HAYASHI-NO-KO

南アルプス 仙丈ヶ岳(3033m)

ユキワリイチゲ(雪割一華)

2019-03-02 | 春 白色系
雪を割って咲く花。一つの茎に一つの花。どうも花の良さが、汚らしい葉で台無しだ…の声が喧しい。名前負けしている…の声もする。せっかく来たのにみんな蕾だ、つまらない…と日が当たらない時に言われる。どう言われようと、花は気ままに咲くのがいい。ユキワリイチゲ(雪割一華) キンポウゲ科イチリンソウ属 Anemone keiskeana(2019.02.26 森林植物 . . . 本文を読む
コメント

ヤマウルシ(山漆)

2019-03-02 | 木本 冬芽・葉痕
危険?かもしれないけれど、直接触れる位置にはない。そばを通るだけでかぶれるほどにはヤワじゃないし。果実がまだ枝先に残っている。ヤマウルシ(山漆) ウルシ科ウルシ属 Toxicodendron trichocarpum(=Rhus trichocarpa)(2019.02.26 森林植物園)☆▲ 冬芽青葉トンネル近くの花---------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

モミジ オオモミジ(大紅葉)

2019-03-02 | 木本 冬芽・葉痕
かつての正門を入ってすぐの場所にオオモミジ。紅葉の頃には樹の下に入って撮るには絶好の位置にある。今は葉もすっかり散り敷いてしまっているし果実が所在なげに揺れているだけの風景。(2019.02.26 森林植物園)☆ここにはイロハモミジも多いしオオモミジが二本。一本は既に葉も散ってしまっている。残った一本は建物の陰になってどんどん上に伸び続けている。(2019.01.29 玉津町)☆オオモミジ(大紅葉 . . . 本文を読む
コメント

ムラサキシキブ(紫式部)

2019-03-02 | 木本 冬芽・葉痕
ここでは随所?にムラツサキシキブ。ヤブムラサキの冬芽も撮りたかったけれど台風後の整備が未完で立ち入りが出来なくなったままだ。ムラサキシキブ(紫式部) クマツヅラ科ムラサキシキブ属 Callicarpa japonica(2019.02.26 森林植物園)☆▲ 果実---------------------------------------------------------------ムラサキシ . . . 本文を読む
コメント

ミツバウツギ(三葉空木)

2019-03-02 | 木本 冬芽・葉痕
2019.02.26 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

フクジュソウ(福寿草)

2019-03-02 | 冬 黄色系
ここにフクジュソウが出てきます…と、割り箸が刺してあったのは何時だろう。やっと顔を出し始めたフクジュソウの上にある枯れ葉をせっせと退けていた人もいた。そんなお節介を焼かなくてもそっとそのまま自分の力で枯れ葉は押しのけるくらいに春先の花は太陽さえあれば元気になる。だからこの花が開いていない朝と、開き始めた午後とでは花の様子も違うし、人の気持ちも違っている。花も人も自分の持っている力を使 . . . 本文を読む
コメント