HAYASHI-NO-KO

三ツ頭 権現岳 阿弥陀岳 赤岳 横岳 手前に牛首岳

アメリカタカサブロウ(亜米利加高三郎)

2018-07-16 | 夏 白色系
ここではアメリカタカサブロウの広がりが何カ所もある。全体が一塊にはなっていないけれどかなり大きな広がりが何カ所もある。この調子で花を咲かせ種子を零すのだから一面がアメリカタカサブロウ畑になってしまう。ところがここには少し花が大きいタカサブロウは一つも出ていない。▲ 比較出来れば…だけれど、アメリカタカサブロウの種子はタカサブロウと比べて小さい。▼アメリカタカサブロウ(亜米利加高三郎) . . . 本文を読む
コメント

ヒロハフウリンホオズキ(広葉風鈴酸漿草)

2018-07-16 | 夏 黄色系
今年も周辺の畑に広がりそうだ。今日は今までで一番の広がりになる休耕田。今年は荒れたままになっている。まだこの花は一つも出てこないけれど、もうホオズキが幾つか見える。周囲には点々と広がって、これから暫くは花を咲かせ続けそうだ。(2018.07.16 林崎町)☆ヒロハフウリンホオズキ(広葉風鈴酸漿草) ナス科ホオズキ属 Physalis angulata(2018.07.12 林崎町)-------- . . . 本文を読む
コメント

タケトアゼナ

2018-07-16 | 夏 白色系
休耕田にアゼナが出てくる頃になった。少しは湿気が残っていないと駄目だけれど数日来降り続いた雨で湿気は充分。干涸らびそうになっていた草も生き返ったように緑が濃くなった気がする。(2018.07.16 林崎町)☆タケトアゼナ  アゼナ科アゼナ属Lindernia dubia ssp. dubia (2018.07.12 林崎町)------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

ヤナギハナガサ(柳花笠)

2018-07-16 | 夏 紫色系
まるで花壇に植栽されたような近所のヤナギハナガサ。毎年その花盛りを見ていると河川敷のアレチハナガサやダキバアレチハナガサは雑草…と思えてくる。それでも荒れ果てた畑の中にもヤナギハナガサが咲いているのをみるとなぜだか安心する。ヤナギハナガサ(柳花笠)クマツヅラ科クマツヅラ属 Verbena bonariensis (2018.07.16 林崎町)☆▲ まるで花壇に植栽されたような近所の . . . 本文を読む
コメント

畑のヤマトシジミ

2018-07-16 | 番外編 昆虫・鳥など
ヨメナのページに上げたヤマトシジミ。まだ数枚残っていた。隣のムラサキエノコログサにはカメムシ。人は酷暑に絶え絶えだけれど、花も昆虫も元気だ。(2018.07.16 林崎町)-------------------------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

キンシバイ(金糸梅)

2018-07-16 | 夏 樹木 果実・葉
長い間、森林植物園にはキンシバイがたしかに咲いていた。表示は残っているけれどいつの間にかヒペリカム・パルツム ヒドコートがその場所を占めている。確かにそこにはキンシバイがあった。ところで、キンシバイは見栄えも良くないのだろうここに咲いているのもの何処か忘れ去られて様な育ち方をしている。キンシバイ(金糸梅) オトギリソウ科オトギリソウ属 Hypericum patulum(2018.07. . . . 本文を読む
コメント

アメリカオニアザミ

2018-07-16 | 草 果実・種子 イネ・カヤツリグサなど
こちらに戻ってから見つけたヒメヒレアザミ。正しい名辿り着くまでは長い間アメリカオニアザミだった。ヒメヒレアザミは猛威を振るっている。アメリカオニアザミは殆ど見かけない花になっていた。だから久しぶりのご対面になった。アメリカオニアザミ キク科アザミ属 Cirsium vulgare セイヨウオニアザミの別名。(2018.07.15 沼津)------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

タカサブロウ(高三郎)

2018-07-16 | 夏 白色系
北側から入ったあぜ道に広がる雑草。耕作放棄された田畑ではこの種の雑草が大きな顔をして広がっている。タカサブロウ(高三郎) キク科タカサブロウ属 Eclipta thermalis(2018.07.12 林崎町)--------------------------------------------------------------タカサブロウ アメリカタカサブロウ . . . 本文を読む
コメント

スカシタゴボウ(透田牛蒡)

2018-07-16 | 夏 黄色系
黄色が一面に広がるのは、スカシタゴボウ。広がり始めているコゴメガヤツリも遠目には黄色に見えたりもする。スカシタゴボウ(透田牛蒡) アブラナ科イヌガラシ属 Rorippa islandica似ているけれど、葉の違い、果実の違いで区別は出来る。(2018.07.12 林崎町)☆ ▲ スカシタゴボウの果実は短く、イヌガラシの果実は長い。---------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

ガカイモ(蘿藦、蘿芋、鏡芋、芄蘭)

2018-07-16 | 夏 白色系
次々咲いてゆくだろう。蔓も針金を伝って伸びている。果実が出来る頃までこのままで伸び続けるだろう。よく見ると生け垣のあちこちに蔓が伸びている。 別株の蔓も地面を這っている。ガカイモ(蘿藦、蘿芋、鏡芋、芄蘭) キョウチクトウ(←ガガイモ)科ガガイモ属 Metaplexis japonicaトウワタ、フウセントウワタ、カモメヅルなどと共にキョウチクトウ科に移されている。(2018.07.11 . . . 本文を読む
コメント