HAYASHI-NO-KO

三ツ頭 権現岳 阿弥陀岳 赤岳 横岳 手前に牛首岳

ブラックレースフラワー

2018-07-11 | 夏 赤・桃色系
園芸趣味を持たない人間が園芸種に関して或いは花壇の花に関してマイナス表現をすると直ぐにメールが届く。『園芸趣味がある人は、しっかりと区別されていると思いますよ…』そうだろう、そうじゃないと見る人たちに説明出来ない。自分で育てもしないで、ネット情報だけを頼りにして花の名前を覚えるのはやはり本筋からは外れているのだろう。そしてこうも言える。ネット上であれこれとコメントしている人の中には名 . . . 本文を読む
コメント

ボタンクサギ(牡丹臭木)

2018-07-11 | 夏 赤・桃色系
大船の薬草園は、改装の折になくなったと、横浜のハム次郎さんからの便り。その周囲にはボタンクサギが存分に咲いていた。何年か前にはそこで冬芽も撮った。そう言えば花を撮るのは何年ぶりになるだろう。▲ やはり葉を千切るとにおう。近寄ってもにおう。先入観でにおう。▲ 花には微香、クサギは臭いの先入観を持っていると無理かも知れない。▲ 花序が違うのでクサギの印象はないかも知れない。▼ボタンクサギ(牡丹臭木)  . . . 本文を読む
コメント (2)

ムクゲ(槿、木槿、無窮花)

2018-07-11 | 夏 赤・桃色系
2018.07.10 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ヤブジラミ(藪虱)

2018-07-11 | 夏 白色系
まだ咲き続けている。広がり続けている華奢な茎の先には、果実も出来始めている。ヤブジラミ(藪虱)セリ科ヤブジラミ属 Torilis japonica(2018.07.10 林崎町)-------------------------------------------------------------ヤブジラミ オヤブジラミ ヤブニンジン セントウソウ(仙洞草) . . . 本文を読む
コメント

リアトリス・スピカタ

2018-07-11 | 夏 紫色系
キリンギク(麒麟菊)、ユリアザミ(百合薊)の別名。普通、穂咲きの花は、下から順に咲きあがってゆくのだけれど、リアトリスは逆である。まず先端が咲き、順に下に向かって咲いてゆく。リアトリス・スピカタ キク科リアトリス属 Liatris spicata(2018.07.09 須磨離宮公園)---------------------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

須磨の蜻蛉など

2018-07-11 | 番外編 昆虫・鳥など
温室横の人工池ではアサザが終わっていた。そろそろ蜻蛉が飛び交う季節。池の中には何時の頃からかメダカが繁殖している。きれいな、とは言いがたい水だがメダカにとってはこれでいいのだろう。伸び始めたガマの葉にはヤゴが幾つか付いていた。ここでチョウトンボを撮って一年になる。☆☆☆▲ たぶん、キマダラカメムシの幼虫。(2018.07.09 須磨離宮公園)☆▲ 明石公園のチョウトンボ 直接身体に当たる日射しを避 . . . 本文を読む
コメント (4)

アオギリ(青桐、梧桐)

2018-07-11 | 夏 樹木 果実・葉
生長も早く強い樹だ。十分に葉を広げ、少し奇妙な花序を下げる。花序には雄花も雌花も混在している。だから果実の生産も多い。その果実の生産も散布方法も調べてみると奥深い。▲ ここには一本しか育っていない。樹下には時折ネジバナが顔を出すのだが、今年は減ってしまった。▲ アオギリは雌雄同株、これは雄花。▼▲ アオギリは雌雄同株、これは雌花。▼▲ 奇妙な果実を生み出す雌花、「心皮」が五枚…。▼▲ . . . 本文を読む
コメント

アレチニシキソウ(荒れ地錦草)

2018-07-11 | 草 果実・種子 イネ・カヤツリグサなど
学名不詳。ハイニシキソウとの決定的な違いが見つからない。アレチニシキソウ(荒れ地錦草)トウダイグサ科アレチニシキソウ属Chamaesyce subsp. aff. prostrata(= Euphorbia chamaesyce ssp. massiliensis)学名不詳【追記】アレチニシキソウについては Euphorbia chamaesyce L. subsp. massilien . . . 本文を読む
コメント

イチョウ(銀杏、公孫樹、鴨脚樹)

2018-07-11 | 夏 樹木 果実・葉
2018.07.09 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

オミナエシ(女郎花)

2018-07-11 | 【独り言】
何年か前に書いたオミナエシ余談はこうだった。「オミナ」は「美しい女性」の意味だろう。上流の婦人、貴婦人を指す言葉に上臈(じょうろう)があるようだし。この花を漢字で書くと「女郎花」、どうも近代の遊女などのイメージがつきまとってしまう。  ただ花には漢字の字面のイメージではなく、語源説があると言われる。小さな黄色い小花が女性の食べていた粟飯=「おみな飯」に似ているからだと。  これだと、白い花を「男郎 . . . 本文を読む
コメント