New Life in VungTau 在越10年目の感動 新ブンタウ生活毎日アップ

一目ぼれサイゴン引っ越しブンタウ生活スタート
会社と大学で2017年5月開始 楽しみウキウキ生活報告

その2 我が誕生日に皆さんからたくさんの思い出プレゼント 感謝深謝

2019-07-12 00:15:05 | Weblog
その2 我が誕生日に皆さんからたくさんの思い出プレゼント 感謝深謝

本日は朝から晩まで歩き回りました。
小一時間帰宅してスリープ

起きると足が引きつります。

でも30分すると
もう大丈夫
ひきつり終了しています。

ってことで本日ラストのブログ

我がフェイスブックにはたくさんのブログをアップしています。

まずは
そのコピペ

我が家に帰宅する寸前の
朝日寿司で食事のブログ その21がラスト

そして帰宅すると4時間15分の夕方の散策でした。

足の引きつり納得

我がフェイスブックは我が認知してないっていうか
ほとんど利用してないフェイスブックも2個あり

そこにも誕生日おめでとうのメッセージがたくさん
みなさんどうもありがとうございました。

この場を借りて
お礼申し上げます。

皆さんに一人一人に返事したいのですがそれは時間がなくてごめんなさいね!!!

その21のフェイスブックは毎日利用しています。
できるだけ返事するようにしています。

でも本日は特別
あまりにたくさんで返事できません!!!

この場を借りて
お礼申し上げます。

それではコピペ


その21 やっぱし夕食は朝日寿司

8:48pm@朝日寿司

野菜不足でサラダ2種
でもボリューム多くてお腹がパンクしそう。
ご飯も2杯

もう一つのサラダ撮り忘れ







その20 例のアイスクリーム店で休憩

7:30pm

美味しいです。






















その19 旗の下公園でダンスグループ

朝のグループより品あり

風がビュービューで
とっても気持ちよく音楽を楽しみながらダンスと夜景

最高のバースデープレゼントです。

7:05pm@旗の下公園


その18 半月と国旗と木星

6:50pm@旗の下公園

すっかり日も暮れて
真っ暗な空にお月さま

そして風が吹き始め気持ち良し

なぎさを最南端知覚まで行き
ThuyVanStreetに出て
写真を撮りながら
旗の下公園に

写真は反経時的にアップです


その17 日の入り直前

6:00pm@旗の下公園の前の渚からアップ

好天で家族連れがいっぱい

まだ二十歳前後のママが多い

教育を受けて大卒になると
結婚年齢はあがってしまうベトナム

日本なんて三十代で未婚もおおし

幸せって二十歳くらいで結婚して
五六人子どもを得て
六十代で天国
ちょっと憧れ

でも
しぶとく我輩のように
恩師の一番若くいった先生81
最長91 それを超えてベトナムで生活もよし

なんて不遜な考えが歩きながら目覚めました。


その16 夕方の散策

雨季に珍し我が誕生日を祝福か3日続きの好天

5:30pm@ビーチ

我がバースデーを祝福する青空

半月も海も空も美しい


その15 16:53 なんと故郷のGiaLai省に帰省中 のTam
ちゃんから誕生日おめでとうチャット

ありがとう

本日は男子3名の授業のあとで昼食へ
とっても厳しく教えています。
3人だと可哀そうだが
効率はいい

昼食は朝日寿司
Xuan さんとHanh さんと3人で!!!

4:57pm@Home

— với Hanh Nguyen và Vương Xuân.
Trong hình ảnh có thể có: món ăn
Trong hình ảnh có thể có: Hanh Nguyen và Vương Xuân, mọi người đang cười, mọi người đang ngồi, món ăn và trong nhà
Trong hình ảnh có thể có: Vương Xuân và Hanh Nguyen, mọi người đang cười, mọi người đang ngồi và trong nhà
Trong hình ảnh có thể có: 3 người, bao gồm Vương Xuân và Hanh Nguyen, mọi người đang cười, mọi người đang ngồi, bàn và trong nhà

















