渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う(パンセ) 渓流詩人の徒然日記 ~since May, 2003~

映画『エンジェル ~僕の歌は君の歌~』

2004年11月13日 | 映画・ドラマ・コミック


 その恋には、翼があった。
 彼女は、天から降りてきて、恋の不思議さを教えてくれた。
 でも、恋がもつ本当のチカラは、まだ知らなかった。(ジャケットより)
                    
 映画『エンジェル ~僕の歌は君の歌~』(1992年)を観た。
 出演:大地真央/織田裕二/和久井映見/三木のり平
 
 オープニング。
 エルトン・ジョンの「YOUR SONG」がバックで流れる。
 竜彦(織田)は雨の中、偶然の出来事から香織(和久井)と出会う。
 いつしか二人は愛し合い、泣き、笑い、別れまでの5年の歳月が
 無声シーンとして流れていく。

物語は香織が竜彦と別れる雨の夜から始まる。
自分に自信を失っていつまでもプロポーズしてくれない竜彦にあてつけ
るように香織は見合いをした。
竜彦は香織の真意を汲み取れず、止めることもなくあきらめてしまう。
  
ある日、駅で竜彦は美人の天使の爽子(大地)と出会う。
彼は香織があと7日で死んでしまうことを知る。
香織のためにできる限りのことをしようとする竜彦。
感情を持たなかった天使は、やがて竜彦の真剣な姿に惹かれて恋をする。
天使は掟を破って、彼の力になろうとする。
「その人のために何かをしてあげたい。人を好きになるってこういうこと
 なのね・・・」
しかし、掟を破ると、人間はすべての記憶がなくなり、天使は人間になる
かわりに急激に老化してしまう。
香織を助けることで、自分のことさえ竜彦は忘れてしまう。
恋の苦しみを爽子は初めて知る。

ラストシーン。
命が助かり、記憶がないまま街ですれ違う香織と竜彦。
そこにかつての出会いのときと同じ雨が降って来た。
雨に打たれ、はっと気づくように見詰め合う二人。
それをガラス窓ごしに見守る年老いた元天使の目から涙が流れる。
このとき、人になった天使爽子は、竜彦に記憶が甦ることで、自分がそば
にいたことを思い出してくれることに気づき、微笑みがちに涙顔を上げる。
部屋の中には、かつて人に恋した時の若く美しい爽子の写真があった。
窓の外では、今、瞠目しあって駆け寄ろうとする二人。

数ある恋愛邦画で最高のラストシーン。
感動で胸がしめつけられる。
決して消えなかった固い愛の記憶とそれを見守るもうひとつの愛。
僕にとっては名作。