New Life in Long Khanh City 73歳の挑戦

ブンタウ生活スタート2年3ヶ月
2019年7月29日から
生活スタート

その2 夕方の散策はポツリ雨のなか突然数分間のお月様出現

2019-07-14 23:59:14 | Weblog
その2 夕方の散策はポツリ雨のなか突然数分間のお月様出現

ポツリ雨の中を帰宅すると
TamちゃんがGiaLai省の故郷からVungTauに帰還していてお土産をいただく!!!

明日は授業参加しますって??
ほんとかな??

あとの連中は明後日から授業参加予定

4人娘は今月24日に倉敷市に向けて出発
吾輩も彼女らを見送りLongKhanh市に今月中に出発だが!!!

絶対に大雨と踏んだが
小雨でおさまりました。

やはり夕方のたくさんの雨で
遠慮したみたい!!!

でも大雨予想で
吾輩は自宅で夕食でした。

写真参考



それでは
いつものように我がフェイスブックのコピペ編集

その9 時折イナヅマが横や縦に走ります。

雨はまだポツリポツリ
でも間違い無く大降り来そう

そんななか
けなげにも
お月さんが数分間
かおをだしてくれました。

本日3回目の旗の下公園

6:58pm@旗の下公園


その8 動画


その7 雨上がり散策も
ビーチは今にも雨ってな感じ

6:27pm@ビーチ


その6 やっぱし美味しい朝日寿司

でも食べ過ぎ
でもでも美味しければOK

天ざるウドンにおにぎりやみそ汁やごはんまで

テンプラはすべてOK

いつもながらお新香は最高















1:45pm


我がブログ内の人気記事ってコーナー大好き

自分のブログながらついつい訪問します。


その5

我がGooブログのシェア
久しぶりにキリスト山と灯台山探訪 by Scooter...
Xem thêm

BLOG.GOO.NE.JP
その1 日曜日はスクーターでキリスト山と灯台山を訪問 - New Life in VungTau 在越10年目の感動 新ブンタウ生活毎日アップ
その1日曜日はスクーターでキリスト山と灯台山を訪問令和元年の西暦2019年7月14日の旧暦6月12日の日曜日おそらくキリスト山と灯台山は20回以上行ったはず!!VungTau1年目はほとんど歩いて2年目は歩きとスクーターも併用だ...

その4 スクーターの特権

夕方前の雨




そして情報を得て散策出発





















海面すれすれでピカリピカリ光っています。
空は真っ暗になり雨が心配も傘は持っています。











そんな中で
数分間お月様が顔を出す

























2回目の休憩
午後11時58分

この下のクリックお願いします!!!
↓↓↓↓↓








コメント

その1 日曜日はスクーターでキリスト山と灯台山を訪問

2019-07-14 11:08:30 | Weblog
その1 日曜日はスクーターでキリスト山と灯台山を訪問

令和元年の西暦2019年7月14日の旧暦6月12日の日曜日

おそらくキリスト山と灯台山は20回以上行ったはず!!

VungTau1年目はほとんど歩いて
2年目は歩きとスクーターも併用

だんだんハードな歩きがつらくなっている感じだが!!!

いずれにしても
スマホで現地からアップしたのは初めての経験

最近ではデジカメよりもスマホがお気に入りです。

欠点は日付を記載できないこととズームが4倍まで
これはデジカメにかないませんが!!

先ずは我がフェイスブックの記事をコピペ


その4 スクーターの特権

キリスト山から灯台山へ移動

これまた初めてスマホで灯台からアップ

9:03am


その3 キリスト像展望台から動画

本日は人が多く右手側のみ!!

8:05am



その2 今朝の散策はスクーター

7:58am@キリスト像下から


その1 キリスト山から初めてアップ

多分20回ぐらい登ったが
いやいやおそらくはもっと!!

キリスト像の下からブログは初めて

7:55am@キリスト像下からアップ



その10 日付変わって我がGooブログのシェア

BLOG.GOO.NE.JP

その2 夕方の散策は最南端からハロン通りフロントビーチ3時間も朝日寿司は客いっぱいで入れず!!!

