HAYASHI-NO-KO

唐松岳からの五竜岳

ネコヤナギ(猫柳)

2021-01-18 | 木本 冬芽・葉痕
毎年、長谷池の畔で撮る花を楽しみにしている。ここには雄花、残念ながら長い間、雌花は見ていない。そろそろ葉も枯れ始めて、肥大した葉柄の下に冬芽(花芽)が見え始める。見方によってはこの形は「葉柄内芽」とでも言えそうだ。その花芽の上に小さな葉痕と葉芽。▲ 肥大した葉柄の下から花芽。残っている葉が落ちると葉痕が現れる。▼▲ 葉芽と下に葉痕、花芽の下の葉痕と比べると小さい。▼▲ 小さな葉芽、その下に小さな葉 . . . 本文を読む
コメント

ハギ キハギ(木萩)オクシモハギ(置霜萩)

2021-01-18 | 冬 樹木 果実・葉
余り花を撮る機会はない。残っていた果実殻を撮っている。キハギ(木萩) マメ科ハギ属 Lespedeza buergeri☆オクシモハギ(置霜萩)マメ科ハギ属 Lespedeza davidii (2020.01.17 森林植物園)☆ ▲ 花の頃 左がキハギ、右がオクシモハギ ▲-------------------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

ナギイカダ(梛筏)

2021-01-18 | 冬 樹木 果実・葉
数年前には枯死寸前だったこの場所のナギイカダ。少しずつ元に戻りつつある。去年春にはしっかりと花をつけた。この場所にやってくると必ず寄り道する女房殿は今日もしっかりとヒョウタンボクのように二つ繋がった果実を見つけていた。ナギイカダ(梛筏) クサスギカズラ(←ユリ)科ルスクス属 Ruscus aculeatusAPGⅡ準拠の分類体系ではクサカギカズラ科として独立している。同属のRuscus . . . 本文を読む
コメント

ツクバネ(衝羽根)

2021-01-18 | 冬 樹木 果実・葉
寒い日が続いていたからもしかして「シモバシラ」が見られるかも知れない…と、車を出して貰った。残念ながら10時を過ぎていたから見られなかった。開園は九時、今日見られたのかどうかは知らないけれど寒かった。目的は他に無かったけれど、そのまま引き返すのも勿体ない?のでツツジの冬芽を撮りに歩いた。ツツジの植栽が幾つか並ぶ場所には「ツクバネ」、三年前にこの場所で撮った記憶があった。雌雄異株の半寄 . . . 本文を読む
コメント

ベニドウダン(紅灯台 紅満天星)

2021-01-18 | 木本 冬芽・葉痕
ツツジが何種類か植栽されている場所。ドウダンツツジ類は花の大きな躑躅とは違って釣鐘状に咲く小さな花の一群。ドウダンツツジとは違ってベニドウダンは果実のぶら下がりも少し変わっている。ベニドウダン(紅灯台 紅満天星) ツツジ科ドウダンツツジ属Enkianthus cernuus f. rubens(=Tritomodon cernuus var. rubens) サラサドウダン E . . . 本文を読む
コメント

ツツジ アカヤシオ(赤八汐)

2021-01-18 | 木本 冬芽・葉痕
シモバシラは見ることが出来なかったのでそのままツツジの冬芽を撮りに歩いた。最初にハヤトミツバツツジ、トサノミツバツツジ、それからアカヤシオ。アカヤシオは、アカギツツジ(赤城躑躅)の別名を持ちシロヤシオは、ゴヨウツツジ(五葉躑躅)と呼ばれるけれどこのアカヤシオも葉は五枚ある。ベニドウダンツツジにはまだ干からびた果実殻をぶら下かっていたけれどしっかり冬芽が上がっていた。アカヤシオ(赤八汐)  . . . 本文を読む
コメント

タコノアシ(蛸の足)

2021-01-18 | 草 果実・種子
長谷池にタコノアシ。一度見かけたことはある。石楠花山を下りて、長谷池周辺のモミジを眺めた。西側の木道近くに何株が増えている。次の春が楽しみだ。(2020.11.12 森林植物園)☆茹で蛸から枯れて萎びた足になっている。タコノアシ(蛸の足) ユキノシタ科タコノアシ属 Penthorum chinense一度、ベンケイソウ科に分類され、タコノアシ科として独立させる考えが広がったけれどAPG体系ではユキ . . . 本文を読む
コメント

コクサギ(小臭木)

2021-01-18 | 木本 冬芽・葉痕
雌雄異株、雌株の冬芽の方が小さい。まだ少し早かったかも知れない。雌株の方には幾つか果実殻が残っている。長谷池方に下ってゆくと、遊歩道の右手に並んでいる。▲ コクサギ型葉序 「右・左・右・左」ではなく「右・左・左・右」の順に葉が並ぶ変則的な互生。▼コクサギ(小臭木) ミカン科コクサギ属 Orixa japonica(2021.01.17  森林植物園)☆【再掲画像】 ▲ コクサギは雌雄別株、左が雌株 . . . 本文を読む
コメント

オニグルミ(鬼胡桃)

2021-01-18 | 木本 冬芽・葉痕
同じ樹の同じ冬芽・葉痕を何度撮ったことだろう。足をそこに運ぶ度に撮っている。オニグルミ(鬼胡桃) クルミ科クルミ属 Juglans mandshurica ssp. sieboldiana(2021.01.17  森林植物園)☆▲ 雄花序 ▲ -------------------------------------------------------------去年の冬 去年の秋 オニグルミ 独 . . . 本文を読む
コメント