夕方の散策スタート





























































最南端近くまで渚を通って































そしてThuyVan通りに出ます。

ここからの眺めは最高







そして旗の下公園着















そしてアイスクリーム休憩







そして久しぶりのプルマンホテルを抜けて朝日寿司目指す










以上はスマホ写真
次に日付の入ったデジカメ写真

















































以上
スマホとデジカメ写真








その14 大好きな先生 ときおり敬愛するマナちゃん先生は
アンチエイジングのセミナーの講師としてお手伝いしているみたいです。

でもでもお父様はもっと大好きでした。

でもパワフルです。88歳 米寿 凄い

わたしもベトナムで米寿を目指します。

心のアンチエイジング~米寿になって思うこと

それではシェア

2019年7月9日
コラム
読書こそ、心のアンチエイジング

映画「マイブックショップ」は東京・飯田橋ギンレイホールほか全国で上映。 2017Green Films AIE,Diagonal Televisio SLU,A Contracorriente Films SL,Zephyr Films The Bookshop Ltd.
映画「マイ・ブックショップ」は東京・飯田橋ギンレイホールほか全国で上映。
2017Green Films AIE,Diagonal Televisio SLU,A Contracorriente Films SL,Zephyr Films The Bookshop Ltd.

 今年評判になった映画「マイ・ブックショップ」は僕のような本好きには 堪たま らない作品です。イギリスの田舎町に本好きの未亡人がブックストアをオープンする。本好きだった亡き夫の遺志を継いで。それを快く思わぬ町の有力者があらゆる手を使ってイジメを続け、ついに彼女は撤退を余儀なくされる。

 今、ネットに駆逐されつつある印刷本の姿がかぶさってきます。だが、映画は“本よ永遠に!”という力強いメッセージで幕を閉じます。電子本が印刷本に取って代わることは絶対ありえないし、許せないと思うみなさん、ぜひこの映画をご覧ください。また書籍と 馴染なじ みの薄い世代こそ、印刷本を見直す機会に!

液晶の文字は無機質なメッセージ
 パソコンが導入され、インターネットが普及し始めた時、グーテンベルク以来の大革命ともてはやされました。IT革命が進み、AI(人工知能)へと進み始めると、革命は革命ですが、人知を破壊する革命ではないかと恐怖を感じるようになりました。ちょうどコントロールが利かなくなったがん細胞の観があります。我々は既に原爆・原発という「プロメテウスの火」を持て余しているのではないか? 人の道具であるべきテクノロジーが、人の手を離れて人を脅かすようになっています。

 電子ブック「キンドル」が出始めた時、早速送ってくれた友人がいましたが、紙に印刷された本で育ったものにはどうも馴染めませんでした。タブレットの液晶画面に現れる文字群は、意味のある中身というよりは、電光掲示板に映される無機質なメッセージ、例えば現在の気温とか、列車の到着の通知などと同列の……。

本と液晶画面では脳での扱いが違う?
読書こそ、心のアンチエイジング
 それに反して印刷され装丁された本は、それ自体が「小宇宙」であり、「宝石箱」です。そして背後には著者の息遣いを感じることすらできます。最近の認知大脳生理学の発達で、脳の機能の局在性が明らかになってきましたが、おそらく脳の中でのしまわれ方、つまり記憶のされ方は、本と液晶画面では扱いが全く違うのではないでしょうか。

 記憶を 司つかさど るのは大脳の海馬とされています。そして海馬は扁桃体と連携しながら、記憶の取捨選択をします。 扁桃へんとう 体は好き嫌いとか恐れとかの感情に関わる部位です。本は一つの物体として保存されるのではないかと思います。その中にはコンテンツもあるし、手に持った感触やページを繰る動作も含まれているのではないでしょうか?

