New Life in VungTau 在越10年目の感動 新ブンタウ生活毎日アップ

一目ぼれサイゴン引っ越しブンタウ生活スタート
会社と大学で2017年5月開始 楽しみウキウキ生活報告

その2  50年間のメガネと別れたレーシック手術の思い出@サイゴン

2019-04-18 11:45:43 | Weblog
その2  50年間のメガネと別れたレーシック手術の思い出@サイゴン

Daveの死を思うともっともっと自分を苦しめないとダメ

ってことで今日からはダイエットではなく水分中心の榎木孝明風に不食にチャレンジ

そう決心するだけで
気分はしっかりもう食べたいなんて思わなくなり頭まで冴えてきます。

いつも以上に心身のリラックスが!!

午前の授業も冴えてとても楽しく!!!

そして苦しかった思い出に
タイトルのサイゴンでのLesikオペのブログが浮かんできました。

2015年9月10日の我がGooブログのコピペ編集です。

オペしたのは2009年9月16日 我輩が63歳 今から10年前です。
結構勇気が入りました。
それに痛かったです。

その痛さを感じるために本日アップします。

それではコピペ

その2  50年間のメガネと別れたレーシック手術の思い出@サイゴン

夜、雨の中を裸眼でスクータードライブする喜びをブログしたが
実は中学一年生から近視のメガネをかけるようになり
50年間、63歳でサイゴンで、メガネと別れるオペ
レーシックをしたのが6年前の今頃
その後メガネなしの生活です。

平成21年 2009年9月16日 Lesik
失敗すれば自死を覚悟
必死の挑戦でした。


懐かしくなり我がブログを探訪
オペ一日後の感想を
ブログしていました。

いま日本にいる我が師匠さん、当時は師匠宅にホームステイ
そして師匠の義弟ユン君、彼も今は名古屋
お二人がFVHまで一緒してくれました。


それではコピペ


      

                 
レーシックの結果如何に? その1
2009-09-17 18:33:30 | Weblog

平成21年9月17日木曜日

さすがにオペ終了後の経過・日記のブログは当日更新できず
本日はオペ一日後のドクター検診で経過順調OKをもらい
嬉しさで街を放浪しつつ卒業生と食事して
帰宅 午後5時 このブログを書いています。

さて昨日は師匠とユン君兄弟
70歳と21歳がFrances-Vietnamese Hospitalまで
一緒してくれることになり心丈夫で出発。
親子兄弟親族並みの思いやり
有難うございました。

道路が混雑も一時間少々で病院に12時半に到着。

師匠ファミリーはこの病院の近くに住んだ経験があり
詳しい。
しかし本館2Fにカフェテリアがあるのを
存じていないので
案内時間まで休憩。小生はオペ前で食べない。

別館にて1:15pm 
ken uobe 案内しますと事務の方。
師匠と別れて眼科へ

お金を持ってきていますか? ハイ
こちらへどうぞ!!      ハイ
先ずは2100万ドンの支払いが優先でした。

支払いの証明 まあ領収書だが日本とは違っている。

そして眼科に戻り
もうオペ後にはリンさんの顔が見えなくなるかもと
記念撮影 チーさんも!!
気持ちよく応じてくれ
身長差があるので小生は座って
そして膝の上にon the knee と冗談言うと
ノーサンキューですと!!

ちょっとリラックスして
また皆さん顔が会うと笑顔で声をかけてくれる。
結構緊張が緩和されました。
このスタッフの笑顔が
また患者数が予約でコントロールされていて
混雑していないもの
この病院のいいところかも!!!

リンにドクターはファーストかラストネーム
どちらで呼んだほうがいいかと聞くと
ラストネームでと!!

テクニッシャンから軽い麻酔を点眼され
またキャップとソックスを提供される。
オペ室前の小さい冷房のよく効いた
部屋で一人待たされる。

小生は寒いのが苦手 嫌い
今までエアコンの寒さで何度か
ワイフや同僚あるいは友人とさへ衝突
大人気ない対応をしたことがある。

本日は呼吸法で心身の統一をやりつつ
脈拍は正常を確認。

これまたベトナム式
オペ室からフランス調の大音響の音楽が??

ドクターホアンが思い出のフランス留学時代の
音楽でオペ前の精神統一しているのかも??
こちらの精神統一は阻害されるも5分で終了。

2:30pm オペ室に呼ばれる。

優しいドクターの声
小生も I believe you, dr. hoang
I trust you
I respect you と目をあずける。
よろしくお願いする。

何かのときにボールを両手に渡される。
ボールを押すより
通訳のbreastの方がいいと言うと
何を考えていると笑われる。

優しき声とは裏腹に
目に挿入される器具の痛いこと
数十秒で終わるとはいえ今思い出しても
二度とこんな思いは??ってな程度でした。

すばらしき日本製のレーザー
安心しなさいと
どこまでも優しきドクター

両眼でトータル数分間
パーフェクト グッド すばらしい
そのまま うまくいっている
ドクターからの声は神の声
数十秒我慢 ここで目が見えなくなってはと
がんばりました。

simple word 通訳の声がないほうが
神経集中するのに
遅れて発せられる日本語
彼女は生活がかかっている
小生は失明がかかっている。
極力彼女の声を除去して
オペ終了。

