New Life in Long Khanh City 73歳の挑戦

ブンタウ生活スタート2年3ヶ月
2019年7月29日から
生活スタート

その1 昨夕の出来事 なかなか体重は減らず寝る前は70キロ CT23 CT29 よくできる!!

2019-11-06 07:15:48 | Weblog
その1 昨夕の出来事 なかなか体重は減らず寝る前は70キロ CT23 CT29 よくできる!!

アンくんの誕生日ってことで授業は途中から小さいShinrai喫茶へ





令和1年 西暦2019年11月6日 旧暦10月10日 水曜日

昨日の出来事
いつものように我がフェイスブックのコピペ


YOUTUBE.COM
坊っちゃん(本木雅弘)--- NHK新春ドラマ1994年 1/4
☆文豪・夏目漱石のアノ名作をコミカル描いたドラマ。脚本、内館牧子。本木雅弘、主演。 いかにも、モックンらしく、硬派な坊っちゃん。"てやんでぇ!べらぼうめぇ~"を連発!! 千堂あきほ、所ジョージ、由紀さおりほか...


YOUTUBE.COM
日本のシンドラー 杉原千畝物語 六千人の命のビザ
終戦60年ドラマスペシャル 2005.10.11 放送分です



YOUTUBE.COM
Making of Juzo Itami's Daibyonin / Daibyonin no Daigenba


その5 大好き五木寛之的生き方

五木寛之 流されゆく日々
1932年福岡県生まれ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。66年「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で第56回直木賞。76年「青春の門 筑豊篇」ほかで吉川英治文学賞を受賞。2002年には菊池寛賞、10年NHK放送文化賞、毎日出版文化賞特別賞を受賞。本紙連載「流されゆく日々」は16年9月5日に連載10000回を迎え、ギネス記録を更新中。小説以外にも幅広い批評活動を続ける。代表作に「風に吹かれて」「戒厳令の夜」「風の王国」「大河の一滴」「TARIKI」「親鸞」(三部作)など。最新作に「新 青春の門 第九部 漂流篇」などがある。

連載10767回 人は自慢する動物である <1>
公開日:2019/11/05 17:00 更新日:2019/11/05 17:00
有料会員限定 記事 今月の閲覧本数:1本 登録会員の方は月5本まで閲覧できます。
>> バックナンバー
「自分について語ることは、すべて自慢話である」

 というのは、阿刀田高さんの名言である。
 ふり返ってみると、自分のことを書いた文章は、どこかに人に認めてもらいたい気持ちがひそんでいるようだ。他人にわかってもらいたい、聞いてほしい、というのは人間の本性にはちがいないが、一歩誤るとたわいのない自慢話になりかねない。
 そのことを自戒していると、なんだか何も書けなくなってしまった。何をどう書いても、自分が出てしまうのだ。自分について一行も書かずとも、そうである。
 仮りに歴史上の人物について客観的に書いたとする。しかし、その人を取りあげた時点で、すでに自分が反映しているのだ。それを徹底的に避けようとする姿勢もまた自己表現の一つではあるまいか。
 身を隠す、ということで自分を表現しようとするのだ。
 中世に「隠遁」という生き方が流行った。しかし誰でもが勝手に世捨人になるわけにはいかない。隠遁とは、ある意味で贅沢な生き方なのである。人々は隠遁者を憧れ、隠れ住む人々は時代のヒーローのようにもてはやされた時期もある。仏教界では隠遁僧となることは、一種の反体制的なステータスだったのだ。
 隠れることも屈折した自己表現であるならば、もういっそのことギラギラした自己表現に徹するほうが面白くはないだろうか。
「世俗に隠れる」
 という道もあるのである。
「これは自分の自慢話ではないのか」
 と、自問自答している限り、一行も書けないというジレンマにおちいることもないではない。
 私小説といわれるジャンルの小説は、その点、徹底した自己表現の方法だろう。自分の恥ずかしい所を正直に書く、という屈折した自慢話の一面があることは否定できないのではないか。
 人は自慢したがる動物である、と居直ってしまうのも、一つの方法だろう。見栄も外聞もなく自慢話をくりひろげるのだ。謙遜しつつ実は自慢しているというやり方よりも、気持ちがいい。しかし、これも芸がなくては読むに耐えない。そう考えると、ますます筆が進まなくなってしまうのだ。いっそのこと、自慢させてもらいますよ、と前置きして話をするというやり方もあるのでは、と考えたりする。
 (この項つづく)


NIKKAN-GENDAI.COM
連載10767回 人は自慢する動物である <1>|五木寛之 流されゆく日々
「自分について語ることは、すべて自慢話である」 というのは、阿刀田高さんの名言である。 ふり返ってみると、...


その2 本日午後8時半 体重は70キロ























昼食は学生と一緒 午前の休憩時間に!! 近所のComTam ここのご飯はポロポロのホントのComTam美味しい クラスCT29

みなさん来春には日本留学
まだまだたくさん時間があります。 着実に実力をアップ中

午前の授業を終えて

いちど自宅に帰り果物をいただく!!

午後1時のクラスはアン君が誕生日ってことで休憩時間に
小さなShinrai喫茶へ

結構皆さん喫茶の味に厳しい評価

クラスCT23 50課まで終了
この1ヶ月で実力は急上昇
漢字もほぼ読める

会話力も急上昇楽しみなクラスです。
皆さん間食と喫茶が大好き

愉しき授業でした。

帰りにいつものサクラ
まだお腹いっぱいで食べたくなく本日は持ち帰り

午後7時にいただく
飽きない美味しさでした。

久しぶりに学生からもらったか風邪気味
薬服用

伊丹十三のTampopo鑑賞 また十三自身によるナレーションで制作の方法を語る。 その3に動画をシェアします。




Uobe Ken 21歳の誕生日おめでとう!!それにしても皆さんの日本語の力が急上昇でうれしい驚きでした。またね!!

Hoài Ân Uobe Ken はい、ありがとうございます😊😊😊


その4
Trong hình ảnh có thể có: 5 người, mọi người đang cười, mũ
Trong hình ảnh có thể có: 3 người

その3 タンポポ動画と制作の裏話 一六のタルトの話に感激 タルトが食べたい!! 伊丹の松山弁は本物 松山東や我が母校の松山南に在籍していたのですから!! ちょっとキュウウンでした。

YOUTUBE.COM
The Making of Tampopo / Jyuzo Itami no Tampopo Satsuei Nikki / (1986)
English subtitles.

その1 我が体重変化 Gooブログのシェア その1


この下のクリックお願いします!!!
↓↓↓↓↓

コメント   この記事についてブログを書く
« その1 食べれば排泄 体重... | トップ | 突然パソコン3台ともインター... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事