HAYASHI-NO-KO

北岳からの甲斐駒ヶ岳

スミレ ノジスミレ(野路菫)

2018-04-04 | 春 紫色系
マンションの横にある芝生地。近くにはかなり群れて咲いている。かつてこの場所にはアツミゲシが茂っていた。▲ 雑草畑の様相を呈してはいるけれど、主役はこの野路菫。▼▲ スミレと言う名前がつけられた種類とは違って、少しだらしない姿。▼▲ 花色もバラバラでまとまりは無い。▼ノジスミレ(野路菫)スミレ科スミレ属 Viola yedoensisオトコノジスミレ Viola yedoensis f. barba . . . 本文を読む
コメント

シロバナタンポポ(白花蒲公英)

2018-04-04 | 春 白色系
中学校の校庭の外、一番南側に思いがけず白花。いつもの公園でも咲き始めている。今年の桜は今が満開、早くに散ってしまうだろう。☆シロバナタンポポ(白花蒲公英) キク科タンポポ属 Taraxacum albidum(2018.04.04 南王子町・田町)☆▲ 去年春、船上東公園の白花。▲ 去年のページに載せていた交雑種?と思えるもの。----------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

コメツブツメクサ(米粒詰草)

2018-04-04 | 春 黄色系
2018.03.22 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ウスベニツメクサ(薄紅爪草)

2018-04-04 | 春 赤・桃色系
そろそろ終わりだ…と夏になる前に書いた後秋になってもまだ咲いていた場所があった。砂礫地、植栽枡、駐車場の隅…大凡、この花が咲く場所はやはり花壇の外。今年も似た場所で薄紅を見ることになるだろう。ウスベニツメクサ(薄紅爪草) ナデシコ科ウシオツメクサ属 Spergularia rubra(2018.04.03 船上ほか)--------------------------- . . . 本文を読む
コメント

オオツメクサ(大爪草)

2018-04-04 | 春 白色系
2018.04.04 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

カラクサナズナ(唐草薺)

2018-04-04 | 草 果実・種子 イネ・カヤツリグサなど
今年は意外なほどに木の冬芽・葉痕を撮った。真冬にも時間が出来たからに他ならない。お陰で?草のロゼット・芽生えが少なかった気がする。そりゃそうだろう、全部を何とか…なんて、無理な話だし贅沢すぎる。それだけ欲を持てるくらいの時間があるのならもっと他に役に立つことに使うべきだ…と言われてしまう。だからやはり好きなことでもほどほどに…と自覚したい。▲ オオイヌノフ . . . 本文を読む
コメント

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)

2018-04-04 | 春 青色系
一月足らずで左肘のギプスは外れた。思いがけない事故だったが怪我には注意しないといけない。市民病院の帰路、左肘のリハビリを指示されて紹介状を持ってクリニックへ。週に二度通うことになった。その帰り道、久しぶりにのんびり座り込んで花冠が落ちるのを見ていた。▲ 開いている花、抜け落ちた花冠、昨日落ちた花後の果実…▼▲ 抜け落ちた直後は平開している事もあるから、子房部分も見える。時間が経つと、 . . . 本文を読む
コメント

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)

2018-04-04 | 春 赤・桃色系
2018.03.31 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ヒメウズ(姫烏頭)

2018-04-04 | 草 果実・種子 イネ・カヤツリグサなど
少し早い気もするけれど、今年のヒメウズはそろそろ終盤。幾つもの種子を零して次の年にも辺り一面に花を咲かせる。ヒメウズ(姫烏頭) キンポウゲ科ヒメウズ属 Semiaquilegia adoxoides(2018.03.31 林)--------------------------------------------------------------今年のヒメウズ 去年のヒメウズ終章 去年のヒメウズ . . . 本文を読む
コメント

コゴメイヌノフグリ(小米犬の陰嚢)

2018-04-04 | 草 果実・種子 イネ・カヤツリグサなど
そろそろフグリの季節。▲ この二つの花冠も、数分後には相次いで抜け落ちた。▼(2018.04.01 林)☆まだまだ元気に花を咲かせている。撮り飽きてしまう事は無いだろう。ここの雑草畑以外には広がることも無いだろう。▲ この状態で待つこと5分、花冠はスッポリ抜け落ちる。▼コゴメイヌノフグリ(小米犬の陰嚢) オオバコ(←ゴマノハグサ)科クワガタソウ属 Veronica cymbalaria( . . . 本文を読む
コメント