- New Life in VungTau 在越10年目の感動 新ブンタウ生活毎日アップ

日本はまたもや3連休月曜日は海の日の祝日
吾輩は毎日のように海と山に触れながらのVungTau生活
海の日も来月の山の日も関係ないが!! でもでもそれも今月末で隣のDongNai省LongKhanh市に引っ越し予定...


その9 最南端の小山のてっぺんで!

6:35pm

それでは今朝の散策の写真アップです。

いつものように日めくりカレンダーから1日がスタート







スクーターで旗の下公園へ





















そしてハロン道路を通りキリスト山登り口へ





811段
休まずに登れます。
日常の散策のおかげです。







キリスト体内へ











本日は人がいっぱいで右側の展望台に出ました。













建築当時の写真があります。









キリスト体内をでて下山へ







































昔々山登りを始めたときに
もっとも勉強したことは
高い山は登りよりも
下山が難しいことを

練習すれば3000mの山を縦走も簡単だが
3000mから下山するとこは
膝ががくがくして歩けなることを学んだ

それからは
小山ですら下山を注意して膝と足の筋肉を鍛えることに!!!

そして2年目から北アルプスの下山はノープロブレムに
富士山などは下山は砂地を走っておりても大丈夫に

ってことで今はどこでも登りも下りもOK
73歳の足腰は強しです。

そして次は灯台山へ





































そして出発点の旗の下公園に戻ってきました。




お疲れ様
スクーターと私







そしてThuyVan通りを通り
ロッテマート前を通り帰宅でした。

楽しき4時間でした。

1回目の休憩

午前11時07分

この下のクリックお願いします!!!
↓↓↓↓↓









コメント

その2 夕方の散策は最南端からハロン通りフロントビーチ3時間も朝日寿司は客いっぱいで入れず!!!

2019-07-14 02:07:00 | Weblog
その2 夕方の散策は最南端からハロン通りフロントビーチ3時間も朝日寿司は客いっぱいで入れず!!!

日本はまたもや3連休

月曜日は海の日の祝日

吾輩は毎日のように海と山に触れながらのVungTau生活

それも今月末で隣のDongNai省LongKhanh市への引っ越し新生活ですが!!
それでは本日ラストのブログアップ

日付変わって7月4日午前1時35分

少し雨心配でカッパをもって散策へ

でも途中からお月さまが顔を出しずっと散策の友でした。

渚の砂に足あと残しながら最南端まで
小山の頂上では風が強く
飛ばされそうになるほど

足元に注意しながら下山してハロン通りへ

珍しくハロン通りで大渋滞が!!!
多分初めて!!

お昼の食べ過ぎが気にならほど
お腹も空いてきて朝日寿司到着

こんな混雑は初めて

残念ながらUターンして
夕食を買い物して帰宅でした。




それでは我がフェイスブックのコピペ編集




その9 最南端の小山のてっぺんで!

6:35pm


その8 夕方の散策

最南端のビーチからアップ

6:60pm

















日の入り直前


















風がビュービュー









突然のお月さまの顔出し

2時間ほど顔出しでした。

飛行機も顔出し





渚に沿って最南端まで散策
日は沈み真っ暗に

五感フル活動
感動いっぱいの散策





















































小山を下りてハロン通りへ























朝日寿司到着も客いっぱいでUターン

夕食用にかいもの



さすがに疲れて

シャワーしてネットして横になると1時間のスリープうたた寝でした。

そして日付変わってブログアップでした。



その7 やっぱし朝日寿司

たまらない美味しさ

でも食べ過ぎ

でもいいです!!!

洗濯してから昼食でした。

1:27pm@朝日寿司












その6

世界遺産を空から 大阪・古墳群の遊覧飛行にぎわう
7/13(土) 12:11配信 テレ朝 news

All Nippon NewsNetwork(ANN)

