嫌札幌~札幌が嫌いなブログ

札幌生まれ、札幌育ち、札幌在住な私が札幌を批判します。札幌嫌いな人集まれ!

札幌市内の○ンクスで起きた悲劇

2015年08月01日 00時50分16秒 | 嫌札幌
札幌が嫌いな個性と情熱に自信を持っている私だが、実は無類のソフトクリーム好きなため今の時期はアイスを食べる機会も多い。
参照:やっぱりここ(石狩市)は札幌じゃないんだなーと感じた瞬間
参照:某コンビニにて改めて札幌を体感する
参照:苫小牧ー登別を通って感じたこと

ところで現在、コンビニエンスストアの○ンクスのレジでソフトクリームを作って販売してくれるシステムをご存知だろうか?
(気になる方は「参照:苫小牧ー登別を通って感じたこと」を一読願いたい)

そう、その場で作ってもらうソフトクリームと冷凍庫などで販売されているソフトクリームでは全くの別物だということを説明したい。

まず冷凍庫に保存販売されているソフトクリームの場合、クリームが硬くコーンの感触も悪く新鮮味にかけるのだ。

しかしその場で作ってもらえるソフトクリームだとクリームが滑らかで味も濃厚でありコーンのサクサク感が超たまらない

そんなソフトクリームを気軽にコンビニエンスストアで何時でも購入できる○ンクスに感動しており、ちょっとでも札幌市外に出た際は必ず○ンクスに寄ってはソフトクリームを食べていたのだ。

しかしある日、妥協をして札幌市内にある○ンクスに寄ってソフトクリームを頼んだ際に悲劇が起きた

店員が札幌市内特有の機械的性質、余所余所しさを発揮しまくっており嫌な予感がしていたのだが、それが思わぬ形で的中してしまったのだ。

通常、○ンクスで提供しているソフトクリームはカップにするかコーンにするか選べることができるのだ。

私はコーンのサクサク感が大好きなので毎回必ずコーンを選択しており、今まで何度も食べたがカップを選んだことは1度も無かったのだ。

通常なら店員が「コーンとカップどちらにしますか?」と聞いてきてくれるのだが、何も聞かれなかったのである


俺「抹茶のソフトクリームお願いします」

店員「はい」(←さっさとしろと言わんばかりに顔も合わせず、笑顔も無く、機械的に超余所余所しい対応)

俺(札幌の店員らしい対応だな…コーンかカップを選択してないけれどどうなるんだ?)

俺(こんなに急かすように余所余所しくされたら、こっちから何もいえねーよ)

俺(コーンじゃなくカップで持ってきそうな気がする…)


そしてその予感はやっぱり的中したのだ

店員が持ってきたのはコーンではなくカップのソフトクリームだった。

気分良くコーンのソフトクリームを食べて帰るつもりが、何ともいえない敗北感を感じながらカップのソフトクリームを食べている自分がそこに居た。

確かに美味しいのだが、心の底から味わえない自分、妥協した自分に納得ができず、帰りに近所のスーパーで小ビールと小アイスを買って帰宅してしまった。




それにしても札幌社会のコンビニ店員の接客は本当に酷い。

普段が普段、札幌社会のコンビニも避けているため、たまに札幌のコンビニを気まぐれで利用してしまうとその酷さが相当に異常に感じてしまう。

コンビニに限った話ではないのだが、札幌社会の接客というのは本当に札幌特有の基本を度外視した札幌特有の酷さを感じる。

これがわからない、気づくことが出来ない札幌人はある意味ではハッピーだ。
コメント (3)