . 本文を読む
コメント