HAYASHI-NO-KO

三ツ頭 権現岳 阿弥陀岳 赤岳 横岳 手前に牛首岳

ロウバイ(ソシンロウバイ 素心蝋梅)

2018-01-13 | 冬 黄色系
ちらほら咲いているだけでも香りは漂う。近寄ればもう少し匂う。幾つもの名前が挙げられ、そう呼ばれているのだけれど面倒きわまりない区別が様々に展開されている。だからやはり「ロウバイ」で良いじゃない…と言うことになる。▲ 開花当初は、おしべは花被片に張り付いたように見える。▼▲ めしべの柱頭が見えている。▲ 開花が進むとめしべをおしべが取り囲む。▼ソシンロウバイ(素心蝋梅) ロウバイ科ロウバイ属 Chi . . . 本文を読む
コメント

フヨウ(芙蓉)

2018-01-13 | 冬 樹木 果実・葉
何本かあるフヨウは毎年ばっさりと根元近くまで剪定される。ところがいつもだけれど、一株だけ果実が残されている。だからいつものことだけれどいつもの木の冬芽が撮れる。もちろんだが、毛むくじゃらの種子が飛び出した果実も。フヨウ(芙蓉) アオイ科フヨウ属 Hibiscus mutabillis(2018.01.12 明石西公園)☆ 白い芙蓉 果実------------------------------- . . . 本文を読む
コメント (2)

メタセコイア(曙杉)

2018-01-13 | 冬 樹木 果実・葉
葉はすっかり散り敷いたから、辛うじて冬芽が見える。果実も点々と枝に残っている。ラクウショウと同じように、雄花序だけが風に揺れている。▲ 小葉は対生、冬芽も対生。▼▲ 雄花序が茶色くなってぶら下がっている。▼▲ ぶら下がっているのは雄花序。▼▲ 落ちきれずに残っている葉が何カ所かに見える。メタセコイア(曙杉) ヒノキ(←スギ)科アケボノスギ属 Metasequoia glyptostroboides . . . 本文を読む
コメント

モミジバフウ(紅葉葉楓 アメリカフウ)

2018-01-13 | 冬 樹木 果実・葉
すでに冬芽・葉痕は撮った。すっかり葉は散り敷いて、それでもまだ果実が風に揺れている。新しい葉が出て、花が咲く頃まで残っている。モミジバフウ(紅葉葉楓 アメリカフウ) フウ(マンサク)科フウ属 Liquidambar styraciflua(2017.12.07 明石西公園)☆冬芽・葉痕▲ この短枝は二年前に伸び始めたものだろう。----------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

サクラ サトザクラ(関山・カンザン セキヤマ 松月桜・ショウゲツザクラ 白妙桜・シロタエザクラ 普賢象・フゲンゾウ)

2018-01-13 | 木本 冬芽・葉痕
2018.01.12 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

スイセン 日本水仙

2018-01-13 | 冬 白色系
これは日本水仙と呼ばれている。原産地は日本じゃないから…と格好つける人たちは、ナルシサス・タゼッタと呼んだりもする。確かに原産地ではないのかも知れないけれど、すっかり馴染んでいる。(2018.01.12 大道町)☆ニホンズイセン(日本水仙) ヒガンバナ科スイセン(ナルシサス)属 Narcissus tazetta var. chinensis(2018.01.07 林崎町)------------ . . . 本文を読む
コメント

キルタンサス・マッケニー

2018-01-13 | 冬 赤・桃色系
去年は一月遅れて、二月にここで撮った。宿根だから毎年同じ頃に同じ場所に咲く。キルタンサス ヒガンバナ科キルタンサス属 Cyrtanthus mackenii (2018.01.12  玉津町)--------------------------------------------------------------去年の花 . . . 本文を読む
コメント

カナメモチ(要黐)

2018-01-13 | 木本 冬芽・葉痕
カナメモチ、要黐、別名にアカメモチ、赤芽黐。ベニカナメモチ、紅要黐、カナメモチと同じだが、カナメモチよりも葉が赤い。オオカナメモチ 大要黐、葉は大きい。セイヨウベニカナメモチ、西洋紅要黐。中国産のオオカナメモチとカナメモチの雑種、「レッドロビン」という品種名で登場した樹木。これはカナメモチ、新しく出た葉が赤いのでアカメモチの名で呼ばれることも多い。ベニカナメモチはその中でも特に葉が赤い種類を選別育 . . . 本文を読む
コメント

ホトケノザ(仏の座)

2018-01-13 | 冬 赤・桃色系
2018.01.12 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

ノボロギク(野襤褸菊)

2018-01-13 | 冬 黄色系
道路と歩道の間の植栽はシャリンバイ。その隙間に幾つもの雑草の芽生え。ノボロギクは花を咲かせている。(2018.01.12 立石・明石西公園)☆やはりこの花には更地や空き地が似合う。立ち入り禁止のトラロープが張られているのだけれど三方は切れ切れになっている更地。以前はたぶん民家があったのだろう。水溜まりもあったり、空き缶が転がっていたりもする。ノボロギク(野襤褸菊) キク科キオン属 Senecio . . . 本文を読む
コメント (2)