[ 前の映像 | 次の映像 ]
 世界文化遺産に登録されたばかりの百舌鳥・古市古墳群を空から眺める遊覧飛行が13日から3連休限定で始まりました。

 ヘリコプターの発着場となる大阪府堺市の「海とのふれあい広場」には、午前9時半の飛行開始を前に大勢の客が集まりました。この遊覧飛行は百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録を記念して行われたもので、7キロ離れた古墳群をヘリで往復します。飛行時間は6分で、高度約450メートルから世界最大級の前方後円墳の全景を見ることができます。
 利用客:「面白かった」「素晴らしいです!」
 遊覧飛行は15日までの3連休限定で、受け付けは午前9時半から午後4時半の先着順、料金は2人で1万2000円、3人で1万5000円です。


Giới thiệu về trang web này
HEADLINES.YAHOO.CO.JP
世界遺産を空から 大阪・古墳群の遊覧飛行にぎわう(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース
世界文化遺産に登録されたばかりの百舌鳥・古市古墳群を空から眺める遊覧飛行が13日か - Yahoo!ニュース(テレビ朝日系(ANN))
Thích
Hiển thị thêm cảm xúc
Bình luận
Chia sẻ
Bình luận
Uobe Ken
Viết bình luận...

‎Uobe Ken‎ đến Ken Uobe
13 giờ ·
その5

韓国民の怒り文大統領に向く
7/13(土) 11:04配信 Japan In-depth

韓国民の怒り文大統領に向く
G20大阪サミット出席のため来日した韓国・文在寅大統領夫妻(2019年6月27日 関西国際空港)。結局、日韓首脳会談は行われなかった。 出典:韓国大統領府ホームページ

【まとめ】
・輸出優遇撤回が韓国ネット世論を「文在寅討つべし」に変えつつある。

・「半島統一は利益」に疑問抱く韓国民が増え、日本との協調再認識。

・安倍首相の奇襲は成功。韓国民の怒りのブーメランが文大統領へ。

韓国民の怒り文大統領に向く
日韓首脳会談(2018年9月25日 米・ニューヨーク)出典:韓国大統領府ホームページ
【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=46837でお読みください。】

日本政府が韓国に対して与えていた輸出手続き優遇措置を撤回したことによって、韓国経済が潜在的に受ける大きな損害の規模が明らかになるとともに、韓国の輸出管理体制に疑問符がつき、韓国政府の経済運営や外交能力の信用が失われた。

こうしたなか、韓国ネット世論の潮目が変わった。文在寅大統領が推進する「中露朝韓vs.日米」という新たな枠組みよりも、従来の「日米韓vs. 中露朝」の構図が、韓国民の利益が大きいのではないかという自発的な心変わりの萌芽が見られるのである。

■ 「日本討つべし」が「文在寅討つべし」へ

去年暮れから今年初頭の海自機レーダー照射事件の際には、韓国世論ではほぼ99%、「安倍憎し」「日本憎し」、そして「日本討つべし」との声が支配的であった。ところが、現在の局面においては「安倍憎し」「日本憎し」が変わらないものの、「日本討つべし」が「文在寅討つべし」に変わりつつある。

日本とのケンカで得る利益と被害の比較が冷静に行われ、明らかに損害が利益を上回るとの認識が支配的になりつつある。そのため、「間違った人物を大統領に選んだ」「文在寅が退いてこそ国が生きる」などの声が多くみられるようになった。

これが日本に強制されたわけではなく、自発的に韓国民から出てきた世論であることが重要である。特筆すべきなのは、現在収監中の朴前大統領の政権末期に彼女に対して浴びせられていた「弾劾せよ」「監獄に送れ」との表現が文現大統領に対して使われる頻度が、ここ数日で増えていることだ。

つまり、表の世論調査で支持率が50%に再上昇したはずの文政権が、ネット世論上では国民の支持を失いつつあるということである。

■ 自国政府の説明が信じられない

北朝鮮を利する韓国の瀬取りについても、半年前は自国政府の説明を信じ、「日本を討て」との声が支配的だったが、今月に入って日本側の説明を信じる書き込みが増えている。

韓国民は日本国民とともに「当事者」であり、毎日のように日韓の争いの情報に接しているから、外野の欧米人より潜在的な理解力が高い。韓国政府の説明に感じていた疑問というパズルの穴に、敵国日本の政府の「戦略物資を北朝鮮に横流し」の説明のピースがピタリとはまったということだ。

