ON THE ROAD

適当に音楽や映画などの趣味についてだらだら

『GODZILLA 怪獣惑星』

2017-12-02 00:59:39 | 邦画
昨年のゴジラフィーバーが嘘のように盛り上がっていないゴジラ新作。ゴジラファンではないけど、特撮ファンとしてもゴジラをアニメでやるっていうのはどうなのかなと思った。

劇場は華の金曜日のサービスデーだっていうのに結構まばらであった。入場時にはゴジケシなるプレゼントももらった。
予備知識はほとんどなしで観に行ったけど、物凄く既視感のあるストーリー。そう、「進撃の巨人」に似ている。
ゴジラの脅威によって人類は隔離された生活を余儀なくする
物資も乏しく口減らしが行われている
主人公ははゴジラに対してはかなり好戦的
マシンを使ってゴジラの周囲を飛ぶシーンは立体起動装置を髣髴とさせる

ちょっとブスながらも
実写にはないゴジラの禍々しさや恐怖はよく出ていたと思う。が、なんだか脚本に色々詰めの甘さを感じてしまう。とりあえず宇宙彷徨っていて疲弊しているはずなのに随分と元気そうじゃないかと言いたい。戦闘兵器や武器も充実しているように観えるけど、どっかの惑星によって補充しているのか?また、素人兵士とか言っていた割には随分と動けているようだったが。
あと、地球に戻ってきていきなりゴジラと戦うけど、絶対にもっと先にやるべきことがあるだろと言いたい。

ゴジラ退治は思いの外あっけなく終わってしまい、これで終わりかよと思ってしまったが、まさかの2体目。そして続編があると初めて知った。帰ってググったら3部作の予定なんだね。途中チラッと意味ありげに出てきたメカゴジラは次作以降にお預けか。自分の中で思うところはあるけれども、3部作の1作目であれこれ言うのは野暮だし2作目以降に期待したい。
あと、ちょっと心配していた「ゴジラは実は人間でしたと」いうエンドではなくてとりあえずよかった。

特典のゴジケシ(消しゴムではない)はなかなかクオリティは高い。色は週替わりのよう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『時をかける少女』(2006) | トップ | 『ザ・ガンマン』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事