HAYASHI-NO-KO

南アルプス 仙丈ヶ岳(3033m)

ハコベ コハコベ(小繁縷)

2019-03-14 | 春 白色系
やはり花は小さい…だろうか。やはり葉は小さい…だろうか。▲ これはイヌコハコベ、白い花弁は無い。 コハコベ(小繁縷)ナデシコ科ハコベ属 Stellaria mediaミドリハコベ(緑繁縷) Stellaria neglecta(2019.03.12 松江)☆▲ コハコベと自分勝手に結論づけている個体▲ ミドリハコベとしている個体--------------------- . . . 本文を読む
コメント

ハコベ ミドリハコベ(緑繁縷)

2019-03-14 | 春 白色系
2019.03.12 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ハコベ ミドリハコベ(緑繁縷)

2019-03-14 | 春 白色系
2019.03.14 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ハコベ ミドリハコベ(緑繁縷)

2019-03-14 | 春 白色系
2019.03.14 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

スイセン フサザキスイセン(房咲水仙)「シルバーチャイム」

2019-03-14 | 春 白色系
副花冠が少しクリーム色の房咲きの一つ「シルバー・チャイム」と名付けられた種類 房咲水仙「シルバーチャイム」ヒガンバナ科スイセン属 Narcissus tazetta 'Silver Chimes'(2019.03.12 松江)☆去年までのスイセンの幾つか ホワイトペーパー或いはガリルと呼ばれる白キズイセン黄色の房咲白だけれど副花冠が薄い黄色の剣弁のスイセン一番遅れて咲くラッパズイセンと呼ばれてい . . . 本文を読む
コメント

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)

2019-03-14 | 春 赤・桃色系
フラサバソウの広がる場所に一緒に広がっている。▲ いつの間にかヤエムグラもかなり草丈が伸びている。▼▲ そろそろ種子。▼(2019.03.12 明石公園)☆そろそろ梅から桜。この時期の公園、上の丸側の常緑樹の林の下は、ヤブジラミの葉が広がりその間に点々とヒメオドリコソウ。やはり少しだけ湿気が残る場所なのだろう。▲ 群れて咲いている場所では、閉鎖花は見つけにくいし紫蘇葉と言われる種類も、もちろん白花 . . . 本文を読む
コメント

フラサバソウ(ツタバイヌノフグリ 蔦葉犬の陰嚢)

2019-03-14 | 春 青色系
2019.03.14 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

マーガレット(Marguerite)

2019-03-14 | 春 白色系
幾つもの種類が「マーガレット」の名前で登場しているので面食らう。幾つもの種類にそれぞれ名前が付けられるから<これもか?と面食らうのだけれど遠い昔から持っている一つきりのイメージとはかけ離れてしまっている。尤も、一つきりのイメージは大昔に持っていたものだから今では捨て置かないといけないのかも知れない。『偏見は捨てんとあかんよ…』の声が何処からか聞こえる。マーガレット(Marguerit . . . 本文を読む
コメント

イヌノフグリ(犬の陰嚢)

2019-03-14 | 春 赤・桃色系
2019.03.11 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

イヌコハコベ(犬小繁縷)

2019-03-14 | 緑色系
2019.03.11 画像追加 . . . 本文を読む
コメント