韓国民の心情は相変わらず「安倍憎し」「日本憎し」ではあっても、韓国に経済上の人災をもたらしているのは、自国の「文災害」大統領であり、倒すべき対象は日本ではなく、文氏であるという認識だ。

この点で安倍総理の投げた報復の爆弾球は、ストライクゾーンど真ん中で炸裂し、文大統領は深傷を負っている。韓国民は政治の潮目が変わると、歴代の為政者に対して、池に落ちた犬を叩くような行動を見せてきた。朴前大統領が血祭りにあげられて失脚したような、「あの雰囲気」「あの兆候」が再び見え始めている。

韓国民の怒り文大統領に向く
南北首脳会談(2018年4月27日 板門店)出典:韓国大統領府ホームページ
■ 揺らぐ「半島統一は韓国民の利益」の根拠

文政権は、北朝鮮と韓国の連邦制統一を念頭に置いた「中露朝韓vs.日米」という新たな枠組みを国民に提示し、「民族の感動的な再統一」「経済特区の共同開発による発展」など、観念的で画餅に過ぎない「利益」を強調してきた。

その南北共通の敵である日本と韓国の対立を深め、北朝鮮との連携を深める手段として、文政権は金正恩朝鮮労働党委員長と歩調を合わせて、従軍慰安婦や徴用工、海自機レーダー照射事件などありとあらゆる日韓離反・朝韓合一のための機会を利用してきた。それが、韓国民の利益になるとの触れ込みであり、韓国民もそれを信じてきた。

ところが、日本による対韓輸出優遇の撤回により、そうした理想郷を謳う言説が信用を失った。韓国のネット世論を日本語に翻訳する「カイカイ反応通信」によれば、以下のような書き込みが目立つ。

 「私が生きてきて、日本の主張がこんなにも理解できたのは初めてだ…wwwwwww」
 「韓国経済が粉砕されて、国民だけが死んでいく」
 「1億ウォンの補償を受けて証券市場100兆ウォンをふっ飛ばすという」
 「最低賃金引き上げで零細事業者を粉砕、週52時間勤務制で中規模企業を粉砕、そして今、反日で大企業を粉砕。本当に文在寅が退いてこそ国が生きる」
 「我々が日本と反目して得る利益よりも、損害のほうが大きい」
 「日本は傷だけ負うが、我々は死ぬ。我々が死ねば、その果実は米国と日本が食べる」
 「文災害とその支持者よ、感情だけで生きることが、どれほど愚かなことなのかを悟れ」
 「だから選ぶなと言っても選んだのは誰なのか。国民はさらに被害を受けなければならない」

■ 戻ってきたブーメラン

文大統領の「半島統一は韓国民の利益」の言説の信用が揺らぎ、日本が嫌いであっても日本と協調する利益が再認識され始めている。

これから韓国世論やネット世論がどのように動くかは、予想できない。だが、文政権に対する韓国民の信頼を動揺させ、彼らの損得の利益思考に重大な影響を与えたという点を見るならば、安倍総理の奇襲攻撃は満足のいく所期の成果を収めたといえよう。

文政権が、北朝鮮から日本に向けさせていた韓国民の憎悪や怒りが、ブーメランとなって文大統領に向き始めているからだ。同時に、これは日韓を離反させて地政学的な利益を得てきた中露朝への打撃であり、事実、北朝鮮は今回の輸出手続き優遇措置の撤回に対して、感情的な反応を見せている。

半島統一そのものは止められなくても、それに根源的な疑問を抱く韓国民を増やしたという意味で、日本政府は一矢を報いたと言えよう。

岩田太郎(在米ジャーナリスト)


HEADLINES.YAHOO.CO.JP
韓国民の怒り文大統領に向く(Japan In-depth) - Yahoo!ニュース
・輸出優遇撤回が韓国ネット世論を「文在寅討つべし」に変えつつある。・「半島統一は - Yahoo!ニュース(Japan In-depth)
Thích
Bình luận
Chia sẻ
Bình luận
Uobe Ken
Viết bình luận...


‎Uobe Ken‎ đến Ken Uobe
13 giờ ·
gooブログ
·

2回目の休憩

午前2時06分

この下のクリックお願いします!!!
↓↓↓↓↓







コメント