 ですが、電子ブックの場合は、おそらく本の時のように保存機能が働かず、液晶画面が消えると同時に脳でも消去されるのではないかと僕は考えます。

そもそも僕は本のネット販売が馴染めません。

 本屋に赴き、本棚の迷路をさまよい、一冊一冊手にとってページをめくり、また本棚に戻す。これを繰り返しながら、場合によってはその一冊をキャッシャーに持ち込む。このプロセス自体が、本好きにとっては楽しみなのです。

 と言って僕は、インターネットの世界を否定するわけではありません。十数年来、ほとんどの連絡業務はeメールに頼り、またブログやフェイスブックなども活用してはいます。

大切にしたいのは人の営み
 そもそも今、僕が最も大切にしたいのは「人の営み」です。営みという「言葉の響き」かもしれない。それは 温ぬく もりを感じさせます。本を読むという行為も大切な営みの一つと僕は考えます。営みとは何も特別な行為でなく、日々の務めです。朝起きて夜寝るまで、3食を 摂と り、仕事をし、家族を養い、友達と語らうといった。さらには人と人との関わり、街づくり、ボランティア活動。そして医療行為も。

 その営みの助けとして、人類は道具を開発してきました。たとえ人力の百倍千倍の力があろうと、「プロメテウスの火」の出現までは、あくまで人間がコントロールし、使いこなせる道具に過ぎませんでした。

 印刷術は書物を庶民のものとし、「知の拡散」に役立ってきた。腐敗したカトリック教会に対し、宗教改革の火の手が上がったのも、聖書が庶民に普及したおかげと言えます。ですが、AIはどうも違うようです。心を持ちません。下手をすると「知」を破壊し、寒々とした「心」をつくっていくように思えます。

40年前、パソコンが導入された当時、プログラマーと話して違和感を覚えたのを思い出します。

 こちらが何を聞いてもパッと答えが返ってこない、まずスタートボタンを押す。そして、あれかこれかの二つから選択する。あれを選べば……と、まるでパソコンのプログラムのアルゴリズムを脳でも展開しているような感じ。これがデジタル人間かと気づかされました。

 みなさん「活字文化」に戻りましょう。「本」を手にして、まず 掌てのひら で重みを受け止め、指でページをめくりながら、紙の感触を楽しみましょう。そしてゆっくりと内容を味わう。この素朴な営みを通じて、豊かな感性を取り戻しましょう。読書こそ「心のアンチエイジング」ですから。(塩谷信幸 アンチエイジングネットワーク理事長)


YOMIDR.YOMIURI.CO.JP
読書こそ、心のアンチエイジング : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)
今年評判になった映画「マイ・ブックショップ」は僕のような本好きには 堪(たま)…
Thích
Bình luận
Chia sẻ
Bình luận
Uobe Ken
Viết bình luận...


‎Uobe Ken‎ đến Ken Uobe
7 giờ ·
朝日新聞デジタル
·
その13  我が誕生日にいい報告が沢山でハッピー

「100点満点の1000点」 はやぶさ2成功で関係者喜びの会見
7/11(木) 17:11配信 毎日新聞
「100点満点の1000点」 はやぶさ2成功で関係者喜びの会見
探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウへの2回目の着陸を成功させ、記者会見で「(この日の成功は)100点満点の1000点」と笑顔を見せる津田雄一・はやぶさ2プロジェクトマネジャー=相模原市中央区で2019年7月11日、永山悦子撮影
 採点すると100点満点の1000点――。探査機「はやぶさ2」が11日、小惑星リュウグウへの2回目の着陸を成功させた。太陽系が生まれた46億年前の姿を残すとされる小惑星の、さらに太陽などの影響を受けていない地下の物質の採取に成功したとみられる。津田雄一・プロジェクトマネジャーは11日午後、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙科学研究所(相模原市)で開かれた記者会見で、「太陽系の歴史のかけらを手に入れることができた。(運用は)言うことなし。パーフェクトだった」と振り返り、想定を超える「1000点」という点数で表現してみせた。

【写真】小惑星リュウグウの表面の画像

 津田さんは成功の背景について、「チームワーク以外のなにものでもない。メンバー一人一人が大切な役割を全うした。度を超えたともいえる自己批判能力を発揮し、意地悪な想定を積み重ね、実現を引き寄せた。その結果、本番では本当に何もなく、心配がうそのようにうまくいった」と分析した。

 はやぶさ2がリュウグウへ着陸後に上昇しながら撮影した画像も公開された。はやぶさ2の下に大量のリュウグウの破片が舞う様子が写っていた。はやぶさ2の科学分析のとりまとめを担当する渡辺誠一郎・名古屋大教授は「目標としていた場所と1メートル前後の誤差で、かなりの高い精度で着陸できたのではないか」と説明した。

