New Life in VungTau 在越10年目の感動 新ブンタウ生活毎日アップ

一目ぼれサイゴン引っ越しブンタウ生活スタート
会社と大学で2017年5月開始 楽しみウキウキ生活報告

その2 お盆の時期は幼馴染の花本和尚

2018-08-13 06:57:17 | Weblog
その2 お盆の時期は花本和尚を思い出す。

ポツリ雨の中を散策しながら
同級生の幼馴染の花本のことを思い出す。

吾輩もやっぱし日本人です。
先祖様に手を合わせたくなります。
はるか離れた異国の地から日本の方向を向いて般若心経でした。


ブログは2016年の明日の吾輩のGooブログのコピペです。


その2 お盆の時期は我が幼なじみ同級生の花本和尚を思い出す!!

ブログしていたらとっても故郷のことが懐かしくなりました。
去年の写真を!!

松山道後温泉 和尚 京都 大阪

故郷が懐かしくなりました。
写真を見ながら涙!!





























吾輩は4男で菩提寺のお守りの権限はなし!!
そしてその権限ある甥っ子も先祖に興味なし
我が息子達もワイフも興味なし

吾輩も随分お寺さんには先祖様にはお参りしながら勇気付けられたもの!!
でも時代の流れ、吾輩など地球上どこでも灰になろうが骨になろうが
消失しようが気にしない!!!

ってことで分家の魚部家の墓は消失するかも!!
時代の流れ!!!

でも吾輩は大好きお墓参り!!
そして故郷松山を向いて手を合わせます。

そして花本和尚関連の我がブログをコピペします。
2年前の今頃です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
平成26年 2014年8月15日 金曜日

この時期になると幼なじみ同級生だった花本和尚のサイトを覗きたくなる。


移り変わる日々を大切にしていきましょう。って!!
コピペ:
お墓参りとご先祖さま
お盆のころ。それぞれが休暇をとり、家族が集まり、一緒に食事をしたり、近況を語り合ったり、あるいは旧友とよもやま話をしたりという時間を過ごします。
『歳時記』によれば、お盆は晩夏、初秋のころとあります。亡き人を偲ぶ季節ですが、まだ夏の光は強く、樹々は長く色濃い影を落としています。香 気立ち昇り、花々の彩りに忘れる道々。人々の思いのこめられた小域のひとつひとつに、天宙中(てんちゅうちゅう)、一切の清霊、すなわち夥しい(おびただ しい)死者たちの沈黙の眠りを感じながら、それぞれ鎮魂の碑、墓群に敬意を払いながら、墓地、あるいは霊園を跋渉(ばっしょう)し、やがて、ひとつの墓の 前に立ちます。香を薫じ、花を供え、合掌します。故人(ご先祖さま)の生前を思い、無言の会話を交わします。
これが「お墓参り」というものです。さて「ご先祖さま」とは何でしょう。
私たちがこの世に生を受けるにあたって、まずは父母という存在が欠かせません。その父母にもまたそれぞれ父母がいて、その四人の父母にもまたそれぞれ父母 がいます。二人、四人、八人、十六人。この倍々ゲームを遡る(さかのぼる)と夥しい(おびただしい)数の父母がいたうえで、やっと自分が此処(ここ)にい ることが自覚できます。
そういえば俵万智(たわらまち)という歌人の短歌にこんな歌があります。
  母と娘のあやとり続くを見ておりぬ「川」から「川」へめぐるやさしさ
あやとりの「川」。単純化された形象を複雑に抜きとる。千変万化の形を生んで、また「川」に戻る。私たちの来し方行く末に似て、どこか永遠の相を見ることができます。
さてお盆です。ご先祖に限らず、知人友人の墓にお参りするのもいい。もし苔むしていれば、それを綺麗に洗う。または丁寧に掃く。ここから「掃苔(そうたい)」という言葉が生まれました。
明治期にできた新しい言葉です。直接的な仏教用語ではありませんが、これも墓参のひとつ。森鴎外や永井荷風は、こうした墓巡りをよくしたのです。
天宙中、一切の父と、母のために。



今朝の日経には京都のお盆の風物紹介!!
これまたコピペ:

