仮面の告白『雲の上の虹』

この世の誉・不正・不道徳・破廉恥・権力者を追及し、無害なことも記録しつつ、雲の上の虹をめざす枕流亭の日記(日乘)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

都知事選  小林よしのり氏が小池氏の「病み上がり」発言に言及した件

2016年07月22日 | 

  都知事選に立候補している小池百合子氏が某番組で淫行疑惑が報じられた鳥越氏に対して使ったとされる「病み上がり」発言に対し、言論人でもある漫画家の小林よしのり氏がニュースサイト「BLOGOSス)」に「小池に鳥越が噛みついた件」と題して見解を投稿しし、公人になろうとする者の決意のほどがいかに大切かを問うた。

  小林氏の大意は、都知事たるもの健康に担保がなくてどうするのだということだ理解した。

 

 平均的に、左系の方は「区別」と「差別」の違いをあえて認めない傾向があるように思えるがどうだろうか?

 他人には容赦なく批判をあびせるが、それは公人だからと「区別」し、自身への批判は「差別」と認識するといったところか?

 

 

小池に鳥越が噛みついた件

小池百合子が街頭演説で鳥越俊太郎のことを
「病み上がりの人」と言ったらしい。正しい見解だ。
ところが鳥越はテレビ番組で小池の発言に噛みついたらしい。
「これはがんサバイバ―に対する偏見だ、差別だ」と糾弾
したのだ。アホかいな。 

がんサバイバ―がその後、活躍している例はいくらでも
知っている。
だが、その人たちは「東京都民の安心・安全な暮らし、
そして関東大震災のときの人命を守る仕事を自分に
任せてくれ」とは決して言っていないではないか!

リスクを抱えて、自分の人生を謳歌するのは、個人としての
生き方で自由だ。
だが公人は違う。東京都知事は圧倒的な公人の長だ。
街頭演説の回数だって他の候補より少ないという事実にも、
当然、都民は疑惑の目を向ける。 

「偏見」とか「差別」とか、都民の命を託される公人を志願
している者が、甘えたことを言うな!
政策論争ができないから、くだらん被害者意識を炸裂させて、

小池に勝とうとしている。 

小池百合子は謝る必要などない!
何度でも「病み上がりの人」を連発して、「万が一のときは、
また都知事選をやる羽目になって、また50億円の無駄づかい
ですよ」と追い込めばいい。
舛添の使った金額とは、桁が違うのだぞ!

コメント   この記事についてブログを書く
« 都知事選  鳥越氏の淫行疑... | トップ | 都知事  鳥越氏の女性スキ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事