HAYASHI-NO-KO

皆生海岸からの大山

キク(菊)

2020-11-22 | 秋 白色系
2020.11.18 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

アメリカザイフリボク(亜米利加采振木)

2020-11-22 | 秋 樹木 果実・葉
花の名前に「ジューンベリー」、果実の名前だけれど花の名前。誰もアメリカザイフリボクなどとは呼ばないそうだ。野暮ったい名前だから嫌われる…のでは無くて、呼びにくいからだそうだ。トキワサンザシは似た花が多すぎるからとてピラカンサと呼ばれている。次々と、アレモコレモの名付けが増えてくるとどうでもいいやとなりそうで怖い。▲ 色付いた葉だけ見ていると分からなかったけれど、この冬芽が決め手になる . . . 本文を読む
コメント

クロガネモチ(黒鉄黐)

2020-11-22 | 秋 樹木 果実・葉
メタセコイア並木の横にクロガネモチ。ここでも果実の多さ、目立つ赤色は同じだけれどメタセコイアの冬姿、曙色には負けてしまう。(2020.11.15 森林植物園)☆(2020.11.18 明石西公園)☆クロガネモチ(黒鉄黐)モチノキ科モチノキ属 Ilex rotunda(2020.11.19 須磨離宮公園)☆  ▲ クロガネモチの雌花(左)と雄花(右)▲------------------------ . . . 本文を読む
コメント

ナンキンハゼ(南京黄櫨)

2020-11-22 | 秋 樹木 果実・葉
何処でも赤が目立ちはじめた。それでも南京櫨の葉は赤い外の色も普通に混じっている。中にはまだまだ緑…と言うのも見える。果実も弾けないままに枝に残っているものも多い。葉も大きいから彩りも目立つし、葉が枝から離れると白い種子が際立って見え始める。▲ 葉が重なり合っているところでは、陽が当たりにくかった葉は赤く焼けずに橙~黄色のまま。▼▲ 彩りのある葉が全部散り敷いても、白い仮種皮に包まれた . . . 本文を読む
コメント (2)

アキニレ(秋楡)

2020-11-22 | 秋 樹木 果実・葉
海辺のアキニレ、かつては港の東で潮流が渦巻いていた場所。侵食が激しくなって砂浜もどんどん削られ始めた頃に大量のテトラポットが投入されその後テトラの陸側に巨大なコンクリート壁が作られて何とか侵食は止まり、望海浜公園が作られた。もう何十年にもなるので、コンクリート壁の外側のテトラポットが異様に見えてしまう。そこに出来た土砂だまりには無数の樹木が育ち始めてもう何十年にもなる。アキニレも樹高10㍍以上に育 . . . 本文を読む
コメント

アキニレ(秋楡)

2020-11-22 | 【独り言】
今年は余り遠出はしていない。遠出する元気はあっても周りの「自粛強制」が何とも歯がゆい。山歩きでさえ、現地までの交通機関利用にあれこれと懸念が出る。道中、車を使っての移動など何の為の山歩き??と思う昔人間にはどうも「新しい生活様式」は馴染めないのだろうと諦める。挙げ句に「自己責任」がいつの間にか強要され、無言の圧力になっている。そんなこんなの世間に背を向けながら歩くのも悪くは無いのだろうが何を今更、 . . . 本文を読む
コメント (2)