ON THE ROAD

適当に音楽や映画などの趣味についてだらだら

新文芸坐 昭和ガメラまつり 2018

2018-06-10 10:59:56 | 邦画
久々新文芸坐だけど、自動券売機が設置してあって驚いた。いや、全然驚くようなことではないのだけどね。

オールナイトがホントに辛くて行くたび後悔するんだけど、やっぱり他にはない高揚感があるんだよね。特に今日みたいな怪獣映画4本立てをオールナイトで観ちゃうって最高にクールだと思う。

某特撮バンドのメンバーに似ている人がいるなと思って、twitterで調べたら本人であった。さすがだな。

『大怪獣ガメラ』
偉そうに特撮語ったりもしているけど、実はガメラ初体験。やっぱりゴジラとはまた違うね。原爆設定は「またか…」と思ってしまうけど。

この作品以降はガメラVS怪獣になってしまっているが、今作は純粋に人間とガメラの対決。それでも、子供には優しいというガメラの設定がちゃんと入っている。その子供はちょっと邪魔だけどね。

あんなに強いガメラを一体どうやって倒すのかとワクワクしたが、Z計画のしょうもなさには笑ってしまった。


『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』
今日観た4作では今作が一番面白かった。子供が出てこないというのはガメラでも異色のようだが、それだけに人間同士のドラマが面白かった。もちろん特撮パートも素晴らしいが。ガメラも強いが、このバルゴンも見た目の割に強敵だね。

ヒロインを演じた江波杏子は凛とした顔立ちでとても素敵だったね。


『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』
ガメラといえばギロンだと思っていたが、このギャオスもなかなかにクールなデザインで気に入った。
回転盤に乗せるというわけのわからない作戦はどうかと思うが、強敵感もあって見応えがあった。

立退き料をふっかけようとする村人も地味に見どころである。



『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』
こんなに観ていて腹が立つ映画も珍しい。
ロケ地が海辺ばかりでミニチュアの町並みが破壊されることもなく、予算がないんだなというのは素人目にもわかる。それでも、過去作品の映像を延々と流すのは勘弁してほしかった。上映時間90分の内、20分は過去の映像だったんではないか。あの劇場にいた誰もが、なんでこんな立て続けに同じシーンを観なくてはいけないんだって思ったことだろう。

しかし、バイラストの戦いは見応えがあった。ゴジラの腹に刺さるバイラスにはみんな衝撃を受けたことだろう。
コメント

『ザ・プレイヤー』

2018-06-10 10:57:57 | 洋画
昔に観たときは、これのどこが傑作なのかよくわからず、ストーリーもほとんど頭に残っていなかった。
10数年ぶりに観たが、やっぱり良くわからない。アルトマン作品は何作価は観ているけど、結構クセのある映画が多い。ハマる人はハマるけど、そうでない人には?になる。私は後者なようだけど。なんかみんなアルトマン=シニカル、ブラックという固定観念にとらわれすぎていないかな。

つまらないということはないのだけど、どの辺が評価されているのかがよくわからない。ハリウッドの人間模様がポイントなんだろうけど、どうにもピンとこないし、サスペンスとしてもありきたりだし結局脅迫犯がわからないのもしっくりこない。
どこかもう一つ意外性があったらいいのだけれど。


コメント

『潜水服は蝶の夢を見る』

2018-06-10 10:56:44 | 洋画
何となく予想はしていたけど、やっぱり大人向けのドラマ作品で自分には合わなかったな。

難病物の実話ということで安っぽくなってしまいそうにもなりそうだが、そんなことはなく割と淡々と進めながらも伝えるところは伝えているという感じだったな。あと、序盤の主人公の視点で瞬きを表現しているのはうまいなと思った。

立派な映画ではあるけど、特に残るものはなかった。
コメント