「汗走」「汗歩」

走った事やハイキング等をお知らせします。

家庭菜園

2015年05月31日 20時47分51秒 | スポーツ

5月の連休に植え付けた、ミニトマト、キュウリ、ナス、パプリカ 大きくなりました。

 

コメント

新聞の載りました(福島民友新聞)

2015年05月31日 04時42分40秒 | スポーツ

27日(水)尾瀬沼の帰りのバスに乗り、御池駐車場で下車した時 カメラを向けていた方がいました。 福島民友新聞の地元支局の方でした。今日からバスが 運行されたので尾瀬沼からのハイカーを待っていたようで、尾瀬沼の様子、ハイカーの人数、水芭蕉の状況を聞かれました。明日の新聞に載せたいと言われましたのでOKをしました。最後に氏名等を聞かれましたので、教えましたら、このように新聞に載った様です。 実際の新聞は、見ていませんが、福島民友新聞のHPに 載っていました。

  

尾瀬観光再生へ前進 初夏満喫、シャトルバス運行開始

通行止め区間短縮を受け、シャトルバスを利用して尾瀬沼から戻るハイカー

=27日、檜枝岐村・御池駐車場

 通行止め区間短縮を受け、シャトルバスを利用して尾瀬沼から戻るハイカー=27日、檜枝岐村・御池駐車場  尾瀬国立公園内の檜枝岐村側で路面に生じた亀裂のため、全面通行止めとなっていた県道沼田檜枝岐線の御池駐車場-沼山峠間(約9.6キロ)は27日、通行止め区間を短縮し、約5.6キロが再開通した。尾瀬山開きの21日から運行を停止していたシャトルバスが運行を開始し、尾瀬沼に入る交通の利便性が向上、ハイカーは待ちわびた初夏の尾瀬を満喫した。村関係者も観光再生の前進に期待を寄せる。一方、全面再開通の見通しは不透明なため、尾瀬で予定されていた環境学習がキャンセルになるなど影響も出始めている。
 「ミズバショウの美しさを堪能した」。栃木県那〇△市の同市嘱託職員〇〇〇〇さん(△△歳)はネットでバスの運行開始を知り、知人2人と尾瀬沼周辺を訪れた。バスが運行する御池駐車場-長池橋間約5.6キロから先は路面に亀裂があるため、通常のバス終着点となる沼山峠まで約4キロを歩いた後に尾瀬沼に入った。〇〇さんは「沼山峠までバスを利用した場合と比べ、尾瀬沼に到着するまで倍の時間がかかった。全面復旧すれば、観光客はより訪れやすくなる」と願った。バスを運行する会津乗合自動車によると、この日のバス利用者数は往復で延べ31人(午後7時現在の集計)。御池駐車場にいた観光関係者は「平日とはいえ、例年に比べてハイカーが少ない。高齢者や子どもにとって尾瀬沼に向かう道のりは厳しい」とつぶやいた。
(2015年5月28日 福島民友ニュース)

 

 

コメント

尾瀬沼へ

2015年05月27日 20時11分07秒 | スポーツ

 4時に家を出て檜枝岐の御池駐車場から尾瀬沼に行って来ました。6時30分に駐車場の到着。すでに、30台余の車があり、支度をして歩き出すハイカーもいました。あいにく、沼山の登山口まで バスが道路の陥没で途中までしか行っていませんので、三条の滝方面に行くハイカーもいました。もちろん、燧ケ岳に登っているハイカーの車も駐車していると思いました。8時までの間に、駐車場奥に御池田代に足をのばし湿原の水芭蕉を見てきました。たくさんの水芭蕉が群生していました。そして、8時に今年の一番のバスが御池から沼山に出発。道路の陥没で途中の長池までの運行です。8時15分に到着し、道路を3,5キロ歩き登山口まで 行き、そこから、林の中の残雪の上を歩き9時30分に沼山峠(1748m)に到着。眼下に尾瀬沼が広がっていました。 
 そして、大江湿原に入り、完全に雪解けとなっていて、湿原のところどころに 水芭蕉が群生しています。10時に尾瀬沼ビジターセンターに着きました。  尾瀬沼は雪解けの水がたくさん注ぎ、水辺に水芭蕉、雄大な燧ヶ岳。長蔵小屋の後ろで、昼食をゆっくりとりました。11時まで周辺を散策して帰路に付きました。 人がいない尾瀬沼は初めてです~ 爽やかな風がそよぎ鳥のさえずり、 最高でした。

御池田代

大江湿原

燧ケ岳

水芭蕉

コメント

藤 満開

2015年05月11日 19時40分03秒 | スポーツ

我家の庭にある藤が連休に満開となりました。大きい方は40年余、小さい方は20年余(植木鉢にあったのを地植えにしました)。藤が咲くと「春」本番を感じます。

 

コメント

汗走! 鹿沼さつきマラソン大会

2015年05月10日 19時53分15秒 | スポーツ

お陰様で ブラインドランナーのK君と鹿沼さつきマラソン大会に出場しました。ちょっと暑い気温でしたが、風が爽やかでした。タイムは 2時間8分29秒 (2時間7分31秒ネットタイム) 順位― ハーフ 247位(60才470名エントリー)、練習不足の中では、上出来でした。 鹿沼さつきマラソン大会のハーフは5年振りでした。来年は連続出場が25回となります。ゴール後は、駅まで徒歩で行き途中の出店で生ビール飲んでしまいました。旨い~~

 

コメント