 さらに、渡辺さんは、画像に写っていた破片について「1回目の着陸でも破片が多く写っていたが、少し違って見える。1回目よりも明るく、細かいような印象だ。上空からの観測では、リュウグウはどこも一様な性質なのではないかと考えられていたが、このような小さな天体でもバラエティーに富んでいることが分かった。これこそ着陸を2回実施した意味だと思う」と話した。着陸した瞬間に採取装置先端を撮影した画像にも、多くの破片が飛び散っている様子が写っており、「これも1回目よりも多く、興味深い」(渡辺さん)という。

 津田さんは「はやぶさ2は、私たちにとっては管制室のメンバーの一員。本当によくやったと言いたい。リュウグウにも『牙をむいた』などと言ったが、試料を手渡してくれた。せっかく渡してくれたので大事に扱い、大事に分析したい。リュウグウにはあと半年ほど滞在するので、残りの時間を一日たりとも無駄にしないように運用していく」と話した。

 JAXAによると、はやぶさ2は正常に飛行しており、既に試料が入った容器のふたを閉める作業を実施したという。はやぶさ2は2020年冬に地球へ帰還する。【永山悦子】


ASAHI.COM|BỞI 朝日新聞(THE ASAHI SHIMBUN)
はやぶさ2、再着陸成功 46億年前の砂や石、採取か:朝日新聞デジタル
 小惑星探査機「はやぶさ2」が11日午前、2回目の着陸に挑み、見事成功しました。狙っていたのは46億年前の姿を保っている砂や石の採取。今回の再着陸は、はやぶさ2の旅のクライマックスです。今回のミッショ...
Thích
Bình luận
Chia sẻ
Bình luận
Uobe Ken
Viết bình luận...


‎Uobe Ken‎ đến Ken Uobe
10 giờ ·
YouTube
·
その12 福井県が大好きに!!

我が後輩で妹の久子と結婚したのは福井県武生出身
91歳でなくなった井上先生ご夫妻が仲人
もちろん我がファミリーも武生へ行きました。

その福井県がこのビデオで大好きになりました。


Giới thiệu về trang web này
YOUTUBE.COM
養老孟司氏講演会「これからの日本、これからの福井~豊かな森と動植物から考える~」
ブータンミュージアム4周年記念事業「これからの日本、これからの福井 ~豊かな森と動植物から考える~」 1) 基調講演1 「環境福祉時代の福井は如何に!」進士五十八氏 2) 基調講演2 「日本社会、このままで大丈夫?」養....
Thích
Bình luận
Chia sẻ
Bình luận
Uobe Ken
Viết bình luận...


‎Uobe Ken‎ đến Ken Uobe
13 giờ ·
gooブログ
·
その11

我がGooブログのシェア こころなごむ嬉しい誕生日

BLOG.GOO.NE.JP
その1 我が誕生日はビッグなサプライズがいっぱい - New Life in VungTau 在越10年目の感動 新ブンタウ生活毎日アップ
その1我が誕生日はビッグなサプライズがいっぱい令和元年の西暦2019年7月11日の旧暦の6月9日の木曜日ブータンミュージアム4周年記念これからの日本豊かな森と動植物から考える進士五十八さんと養老孟司さん誕生日の今.....
Thích
Bình luận
Chia sẻ
Bình luận
Uobe Ken
Viết bình luận...


‎Uobe Ken‎ đến Ken Uobe
14 giờ ·
その10

はやぶさ2 着陸に成功 小惑星の地下物質、採取できていれば世界初の快挙
7/11(木) 10:26配信 毎日新聞
はやぶさ2 着陸に成功 小惑星の地下物質、採取できていれば世界初の快挙

2回目の休憩

日付変わりました。

午前0時15分アップ
この下のクリックお願いします!!!
↓↓↓↓↓





コメント   この記事についてブログを書く
« その1 我が誕生日はビッグ... | トップ | その1 次男から誕生日祝い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事