ON THE ROAD

適当に音楽や映画などの趣味についてだらだら

『キャプテン・フィリップス』

2018-10-22 20:48:15 | 洋画
録画はだいぶ前にしたものの、覚悟が要りそうな映画だったのでなかなか再生ボタンを押せなかった。ところが実際に観るとこれが傑作ではないか。

監督はポール・グリーングラスだが、確かに名作『ユナイテッド93』と通ずるところはある。どちらも実話でテロリストに向かっていた人間の物語だ。もちろんわかっていはいるけど、テロリストに立ち向かうヒーローは映画の中にしか存在しない。現実は犯人に銃を突きつけられて言いなりになるしかない。でも、フィリップス船長はクルーや船を守るためにテロリストに毅然と向って行った。その姿はセガールやスタローンに引けを取らない。

船を舞台とした前半と人質になってからの後半では物語の風向きが異なるが、どちらも非常にスリリングな展開で画面から目を離せない。船や救命艇、海といった非常に限定された空間ながら、決して窮屈さを感じさせない監督の手腕は見事だ。犯人側も4人と人数は少ないものの、ちゃんとそれぞれのキャラクターを伝えてくれるのもいい。
ただ、揺れるカメラワークだけは好きになれない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『オデッセイ』 | トップ | 『ボブ・ディラン ノー・デ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事