HAYASHI-NO-KO

三ツ頭 権現岳 阿弥陀岳 赤岳 横岳 手前に牛首岳

トチノキ(栃、橡、栃の木)

2018-02-12 | 木本 冬芽・葉痕
2018.02.05 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

アンズ(杏・杏子)

2018-02-12 | 冬 樹木 果実・葉
今日も柿の冬芽・葉痕と一緒に撮っていた。オオイヌノフグリも咲いている。梅が少し遅れているし、まだまだ杏の花が咲くには少し早すぎる。それでもここは日当たり抜群、蕾がかなり色づいている。▲ アンズの新枝は赤紫色を帯びているから遠目でもよくわかる。▼▲ この赤紫が目立つ新しい枝に蕾がびっしりと並ぶ。▼▲ 開花すると梅と間違えられるけれど、蕾は丸くは無い。▼アンズ(杏・杏子) バラ科サクラ属 Prunus . . . 本文を読む
コメント

フラサバソウ(ツタバイヌノフグリ 蔦葉犬の陰嚢)

2018-02-12 | 冬 青色系
オオイヌノフグリの葯は開花直後は青紫やがて二つに割れて白い花粉が出てくるのだがフラサバソウの青色の葯からは、開花直後には花粉が出ている。▲ 集まっている場所によって、広がり方は同じだけれど葉の色がかなり違って見える。▼▲ 広がった分だけ点々と花を咲かせている横で、まだこれから広がろうとしている双葉。この双葉が多い集まりがまだ幾つも残っている。▼フラサバソウ(ツタバイヌノフグリ 蔦葉犬の陰嚢) オオ . . . 本文を読む
コメント

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)

2018-02-12 | 冬 赤・桃色系
何度となく秋から冬のヒメオドリコソウやホトケノザを撮っている。春の花なのに…と言われるのだけれど、秋の花も捨てたものじゃ無いし畑の雑草類は秋にも少ないけれど花を咲かせる。次の世代の為に…なのだろう。ここでは早く広がっていた葉がやはり赤茶色になっている。▲ 赤紫の方が多くを占めている草むらが左下に広がる。▲ 一面の赤紫が目立つ広がり。▼▲ ホトケノザとは違って、一度に咲く花数は少ない。▼▲ 一度に咲 . . . 本文を読む
コメント

ホトケノザ(仏の座)

2018-02-12 | 【独り言】
暖かくなったのでしょうか。地中は暖かいかどうかわかりませんけど花が咲いてますね。たまに外に出てみると、やっぱり冬は寒い、冷たい。寒い、冷たいけど蕾は膨らんでますね。テレビのワイドショウも飽きたそうでたまには外に…とお出かけ。ホトケノザを三輪手折ってお帰りになった。のんびりこんな話が出来るのも野良だからだ。▲ 久しぶりに開花直近の花を見た。頭の部分が上下に分かれて、と言うより口が開いて下唇部分が飛び . . . 本文を読む
コメント

ネムノキ(合歓木)

2018-02-12 | 木本 冬芽・葉痕
公園の北側には園外にテニスコートと野球場。その傍に植えられていた合歓木は枯れて伐採されてしまった。根は残っているようだから、いずれまたヒコバエ…と期待する。この葉痕は、ローンボールズコートの外、今は梅が咲き始めた場所。以前はここにも合歓木の大樹があったけれど枯れてしまった。その種子がここに根付いたのだろうか。冬芽・葉痕の観察にはこの程度の幼木が好都合だ。▲ いくつかの葉痕は「猿顔」に見えるけれど、 . . . 本文を読む
コメント

ポプラ(Poplar・セイヨウハコヤナギ)

2018-02-12 | 木本 冬芽・葉痕
また撮りに行った。病み上がりの年明け、所用を済ませた後撮りに走った日は少し風が冷たかった。 今日は暖かだったからこの樹の周囲も少し歩き回った。人工の流れは河床も浅く、土砂だまりに枯れ草が繁茂してしまっている。(2018.02.11 明石公園)☆▲ 柳の葉痕に似ている。▼ポプラ(Poplar・セイヨウハコヤナギ) ヤナギ科ヤマナラシ属 Populus nigra var. italica (201 . . . 本文を読む
コメント

明石公園 剛の池4

2018-02-12 | 【独り言】
子どもたちが自販機の餌を手にして剛の池の鴨を呼んでいる。百合鴎はその間に割って入ったりして騒々しい。そうこうしているうちに、遙か上空を飛び交っていた鳶が急降下し始めた。危険きわまりないのだが、それでも子どもたちは大はしゃぎだ。公園には猫が棲みついているし餌を与えないでくださいの張り紙などがあちこちにある。ところが鳥には鳥の餌の自販機まで設置されているのはどこか変だ。鳩がそれを狙っているし時には鳶が . . . 本文を読む
コメント

明石公園 剛の池3

2018-02-12 | 番外編 昆虫・鳥など
子どもたちが自販機の餌を手にして剛の池の鴨を呼んでいる。百合鴎はその間に割って入ったりして騒々しい。そうこうしているうちに、遙か上空を飛び交っていた鳶が急降下し始めた。危険きわまりないのだが、それでも子どもたちは大はしゃぎだ。池の中では鴨が大はしゃぎしている。自販機が設置されているから子どもたちがやってくると条件反射…なのだろう。時にはパン屑も貰える。身を切るような池の水面を渡る風、水も冷たいだろ . . . 本文を読む
コメント

明石公園 剛の池2

2018-02-12 | 番外編 昆虫・鳥など
公園の剛の池に流れ込む小さな流れの薄氷を撮った日藤見池に繋がっている場所でも、寒そうな鴨を撮った。鳥を追いかけるなんてことは端から考えもしないけれど通りすがりには撮っている。今日も薄氷こそ見なかったけれど、気温は低いし冷気はここ数日続いている。休日だからだろう、子ども連れも多い公園。「鳥の餌」が自販機で売られている。鴨や百合鴎、鳩は勝手知ったる場所なのだろうけれど今日は公園の上空を飛び回っている鳶 . . . 本文を読む
コメント