HAYASHI-NO-KO

八ヶ岳・権現岳 

ウメ(梅) 明石公園-5

2021-03-02 | 冬 赤・桃色系
明石公園内にある梅のうち、一本だけ離れている枝垂れ。桃色・八重、たぶん呉服枝垂れ。ちょうど藤見池側から撮ると隅櫓が入る。今年は撮っていない。▲ もう少しカメラをさげると巽櫓が入る。▼ウメ(梅)バラ科サクラ属 Prunus mume  (2021.02.25 明石公園)------------------------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

アテツマンサク(阿哲満作) 新見-2

2021-03-02 | 冬 黄色系
突然思いついて美作のセツブンソウ。一週間の後に今度は少し西に走って新見。今は一日数本の列車が走るのみの姫新線。大昔には「みささ・みまさか」の名前を付けた準急行列車も運行されていた路線。行き先の、上井、月田など懐かしい地名が幾つも残っている。新見は伯備線・芸備線との接続駅だし交通の要衝だったから鉄ちゃんには懐かしい場所。アテツマンサクの咲く場所に足を運ぶのは初めてだった。▲ 上は、少し黄色の濃い種類 . . . 本文を読む
コメント

アテツマンサク(阿哲満作) 新見-1

2021-03-02 | 冬 黄色系
最初にこの花を撮った折の記述と画像。日付は2006.02.21 だから15年も昔の画像になる。アテツマンサク 阿哲は最初に発見された自生地・岡山県新見近在の地名。Hamamelis japonica Sieb. et Zucc. var. bitchuensis(Makino) Ohwi変種名(var.)として記述されている bitchuensis は、新見が含まれる旧国名・備中の、の意 . . . 本文を読む
コメント (2)

セリバオウレン(芹葉黄連)新見-1

2021-03-02 | 【独り言】
これを雑草と呼ぶと叱られるだろう。セツブンソウも同じだろう。そこそこに知識のある方たちからすれば「山野草」と呼ばないといけないそうだ。いつも思うのは、自分の近くに咲いていないものはそう呼ぶけれど足元に広がるものは雑草、少し花が見栄えが良いとかきれいだと野草。そのあたりの区別と言うか差別がどうも鼻につく。青垣の足立さんは、小さな頃は邪魔やさかいに、踏みつけて歩いてたけど町から来る人たちに、そんな勿体 . . . 本文を読む
コメント