続けさま両眼オペの恐怖は
もうこれでおさらばです。

別室で休憩中に
ナース小母さんから通訳を通して
薬3種の説明とサングラスの着用の説明
英語を解さないナースなので
ベトナム語で通訳を通して説明がなされた。
あまり理解できない日本語なので
説明書は入っているかと聞くとOKあります。と。

オペ後すぐに読めるわけないのに
小生もそこまで気が回らなかった。

常識的に
人口涙 抗生物質 ステロイド抗炎症剤
と想定 後で3種の点眼液を調べるとOKでした。

20分後手術結果のドクター確認
完全に落ち着くには2週間
痛みもあるでしょうが
完全に成功したと伝えてくれる。
そして明日もう一度来るようにいわれる。

ジャスト3時
テクニッシャンに
オフィスのねえちゃん可愛い娘ちゃんに送られて
待合室に出ると
師匠とユン君
うれしかったです。

まぶしさですぐに外はつらく
本館の喫茶店へ
もうすっかり顔なじみで
とくにマタニティの姉ちゃんが
いつも愛想がよく対応してくれる。
あとの二人も笑顔の娘さんです。

眼科関連の人が通るたびに
小生に挨拶してくれる。
こんな病院日本は皆無

サイゴン有難う。
FVHありがとう。

当夜は師匠の心遣い
小生の好物のみ
お茶漬けにお餅にPHOうどんに
きゅうりとトマトのサラダ。

そして
視力の回復
角膜へのいたわりのため
十分な睡眠休息をとりました。

そして本日を迎えました。
その2へ

その2 裸眼で見る光景
2009-09-17 20:07:49 | Weblog

午前5時
師匠宅の北側ベランダか東を眺めると
裸眼で めがねなしで見えるのです。
明けの明星と鋭利な釜のようになった暁の月が
ぽっかりときらきら輝きながら浮かんでいる。

今までは乱視のため真の姿を捉えるのが
大変だったが
なんと
くっきりはっきり輝いている姿が捉えられました。

朝焼けを起こし始めた東の低空の薄きオレンジ色から
二つの星が輝く上空の薄青色にグラデーションがかかり
すばらしき光景が
肉眼 裸眼でとらえられました。

写真のようにサングラスはつけるものの
度の入ってないFVHからもらった軽い軽いめがねで
バスからの車窓が見たくて
7ヶ月ぶりに18番バスに乗り出かける。

とてもとても新鮮な車窓に
生きていて
オペして
よかったと感謝しました。
トラフィックジャムまで
楽しく感じました。 その3に写真を。

写真は術後のサングラスの小生に
左リンさん 右チーさん 二人の優しさに
愛嬌のよさに救われました。 ありがとう。

1区まで18番で行き
シェラトン近くで下車
フロントでFVHに行くためのタクシーを呼んでもらう。
ホテル経由で行くと
とても安全であり乗る前にタクシー番号を記した
紙が渡されドライバーさんが悪いことが
できない仕組み!! これ時間があれば流しのタクシーよりは
安全です。

大発展中の4区 7区を見ながら
FVH着。
病院雇いのドアマンがタクシーの本館のドアを
開けてくれる。

眼科に行くと一分かからず
案内してくれ
笑顔のテクニッシャンが測定。

その間に記念写真や雑談
同じサングラスをかけたベトナム娘が
隣に座ったのでお話。

彼女は小生が2時半のオペ
その後4時のオペだったと。
同じような感想を聞き
young vs old 同じで嬉しく感じた。

次回の一週間後の予約がなされ
ドクターからは年齢を感じさせない
パーフェクトな回復の進行とお墨付き。

ハッピー気分で
喫茶店で
リプトンホットティーと
アップルパイとチーズケーキ

おかわりのホットウォーターはただ。
で250円でした。

病院内のピープルウォッチングを楽しみ
フランス人医師の格好 日本女性のおしゃれ
おばあちゃんと娘夫婦に孫の家族
病院内で働くマタニティさん
美しき若きお母さんたち 飽きないで時を過ごしました。

帰りはタクシーでくるくる寿司へ
卒業生から連絡が入りKuruKuruに招待する。

これまた楽しき再会食事会話をして
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
----------------------------
師匠から食事ができましたの声
休憩です。 6時50分

ニューワールドホテルから公園
バックパッカーのたまり場から
下町界隈を散策 サングラスも入手。

タクシーでインターコンチネンタルに行き
もう一度部屋を見せてもらい
値段の交渉方法確信して
帰宅。

少々夕食中に疲れが出てきました。
無理をしちゃだめです。
おやすみ。

その5 Anh $ Ngan ちゃんと昼食
2009-09-17 21:29:56 | Weblog

タクシーの中
二人から電話
キムアインとガンちゃん

KuruKuruSushi を食べました。

目が疲れました。
もう寝ます。
7:35pm


平成31年新暦2019年4月18日 午前11時46分

不食なので昼食の時間が必要ないので
我が自由時間がいっぱいです。

この下のクリックお願いします!!!
↓↓↓↓↓

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« その1 失って初めて分かる... | トップ | その3 難問に遭遇は久しぶ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事