HAYASHI-NO-KO

常念岳頂上からの穗高

アメリカフウロ(亜米利加風露)

2021-04-13 | 春 赤・桃色系
綺麗な雑草…なのだそうだ。汚い花壇の花もあるのと同じで、どう見えるかはそれぞれの感性。雑草は汚い…と言うのも、もしかして感性が鈍いのかも知れない。▲ 花弁は早落、受粉しためしべを守るように萼が再度閉じる。めしべの柱頭部分が覗いている。▼▲ アメリカフウロは5数性、葉は5深裂、萼片、花弁共に5、おしべ10本、めしべの柱頭は5裂、果実も5分果。▲▲ 閉じきる前の萼片から柱頭 . . . 本文を読む
コメント (4)

ユキヤナギ(雪柳)

2021-04-13 | 春 樹木 果実・葉
花はすっかり終わって葉が広がっている。果実も葉の間に点々と増え始めている。そんな頃にも咲き遅れた花。奇妙な姿の花が幾つも残っている。(2021.04.06 明石公園)☆ユキヤナギ(雪柳) バラ科シモツケ属 Spiraea thunbergii(2021.04.07 明石公園)☆ ▲ 赤花種  果実の頃 ▲----------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

ユキヤナギ(雪柳)

2021-04-13 | 春 樹木 果実・葉
2021.04.07 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ユーフォルビア・カラキアス ブラック・パール

2021-04-13 | 緑色系
増えすぎている。石を積み上げて花壇風に設えている場所。その石組みの下にも零れた種子からの芽ばえが広がっている。キクモモを撮っていた人たちも風変わりなこの花を撮り始める。色々な名札がそのままになっているから咲いていないものは抜いておかないと間違える。この花にあった名札は無くなっている。ユーフォルビア・カラキアス ブラック・パール トウダイグサ科ユーフォルビア属 Euphorbia characias . . . 本文を読む
コメント

ヤブニッケイ(藪肉桂)

2021-04-13 | 春 樹木 果実・葉
当面、西公園には立ち入れないのだが毎年、煤汚れたヤブニッケイを見ていた。お陰で、この場所のヤブニッケイも、葉が虫コブだらけだったからすぐに分かった。▲ ニッケイハミャクイボフシ(ニッケイトガリキジラミによる虫コブ)▼ヤブニッケイ(藪肉桂)クスノキ科クスノキ属 Cinnamomum tenuifolium( = C. japonicum、C. insularimontanum、C. peduncul . . . 本文を読む
コメント

モチノキ(黐の木)

2021-04-13 | 春 樹木 果実・葉
2021.04.06 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ミノボロモドキ(蓑襤褸擬き)

2021-04-13 | イネ・カヤツリグサ・シダ類など
ただの草。(2021.04.01  硯町)☆ミノボロモドキ(蓑襤褸擬き) イネ科ミノボロモドキ属 Rostraria cristataアオセトガヤの別名(2021.04.06 西新町)-----------------------------------------------------------ミノボロモドキ ミノボロモドキ(蓑襤褸擬き)  ミノボロモドキ(蓑襤褸擬き)  . . . 本文を読む
コメント

マツバウンラン(松葉海蘭)

2021-04-13 | 春 紫色系
この芽ばえだけは育ったマツバウンランを見慣れていても分からない。▲ ナガミヒナゲシと共存 ▼(2020.12.29 鷹匠町)☆(2021.01.08 鷹匠町)☆花が咲いている。周りにはいずれ花を咲かせる何本もの花茎が立っている。(2021.03.31 硯町)☆ここでも同じだ。一つ二つ程度の花しか咲いていない。(2021.04.01 林)☆(2021.04.05 林)☆マツバウンラン(松葉海蘭) オ . . . 本文を読む
コメント

ベニバナトキワマンサク(紅花常盤満作)

2021-04-13 | 春 赤・桃色系
花は明るい赤紫だけれど新しく出始めた葉の赤紫が渋い色合いだ。(2021.04.06 明石公園)☆ベニバナトキワマンサク(紅花常盤満作)マンサク科トキワマンサク属 Loropetalum chinense var. rubra(2021.04.07 明石公園)☆▲ 蕾 ▲--------------------------------------------------------------ベニバ . . . 本文を読む
コメント

ベニバナトキワマンサク(紅花常盤満作)

2021-04-13 | 春 赤・桃色系
2021.04.06 画像追加 . . . 本文を読む
コメント