嫌札幌~札幌が嫌いなブログ

札幌生まれ、札幌育ち、札幌在住な私が札幌を批判します。札幌嫌いな人集まれ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

札幌市内の○ンクスで起きた悲劇

2015年08月01日 00時50分16秒 | 嫌札幌
札幌が嫌いな個性と情熱に自信を持っている私だが、実は無類のソフトクリーム好きなため今の時期はアイスを食べる機会も多い。
参照:やっぱりここ(石狩市)は札幌じゃないんだなーと感じた瞬間
参照:某コンビニにて改めて札幌を体感する
参照:苫小牧ー登別を通って感じたこと

ところで現在、コンビニエンスストアの○ンクスのレジでソフトクリームを作って販売してくれるシステムをご存知だろうか?
(気になる方は「参照:苫小牧ー登別を通って感じたこと」を一読願いたい)

そう、その場で作ってもらうソフトクリームと冷凍庫などで販売されているソフトクリームでは全くの別物だということを説明したい。

まず冷凍庫に保存販売されているソフトクリームの場合、クリームが硬くコーンの感触も悪く新鮮味にかけるのだ。

しかしその場で作ってもらえるソフトクリームだとクリームが滑らかで味も濃厚でありコーンのサクサク感が超たまらない

そんなソフトクリームを気軽にコンビニエンスストアで何時でも購入できる○ンクスに感動しており、ちょっとでも札幌市外に出た際は必ず○ンクスに寄ってはソフトクリームを食べていたのだ。

しかしある日、妥協をして札幌市内にある○ンクスに寄ってソフトクリームを頼んだ際に悲劇が起きた

店員が札幌市内特有の機械的性質、余所余所しさを発揮しまくっており嫌な予感がしていたのだが、それが思わぬ形で的中してしまったのだ。

通常、○ンクスで提供しているソフトクリームはカップにするかコーンにするか選べることができるのだ。

私はコーンのサクサク感が大好きなので毎回必ずコーンを選択しており、今まで何度も食べたがカップを選んだことは1度も無かったのだ。

通常なら店員が「コーンとカップどちらにしますか?」と聞いてきてくれるのだが、何も聞かれなかったのである


俺「抹茶のソフトクリームお願いします」

店員「はい」(←さっさとしろと言わんばかりに顔も合わせず、笑顔も無く、機械的に超余所余所しい対応)

俺(札幌の店員らしい対応だな…コーンかカップを選択してないけれどどうなるんだ?)

俺(こんなに急かすように余所余所しくされたら、こっちから何もいえねーよ)

俺(コーンじゃなくカップで持ってきそうな気がする…)


そしてその予感はやっぱり的中したのだ

店員が持ってきたのはコーンではなくカップのソフトクリームだった。

気分良くコーンのソフトクリームを食べて帰るつもりが、何ともいえない敗北感を感じながらカップのソフトクリームを食べている自分がそこに居た。

確かに美味しいのだが、心の底から味わえない自分、妥協した自分に納得ができず、帰りに近所のスーパーで小ビールと小アイスを買って帰宅してしまった。




それにしても札幌社会のコンビニ店員の接客は本当に酷い。

普段が普段、札幌社会のコンビニも避けているため、たまに札幌のコンビニを気まぐれで利用してしまうとその酷さが相当に異常に感じてしまう。

コンビニに限った話ではないのだが、札幌社会の接客というのは本当に札幌特有の基本を度外視した札幌特有の酷さを感じる。

これがわからない、気づくことが出来ない札幌人はある意味ではハッピーだ。
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 札幌に憧れ幻想を持っている... | トップ | ビギナーズラックな店員 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
企業理念が無効化する札幌社会 (spike55)
2015-08-02 01:34:39
*不適切な投稿でしたら、申し訳ありません。

管理人様が気分を悪くする気持ち、よくわかります。

>札幌特有の、基本を度外視した
>札幌特有の、酷さ

私も、閉口しています。労せず実を得ようとする浅ましさたるや吐き気を覚えます。

コンビニだけではない、おもてなしを大切にする鶴雅リゾートでさえ、札幌市内(赤レンガテラス・定山渓「森の謌」)とそれ以外での接客の差には、驚くべきものがあります。

鶴雅ビュッフェ札幌での対応。
・記念日の食事を予約しようとした。
・2名で個室を利用したかった。
・しかし、店ルールでは個室は3名以上の利用が原則。

支笏湖「水の謌」を何度も利用しており、是非札幌で記念日の食事をしたいと相談するも、

・「規則だから(原文まま)2名で個室は利用できない」とけんもほろろ。3名分料金を支払うと言っても、頑強な態度は変わらず。
・記念日、リピーターであることは一切無視。
・法人として利用経緯あることを伝えると、一転して「担当部署と相談します」と態度を変えた。

◆鶴雅グループ企業理念
http://www.tsurugagroup.com/company/idea.html
「お客様の立場にたって、小さな感動…」

狩勝峠と夕張川を越えると、この言葉が嘘になるのだろうか。

記念日当日は、嫁を東京に連れ出すことにしました(苦笑)。
Unknown (札幌人が嫌いな札幌人)
2015-08-02 09:18:35
札幌市内のコンビニ本当に酷い

・温めてもらった弁当と冷たいドリンクを了承を取ることなく無言で
同じ袋にブチ込む。冷たいドリンクと雑誌・本の組み合わせも同様

・ポイントカード発行してるコンビニにもかかわらず
誰がレジしていても絶対にカードの提示の声掛けをしない謎な店舗

・客が店側へ気を遣ってフォーク並びしていて、
それを気が付かず川並びして結果的に割り込みになってしまっている
客を何事もないように対応する店員

等々・・・上げればキリがなくなりますね

機械的な接客は札幌のデフォなんでもうあきらめてますが
その仕事によって対価を得てる以上機械的でもこなさないとならない業務
それすらもまともにこなせない店員が多すぎ

札幌人労働者の気質が如実にあらわれてしまってるのが
札幌市内のコンビニ店員ですね
同じ札幌市内のコンビニ店員でもアジア系留学生のほうが
よほどマシな仕事してると思ってしまう
Unknown (管理人)
2015-08-04 10:20:47
>>spike55様

おっしゃるように企業理念などは札幌社会では無効化する傾向にありますので、それを真に受けて念頭に置いた上で企業側と接するとこちらが痛い目にあってしまうことも珍しくないのが札幌社会の現状ですよね!


>>札幌人が嫌いな札幌人様

コンビニなど身近にある生活施設ほど札幌社会の悪しき性質が形となって現れているようにも思います。
機械的な接客に加え、業務もこなしていただけないとなるとどうしようもないですね。
私なら機械的な接客が無ければコンビニくらいの細かい事は気にしないようにしたいですが、機械的接客が加わっているとなると気にしないようにしたくとも、気になってしまうものです。