ON THE ROAD

適当に音楽や映画などの趣味についてだらだら

『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』

2018-05-26 21:00:00 | 洋画
死を宣告された二人の男が海を見るために病院を抜け出す。道中様々なことがあり、警察とギャングに追われる。
書いていてこっちが恥ずかしくなるくらいにベタなストーリー。ただ、ヒットするだけのことはあり、それなりに面白い。独特の重さと軽さが作品を特徴づけている。ただ、時々思いたしように発作が出て苦しむが、あれはもう少し何とかならんかね。いくらなんでもちょっとクサすぎる。あっさりギャングのボスに許しを貰えたのも非常に納得がいかない。

タイトルはディランの曲からの拝借だが、これが劇中ちっとも流れない。流れたのはエンディングだが、ディランのバージョンではない。調べるとドイツの「ゼーリッヒ」というバンドらしい。オリジナルバージョンが使われなかったのが、権利関係か演出の問題か知らないけど、この映画に限って言えば、現代的な感じがするこのバージョンの方が好みだな。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『GODZILLA 決戦機動増殖都市』 | トップ | 『ムトゥ 踊るマハラジャ』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事