HAYASHI-NO-KO

甲斐駒ヶ岳からの中央アルプス

フェイジョア

2018-01-19 | 冬 樹木 果実・葉
今日もこの端正な葉を見て、嫌な記憶が蘇る。いつもは花を見て蘇る記憶だが。よほど腹に据えかねたのだなぁ~と、他人事のように思い出している。果樹。したり顔にグァバに似た美味しい果物です…と話されたからグァバは知らないですと答えた。知っていたけど話を切りたかったからだ。聞きもしない話をべらべら喋らないで欲しいものだと何時もこの花を見るに付け思い出す。フェイジョア フトモモ科フェイジョア属 Feijoa . . . 本文を読む
コメント

クロガネモチ(黒鉄黐)

2018-01-19 | 冬 樹木 果実・葉
久しぶりに手の届く位置でクロガネモチの果実を撮る。春の花はここで充分に撮れそうだ。最近、新しく見つけた場所が次々と生まれているから案外忘れてしまっているかも知れないけれど。クロガネモチ(黒鉄黐)モチノキ科モチノキ属 Ilex rotunda(2018.01.18 藤江)☆▲ 久し振りに見たクロガネモチの花----------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

フウセントウワタ(風船唐綿)

2018-01-19 | 草 果実・種子 イネ・カヤツリグサなど
夏にはすでに風船から種子は飛び出していたここのフウセントウワタ。真冬なのにまだ幾つもの風船が残っている。はじけずに種子が残ったままの風船も幾つも。フウセントウワタ(風船唐綿) キョウチクトウ(←ガガイモ)科フウセントウワタ属 Gomphocarpus fruticosus(=Asclepias fruticosa)旧分類ではトウワタ属、現在はフウセントウワタ属に分類されている。APG分類体系では、 . . . 本文を読む
コメント

カキ(柿)

2018-01-19 | 木本 冬芽・葉痕
不思議なのだけれど、柿の木と杏が並んでいる場所が二カ所。西日を受けて柿色。カキ(柿) カキノキ科カキノキ属 Diospyros kaki (2018.01.18 小久保・和坂)☆-------------------------------------------------------------冬芽・葉痕 人丸山の柿  小石川のカキ 明石公園の柿 柿の葉 公園のヤマガキ・マメガキ . . . 本文を読む
コメント (2)

ヒメリンゴ(姫林檎)

2018-01-19 | 木本 冬芽・葉痕
クラブ・アップルの表示。これがヒメリンゴの冬芽??ヒメリンゴ(姫林檎)バラ科 Malus× cerasifera 別名にイヌリンゴ(犬林檎)(2018.01.18 上が池公園)☆ヒメリンゴの花--------------------------------------------------------------ヒメリンゴの花 リンゴの花 . . . 本文を読む
コメント

マホニア・メディア チャリティー 

2018-01-19 | 冬 黄色系
ここではヒイラギナンテン表記。ヒイラギナンテン(柊南天)は真冬には花はほとんどつけない。鋸歯がそれほど強くなく、葉の幅が狭いホソバヒイラギナンテン(Mahonia fortunei)、それよりも狭いナリヒラヒイラギナンテン(Mahonia confusa)なども庭木として使われる。派手好みの人たち用?には、「マホニア・なんとか」と呼ばれる幾つもの園芸種が用意されている。「マホニア・チャリティー M . . . 本文を読む
コメント

フジ(藤 ノダフジ)

2018-01-19 | 木本 冬芽・葉痕
園芸教室の声が聞こえる。小さな池の周囲には竹で編んだ柵が作られている。子どもたちの出入りも多い場所。その柵にフジが絡みついている。(2018.01.18 上が池公園)去年の冬芽・葉痕☆日本家屋の南でそろそろ咲きそうなマンサクの蕾を撮って東門方に下る。秋にはモミジがきれいな場所だ。そこでモミジに絡みついているフジの蔓を見つけた。フジ(藤  ノダフジ) マメ科フジ属 Wisteria floribun . . . 本文を読む
コメント

ユスラウメ(梅桃・桜桃)

2018-01-19 | 木本 冬芽・葉痕
桜の少し前にひっそりと咲くのだけれど花の名前も変わっているし、字も変わっている。梅でもないし、桃でもないし、桜でもない。だから…というわけでもないだろうけれど、少し変わった冬芽だと思う。ユスラウメ(梅桃・桜桃) バラ科サクラ属 Prunus tomentosa(2017.12.17 明石西公園)☆今年の花----------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

ムラサキハシドイ(紫丁香花・紫端集、ライラック、リラ)

2018-01-19 | 木本 冬芽・葉痕
そろそろ一つ、葉が広がり花が咲きそうな蕾。ムラサキハシドイ(紫丁香花・紫端集、ライラック、リラ)モクセイ科ハシドイ属 Syringa vulgaris(2018.01.18 上が池公園)☆ ▲ 赤紫の花 冬芽・葉痕▲ 去年の白花--------------------------------------------------------------今年の冬芽・葉痕 去年の花 ライラックの蕾 . . . 本文を読む
コメント

ユキヤナギ(雪柳)

2018-01-19 | 番外編 不明植物など
カイガラムシの類は何種類もあるそうだし、寄生する樹木は幾つも。冬場、新しい芽吹きの頃には画像に白が入ると台無しになる。花が一つ二つ、そこに今年もワタフキカイガラムシ(イセリアカイガラムシ)の雌成虫。だから面白がって撮っていた。ツノロウカイガラムシ(ツノロウムシ)などが大量に寄生したゲッケイジュやヤブニッケイ、柑橘系植物などはスス病になっていたりもするから、見苦しくて厄介だ。その点、このユキヤナギに . . . 本文を読む
コメント