HAYASHI-NO-KO

皆生海岸からの大山

アサバソウ

2020-11-14 | 秋 白色系
アサバソウ温室育ち、観葉植物 英名 aluminum plant アサバソウ イラクサ科ミズ属 Pilea cadierei(2020.11.09 須磨離宮公園)---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

オオデマリ(大手鞠)

2020-11-14 | 木本 冬芽・葉痕
カンヒザクラの横に二株。(2020.11.09 須磨離宮公園)☆オニグルミの近くに広がる。オオデマリ(大手鞠) レンプクソウ(←スイカズラ)科ガマズミ属 Viburnum plicatum var. plicatum f. plicatum似た花にテマリカンボク(Viburnum opulus f. sterile)、葉の形が違っている。(2020.11.12 森林植 . . . 本文を読む
コメント

カエデドコロ (楓野老)

2020-11-14 | 草 果実・種子
2020.11.09 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

キクニガナ(菊苦菜)

2020-11-14 | 秋 青色系
二ヶ月咲いている。茎ははじめの頃から倒れこんでいた。倒れこんでおまけに幾つもの花殻を残しながらそれでもまだ咲いている。畑に植えられているともっと長く咲くのだろう。(2020.06.04 明石公園)☆明石公園では夏に咲いていた。ここでは秋になっても咲いている。キクニガナ(菊苦菜) キク科キクニガナ属 Cichorium intybus(2020.11.09 須磨離宮公園)-------------- . . . 本文を読む
コメント

コウヤボウキ(高野箒)

2020-11-14 | 秋 白色系
2020.11.12 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ゲンノショウコ(現の証拠)

2020-11-14 | 草 果実・種子
ミコシグサ追補。☆ゲンノショウコ(現の証拠) フウロソウ科フウロソウ属 Geranium thunbergii (2020.11.09 須磨離宮公園)☆ ▲ 須磨の白花 須磨の赤花 ▲▲ ミコシグサ図解 ▲--------------------------------------------------------------ゲンノショウコ ミコシグサ鎌倉・長谷 光則寺 大仏ハイキング . . . 本文を読む
コメント

ジュウガツザクラ(十月桜)

2020-11-14 | 秋 赤・桃色系
先月の咲き始めに比べると花数は減った。一本だけ植えられているシキザクラの方は少し増えたか。ポツリポツリと咲き続けて年を越す。モミジの色づきが少しずつだけれど増してきた。ジュウガツザクラ(十月桜) Cerasus × subhirtella 'Autumnalis'エドヒガンとマメザクラとの交配種コヒガンザクラ(小彼岸桜/Cerasus × subhirtella) . . . 本文を読む
コメント

サクラ シキザクラ(四季桜)

2020-11-14 | 秋 白色系
モミジとの共演はもう少し先か。ジュウガツザクラも咲き続けている。シキザクラ(四季桜) バラ科サクラ属 Cerasus × subhirtella 'Semperflorens'(=Prunus × subhirtella 'Semperflorens') エドヒガンとマメザクラの雑種起源、その選別育成品種とされている。(2020.11.09  須磨離宮公 . . . 本文を読む
コメント

センニンソウ(仙人草)

2020-11-14 | 草 果実・種子
植栽を覆い尽くすほどに花が咲く場所がある。花が終わると殆どは根元辺りで切られている。だから仙人の髭にはなれず、蔓も葉も茶色に枯れてしまう。ここでは池の畔の躑躅の植栽の上を覆っているのだけれど池側だけだからさほどには目立たない。だからいつも仙人の髭になっても残っている。午後三時近く、日射しが周囲の樹木を通り抜けて射し込む頃が一番の見頃だ。センニンソウ(仙人草) キンポウゲ科センニンソウ属 Clema . . . 本文を読む
コメント (3)

サルビア・インボルクラタ(ローズリーフセージ)

2020-11-14 | 秋 赤・桃色系
何故かここにもこのサルビア。そうか、ここも樹木ばかりではなくて、花壇のある公園。サルビア・インボルクラタ(ローズリーフセージ)シソ科サルビア(アキギリ)属 Salvia involucrata(2020.11.09  須磨離宮公園)--------------------------------------------------------------サルビア・インボルクラタ . . . 本文を読む
コメント