渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う(パンセ) 渓流詩人の徒然日記 ~since May, 2003~

映画『カサブランカ』

2003年09月27日 | 映画・ドラマ・コミック

映画『カサブランカ』を独りでじっくりと観た。
ともするとイルザというキャラが沈んでいるようにも思えるイングリット・
バーグマンの演技の持つ透明感は何だろうと、ずっと疑問だった。
DVDの本編付録の解説によって僕の疑問は氷解した。
本作品は脚本が撮影中に何度も書き直しがされたのは有名な話だが、実は
彼女には最後までボガード演じるリックと結ばれるのか、夫であるビクター
(ポール・ヘンリード)について行くのかが知らされてなかったのだそうだ。
何度も彼女は製作者に結末を尋ねたが、撮影中は「あくまで、中立の立場で
演じてくれ」と言われていたという。彼女自身は後年までこの作品が「名
作」とされる理由が理解できなかった、と彼女の娘のローレン・バコールは
語る。
作品を改めて観ると、台詞のひとつひとつが「気障」と喧伝されるようなも
のではなく、とても含みの深い台詞ばかりと気づく。
僕にとっての焦眉は、ボギーの「格好よさ」とかバーグマンの「美しさ」など
ではなく、自己犠牲の生々しい魂=愛のやりとりだった。
それは、1942年という製作時期・世情がこの作品の背景に厳然と存在して、
その中での男と女、人と人の巡り合いと行く末、絶望と希望と行動が描かれ
ているからだ。
ナチスにより国を侵され、人が冒されていく。
そして、力により踏みにじられた人々の中に蓄積したレジスタンスが作品の
中に一本の柱として存在する。そこで、決して口には出さないが、人として
真に求め合うものの共同意識がふつふつと地下水脈のように息づいており、
希望にどう向かってどう身を振るかが登場人物たちには迫られるのだ。
むろん、世界情勢とは無縁な孤島の楽園での寝食色恋物語ではない。
「生きる」ことにも「恋する」ことにも命懸けでなくてはならない時代。
作品が製作された時代が時代なので、舞台設定・背景が実にリアルなのだ
が、それがおどろおどろしく感じないのは、視覚映像を撮らせたら随一だった
カーチス監督の手腕でもあるだろう。

DVDには戦後のアメリカでのTVシリーズの映像もついている。
これはさすがに戦後直後。映画作品とは全く空気が違っていた。
大戦中のレジスタンスの心を登場人物の背景に置いたものではなく、いわゆ
るアメリカ国家主義的作品だ。
こちらは、まるでネイティブアメリカンを襲う騎兵隊に拍手を送る人々が喜
びそうな仕上がりである。


この記事をはてなブックマークに追加