墓前につるした約1万のちょうちんに明かりがともる東本願寺・大谷祖廟の万灯会(14日、京都市東山区)=共同
京都・大谷祖廟で万灯会 先祖しのぶ
2014/8/15 2:12


墓前につるした約1万のちょうちんに明かりがともる東本願寺・大谷祖廟の万灯会(14日、京都市東山区)=共同
 墓前につるした約1万のちょうちんをともす京都の盆の風物詩「万灯会(まんとうえ)」が14日、京都市東山区にある真宗大谷派(本山・東本願寺)の大谷祖廟(そびょう)で始まった。無数のろうそくの明かりがゆらめき、家族連れらは手を合わせ先祖をしのんだ。
 そよ風が吹き始めた午後6時ごろ、約250の大ちょうちんがいっせいに点灯。節電意識を持ってもらおうと、今年は電源に、電気自動車(EV)2台とガス発電機を使った。
 真宗大谷派によると、万灯会は涼しい夜間にも墓参りをしてもらうため、足元を照らすちょうちんをともしたことから始まった。今年は53回目で、16日までの3日間で約7万人が参拝する見込み。〔共同〕


吾輩が小さい頃はお袋はご先祖様の迎え火をたきながら、鐘を打ちながらお話を聞かせてくれたが!!

そして先祖が浄土に帰る送り火は京都が特に有名
16日の京都の五山送り火

15日に送り火を行うところも多い(奈良高円山大文字など)

お盆は、旧暦の7月15日を中心に日本で行なわれる、祖先の霊を祀る一連の行事。

◆先祖の霊を迎える行事◆    

お盆とは先祖の霊があの世から帰ってきて家族と一緒に楽しいひとときを過ごし、また帰っていくという日本古来の信仰に基づく行事です。

・お盆にはお寺の僧侶が檀家を回ってお経をあげて回ります。 (檀家の多いところはお寺で合同の読経)
僧侶については、何件もの檀家を回らなければならない場合が多いので、無理にもてなすのは避けます。読経してくれた僧侶には「御布施」と「御車代」を包みます。
「御布施」の金額の目安は、東京では新盆で2万円、新盆以外は1万円くらいが多いようです。

※お墓参りには一族が揃って出かけます。

・一族の代表が花や供物を墓前に供え、それから血縁の濃い順に合掌礼拝し、線香や水を手向けます。仏前の火をいただき、それを提灯の中にいれその灯火で先祖の霊を家まで導くという風習のあるところもあります。。

書きながら懐かしいです。
でも我が家からは少しずつ少しずつゆっくりゆっくりとこの伝統が消えていってますが!!



サイゴンにて遥か北、京都や松山をしのびながら手を合わせました。

1回目の休憩
午前7時24分
この下のクリックお願いします!!!
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« その2 パイナップル・ビー... | トップ | その3 写真制限1日100枚に... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
メール (Hiroyuki)
2018-08-15 14:09:20
浩之です。
大切なお願いがあり、メールをしています。
kenuobe@yahoo.com.vnに送付していますが、
もし、もう使っていないアドレスなのであれば、
届くアドレスを教えてくださいませ。
大事な用件なので、申し訳ないですが、
よろしくお願いいたします。
了解 (Heroへ)
2018-08-15 17:53:28
ここには書けないあるメールをきっかけに
お母さんからのメールは全てオープンせずに放置

1年に一度くらいHiroから孫情報と写真が届き
タイトルを見てオープンしていました。

返事はしていませんが我がブログを見れば
オープンしたことが分かるはず!!

原則我がファミリーは誰も見てないと判断して
人間いたるところ青山ありのこころで
一人地球上のどこかで死を迎える覚悟

でもどんな迷惑がファミリーにかかるかは
想定できず、病気に限っては皆に迷惑をかけずに星になる予定です。それ以外の迷惑は親子の縁で許してほしい!!

Heroのメールは今からオープンして
内容を見て必ず返事することを確約する。

まあ嬉しいコメントではある。

一つだけ注意

最近ではときおりYuiコメントをくれ
それが結構生きる勇気を与えてくれてはいるが
Yuiに決して圧をかけてコメント文通を阻止しなことが一つの条件ではある!!!!!

子供たちには言えない夫婦の会話約束があるが
もうそれは夫婦の秘密で子供たちには言わないことに!!

いずれにしても
コメントはありがとう!! Ken

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事