HAYASHI-NO-KO

皆生海岸からの大山

ホトトギス(杜鵑草)

2020-11-13 | 秋 紫色系
ここでは毎年タイワンホトトギスと一緒に咲く。かつてのバタフライガーデン。今は手入れされることも無く放置されている。▲ めしべは3、先端部分が2裂している。▼▲ 葯は下向きだが、訪花昆虫が花被片底部の黄色い蜜腺に誘われてやってきた折に花粉がつくのだろう。▼▲ 6本のおしべの花柱も花被片と同配色、筒のよう束なって底部から立ち上がっている。葯は下向き、トケイソウを彷彿とさせる形態。▼▲ 光に当たってキラ . . . 本文を読む
コメント

ホソバヒイラギナンテン(細葉柊南天)

2020-11-13 | 秋 黄色系
須磨離宮公園の東門の外に植栽されている。毎年のことだけれど、冬の寒さがやってくる前に咲き始める。ホソバヒイラギナンテン(細葉柊南天) メギ科ヒイラギナンテン属  Mahonia fortunei (2020.11.09 須磨離宮公園)ヤナギバヒイラギナンテン(柳葉柊南天)は 、学名Mahonia confusa(=Berberis eurybracteata)から、マホニア・コ . . . 本文を読む
コメント

ハキダメギク(掃溜菊)

2020-11-13 | 秋 白色系
ハキダメギクは耕作放棄された畑の畝を埋めてしまっているのを何度も見ていたけれど。今年は今までに見たことの無いほどのコゴメギクの群生を見つけた。須磨の薔薇園では今年の秋薔薇は惨憺たる様相だけれどハキダメギクはいつもと同じように出て来た。今年はハコベも咲いている。訪う人がめっきり減ってしまう真冬まで咲き続けることだろう。▲ 筒状花が大きく膨れてきた。そろそろ果実。▼▲ やっと一つ花が咲いた。茎に付く葉 . . . 本文を読む
コメント (2)

イロハモミジ(いろは紅葉)

2020-11-13 | 秋 樹木 果実・葉
ここでは少し色付いた葉を見ることが出来る。シキザクラやジユウガツザクラも咲いている。イロハモミジ(いろは紅葉) ムクロジ(←カエデ)科カエデ属 Acer palmatum(2020.11.09 須磨離宮公園)☆▲ 春の花盛りの頃。▲☆【モミジのメカニズム 聞き語りを補筆】まずは葉の構造から紐解くと、葉は葉柄で茎と繋がっている。葉には根からの水分や養分、光合成で出来た澱粉を通す通路、葉脈が . . . 本文を読む
コメント

ヤマラッキョウ(山辣韮)

2020-11-13 | 秋 紫色系
11日に谷上から石楠花山を歩き、黄連谷、徳川道を経由して森林植物園を回遊して谷上に戻った。石楠花山からの下りでは至る所にヤマラッキョウの花、だった。ここでは植栽。ヤマラッキョウ(山辣韮)ネギ科(←ユリ科)ネギ属 Allium thunbergiiAPG体系ではハナニラ、ハタケニラと共にネギ科に移っている。(2020.11.09 須磨離宮公園)----------------------- . . . 本文を読む
コメント

レモン(檸檬、 lemon)

2020-11-13 | 秋 樹木 果実・葉
2020.11.09 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ソシンロウバイ(素心蝋梅)

2020-11-13 | 秋 樹木 果実・葉
この樹には素心蝋梅だった。ソシンロウバイ(素心蝋梅) ロウバイ科ロウバイ属 Chimonanthus praecox f. concolor(=Chimonanthus praecox f. luteus)ロウバイ(蝋梅、蠟梅、臘梅、唐梅 時にワロウバイ・和蝋梅)  Chimonanthus praecoxトウロウバイ(唐蝋梅) Chimonanthus praecox 'Grandiflora' . . . 本文を読む
コメント

ツワブキ(石蕗、艶蕗) 

2020-11-13 | 秋 黄色系
離宮公園内にはどこにでも咲いている。だから何処でも撮ることが出来るし花に集まる昆虫だけを撮っていても時間は潰れる。ツワブキ(石蕗、艶蕗) キク科ツワブキ属 Farfugium japonicum(=Farfugium tussilagineum 、Ligularia tussilaginea)(2020.11.09 須磨離宮公園)☆【番外の昆虫】       ☆1. 子房 2.冠毛 3. . . . 本文を読む
コメント (2)

ノアザミ(野薊)

2020-11-13 | 秋 赤・桃色系
春にも咲いていた。ここでは秋にも存分に咲く。蝶は飛び交ってはいないけれどここではノアザミが咲く。ゲンノショウコもミコシグサに変わって賑やかな秋。▲ シマハナアブ? ▼ (2020.11.09 須磨離宮公園)☆ノアザミ(野薊) キク科アザミ属 Cirsium japonicumノハラアザミ(野原薊) キク科アザミ属 Cirsium tanakae (2021.01.06 . . . 本文を読む
コメント

ヒヨドリバナ(鵯花)

2020-11-13 | 秋 樹木 果実・葉
結局今年は何処でもアサギマダラは見かけることが無かった。フジバカマも咲いてはいたけれど蝶には出会わなかった。(2020.11.09 須磨離宮公園)☆ヒヨドリバナ(鵯花) キク科フジバカマ属 Eupatorium makinoi (広義のヒヨドリバナの学名)(2020.11.12 森林植物園)☆▲ 花の頃 ▲---------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント