仮面の告白『雲の上の虹』

この世の誉・不正・不道徳・破廉恥・権力者を追及し、無害なことも記録しつつ、雲の上の虹をめざす枕流亭の日記(日乘)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

魚の寄生虫を試す研究員:探究心に感服

2010年09月19日 | 閑話
  よく、海鼠を初めて食べた人は偉いよねという話をする。また、多くの毒をもつ動植物を初めて食べた人の犠牲の上に、今の食文化のあることを話すこともあろう。

  そんななか、魚の寄生虫を20年間も食べてきた水産研究員がいること知り、正直なところ驚嘆した。そのようなことは思いつきもしないし、仮にしても知識のなさから食べようとはしないだろうから。

  もっとも有名なアニサキスなどは例外のようだ。

  ・・・・・食べないよな~



その探究心に感服!
タイノエは食べてもいいか!?


コメント (4)

全国ニコチン依存度症っていう統計!

2010年09月18日 | 閑話
  煙草が10月から値上げになる。値上げによる禁煙実行率を天秤にかけても利益のでるくらいの値上げだそうだ。周辺を見ても喫煙者は急速に減っている観があるので、禁煙率は相当に上がっているだろう。
野蛮人の習慣ともいわれる煙草だが、一服の紫煙をもとめる人はそれなりにまだいるのだろう。

  しかし、個人的には煙草は御免こうむりたい。吸いたい人は他の人にその煙が及ばないところで吸うべきだ。まちがっても街中と飲食店などで吸うことがないよう法整備を進めるべきだ。

  個人的は飲食店での煙草の煙ほど犯罪的なモノはない。せっかくの料理の味が変わってしまう。喫煙者はもとより味がわかるような舌を放棄したようなものだから己の犯罪的行為に気がつかないだろうが。

  お店も全面禁煙にして、一部に喫煙コーナーを設け、煙りが出ないようにすべきだ。(まぁ喫煙席もだいぶ減ってきたが)


  禁煙運動を「禁煙ファシズム」だとののしる学者先生もいるが、そのような主張は煙を吐き出さないようにしてからにしてもらいたい。



  さて、本題、ファイザー製薬がニコチンに関する調査を発表した。おもしろい統計なので記録しておきたい。
  特に「ニコチン依存度チェック」は各県の実態がわかって興味深い。これに学力をからませた分析もあって、一考に値する気がする。
   http://news.livedoor.com/article/detail/5018563/



喫煙者は哀れじゃのう!




ファイザー製薬のhpから

http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2010/2010_09_16.html

≪日本全国の“ニコチン依存度チェック”2010≫
タバコ増税を前に喫煙者の実態を調査、全国47都道府県9,400人調べ


10月1日からのタバコ値上げで禁煙する53.3%
禁煙挑戦意向、2年前から10%上昇


~禁煙への挑戦意向が最も高いのは沖縄県(63.5%)、最も低いのは奈良県(45.0%)~

禁煙成功の自信は半々、喫煙継続派は本数減で対処

今回の増税に伴うタバコの値上げ額を喫煙者の92.5%が高いと感じており、禁煙意向のある喫煙者の半数以上(52.8%)が「増税前に禁煙する」と回答。
禁煙への挑戦方法、第1位は「自分の意志のみ」(59.8%)。一方で、禁煙に成功する自信がある喫煙者は半数程度(52.5%)。ニコチン依存症の喫煙者に至っては半数以下(46.0%)。
増税でも禁煙しないその理由は、「本数を減らすことで対処するから」(32.2%)が最多。

47都道府県で見られる、さまざまな意識差

全国的に今回の増税に伴うタバコの値上げ額を高いと感じている。感じている割合の最も高い愛知県(97.0%)から、最も低い島根県(88.0%)まで、地域を問わず軒並み高い割合。
禁煙に成功する自信は都道府県で大きな格差。宮城県(61.5%)が、禁煙に成功する自信が最も高く、禁煙に成功する自信が最も低い県は、徳島県(35.6%)。
今年受動喫煙防止条例が施行された神奈川県の喫煙者は、居住地域の受動喫煙対策を充分と感じている割合が全国で最も高い(49.5%)。最近、タバコを吸いづらいと感じている割合(85.0%)も全国で2番目。

喫煙者の66.9% 推計1,534万人が依然ニコチン依存症

喫煙者のニコチン依存症比率は、2008年の「70.8%」から「66.9%」と多少下がったものの、依然として高い水準で推移。ニコチン依存症の喫煙者は推計1,534万人。
ニコチン依存症の割合が最も高いのは沖縄県(75.5%)、最も低いのは宮城県・神奈川県(60.5%)。最も自覚している割合が高いのは香川県(72.3%)、最も低いのは神奈川県(51.2%)。
ニコチン依存症と病院での禁煙治療の認知は着実に高まっているにも関わらず、実際に医療関係者に禁煙について相談したのは1割以下(5.9%)で、2年前と同水準。

※総務省統計局調査による成人人口(2010年3月度の確定値は、男性4,962万人、女性5,336万9千人)と、厚生労働省の国民健康・栄養調査結果」喫煙率(2008年時点で、男性36.8%、女性9.1%)を元に、本調査のニコチン依存症比率(男性66.0%、女性67.8%)を掛け合わせて計算。



以下、略
コメント (2)

異常気象余波?  ハブのお話

2010年09月18日 | 閑話
  列島は猛暑で植物の植生に変化が起きているらしい。拙の好きなヒガンバナもその影響をうけているとか。

  同じように異常気象でハブの捕獲数がふえているとか!

  しかし、1匹が3500~4000円なのだというから、コツさえ覚えればいいこづかい稼ぎになるだろうなぁと。
  それがハブ酒になって10000円とかになるわけだな!?

  おなじようなことはニホンマムシでもあるのかな?

   ・・・・・もっとも拙はしないが。

                          
                            駆除と実利なぁ!
                               いいでしょ!
 
 


不景気でハブ急増? =雨で活発、買い上げ目当て―専門家「異常発生ない」・奄美群島


   毒蛇のハブが生息する鹿児島県の奄美群島で、ハブの捕獲数が急増している。8月末の時点で、昨年の総捕獲数より約2000匹多い2万2100匹を突破。住民からは「異常発生か」と不安の声が上がる一方、自治体のハブ買い上げを狙った小遣い稼ぎで「不景気が影響している」との指摘も。予想外の事態を受け、自治体は買い上げ予算の確保に追われている。

 奄美大島の奄美市では、8月末で5695匹を捕獲。駆除のためハブを買い上げる制度が1954年からあり、1匹当たり4000円もらえる。

  市は当初、昨年並みの5250匹分で予算を計上。買い上げの急増で、9月議会に4900匹分の補正予算案を提出した。1匹3500円を支給する徳之島町でも当初予算の4000匹分に、400匹分を追加する案が審議中だ。
 
  なぜ捕獲数が増えたのか。ハブの生態に詳しい東京大奄美病害動物研究施設の服部正策准教授は、観測史上最長となった長梅雨の影響を指摘。「地面がほとんど乾かず、ハブが活動しやすい状況だったのでは」と分析した上で、「ハブは急に数を増やせない」と異常発生を否定する。 

コメント (2)

chinaの妄動:反日勢力を無視せよ!

2010年09月18日 | 閑話
 どの国にも過激派なる民間団体はある。かのchinaでは漢民族がその中核をになっている。彼らこそが周辺民族を圧迫することを歴史的に進めてきたDNAをもっているからだ。似たような例はアメリカ大陸でのWASPなどがある。
 
 常に自然を生かして生活していた、つつましい先住民族を圧迫して生活水準を一層低く抑えてきたわけだ。

 さて、尖閣諸島でのchinaの船長の侵略暴挙にたいして、我が国は当然のように逮捕起訴した。

 CHINA当局は比較的大人しめだが、民間団体の暴挙を静観する傾向があるようだ。
 もっとも集会内容によっては、許可をしないという基準はあるようだ。つまり、CHINAもこの船長問題を大々的事件にしようとはしていないようだ。

 彼らも尖閣諸島が我が国の領土であることを実は認めざるを得ない状況にあるということだ。これは実行支配などということではなく本来的に我が国の領土という認識を彼らも持っているからだ。

 もちろん政治的にはそういうことは口が裂けても言わないだろうが。

 18日は、柳条湖事件の日でもあり、例年何らかの騒ぎが起きるという日だから、今年はその反日団体に格好の餌があったということだ。


 前原大臣の力量が試される! 


我が国は粛々と進めるだけ!
それだけでいいのだ!
CHINAに有利な宣伝をさせるようなことはするな!

日本よ国家たれ!


                             

                             

                                           

                             
                  この品格のない貌をみよ!
        踏んでいるのは日章旗にあらず、描いた真円でない赤い丸のどこかの旗!
           この程度の教養しかないchinaは哀れだ!


 【北京=矢板明夫】

 北京の日本大使館や上海の日本総領事館周辺に18日早朝、反日団体のメンバー50~60人が集まり、沖縄・尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近の日本領海で今月7日に起きた中国漁船と海上保安庁の巡視船との接触事件をめぐる日本側の対応に抗議の声を上げた。

 北京の日本大使館前では、抗議メンバーが国歌を歌い、「釣魚島から出ていけ」などと書かれたプラカードを掲げながら行進。「不法拘留中の中国人船長を返せ」「日本に旅行に行く人々は非国民だ」「日本軍国主義を打倒せよ」などと叫んだ。

 現場付近では数百人の警察、武装警察による厳重警戒態勢が敷かれた。当初、メディア関係者と、事前にデモ参加許可を得たとみられる抗議メンバー以外、通行禁止となっていたが、一般の通行人がデモに参加する光景もみられた。デモは約30分間で終了した。

 9月18日は、満州事変の発端となった柳条湖事件(1931年)から79周年にあたる日。ネットでは10日ごろから、反日デモを呼びかける書き込みであふれている。

コメント (2)

葬式仏教が何をいってる!  イオンのhpから「御布施値段」が消えたということ! 神葬祭の勧め!

2010年09月17日 | 閑話
 江戸時代、幕府の意向もあったのだが、檀家帳という事実上の戸籍を管理してきたお寺さんは、宗教家としてより葬式業として財をなすという結果になってきた。いわゆる「葬式仏教」である。

 死後も金で差別(区別?)するという現在では受け入れがいことも当然として行われてきた。

 そのような仕打ちが嫌なら、葬儀を「神式」で行え!

 本当に安くすみ、平等に「命(みこと)」=神として祭ってくれる。

 結婚式をクリスチャンでもないのに教会でするのだから、葬儀で神式を選ぶのもありだ!

 線香臭くない「神葬祭(しんそうさい)」をお勧めする。

 金もうけ坊主など相手にするな!


坊主〇もうけって、本当よ!
戒名なんて自分で考えてつけたらいいのさ!
死後も差別したい奴はな!



「布施のお値段」イオンがひっそり削除 仏教界側反発に配慮?

流通大手のイオンが、葬祭サービスの一環として「布施の価格目安」を打ち出したことに仏教界が反発していた問題で、イオンがホームページ(HP)から目安の一覧を削除した。これまでイオンは「目安表示は利用者のニーズにかなう」としてきたが、「布施に定価はない」とする仏教界側の意見に配慮した格好。HP掲載時には広報資料がつくられ積極的な宣伝がされたが、削除はひっそりと行われた。

 イオンがHPから価格目安を削除したのは9月10日で、それまでは「読経一式+普通戒名で25万円」「読経一式+院号戒名で55万円」などと、葬儀や戒名の種類によって異なる複数の目安を表示。僧侶の紹介サービスが始まった5月上旬から掲載されていた。

 現在は目安が削除された代わりに、「多数の寺院でとりまとめられた目安をコールセンターでお知らせします」と掲載している。コールセンターが問い合わせを受け付けるのは、イオンのカード会員などに限定されるという。

 また、「布施は本来『喜捨』であり『標準化』や『統一』すべきものではありません」といった、従来のイオンの姿勢とはニュアンスが異なる見解も掲載されている。

 イオンのコーポレート・コミュニケーション部では削除理由を、「布施の考え方にはさまざまなものがあり、従来の掲載方法では誤解を招きかねない部分があった。社内で事業についてさまざまに検討した結果の措置」と説明している。

 現在、全国一律に設定している価格目安に関しても、提携している寺院の意見を聞き、地域ごとの実情を反映した価格を伝えることも検討しているという。

 この問題をめぐっては、伝統仏教教団でつくる全日本仏教会が7月に、「布施は宗教行為。営利企業が一律の価格体系を示すのはいかがなものか」として、HPからの削除を求める意見書を提出。両者の間で話し合いが持たれていた。

 イオンの措置について、全日本仏教会では「評価している。意見書の内容に応えてもらったと理解している」としている。

 一方、イオンは「意見書を受け入れたというものではない」と説明しているが、9月10日には幹部が全日本仏教会の事務所を訪れ、削除を伝えていた。

 産経新聞では7月に、布施価格の目安表示の是非について読者から意見を募ったが、寄せられた約600件のうち約85%が、「表示に賛成」だった。
コメント (2)

御免:お菓子工場の不法だって!

2010年09月15日 | 閑話
  その地域住民ではないので、不可思議なのだが、お菓子工場の甘い匂いなどに苦しめられ地域住民がその被害を訴えた裁判で工場側に賠償命令が出たという。

  確かに甘すぎる匂いは気持ち悪いだろうけど、第3者としてはどんな匂いなのであろうと思ってしまった。情報システムがすすんでも匂いを伝達するのは難しいことで、興味関心を満足させるには現場に行くしかない。が、まぁ当面それは無理なので、この事件に関しては賛否の表明はしないことにして、前代未聞のこととして記録しておこう。

 それにしても、工場側がコメントしないということはどういうことだろう?裁判にでていなかったということなのか?それじゃ原告側の勝訴になるわな。


甘い匂いで頭痛か、
電車の中の香水の嵐も相当にきついけどな~



京都・老舗菓子の甘い香りで頭痛…訴え一部認め賠償命令

 明治4年に創業した京都市の製菓会社「石田老舗(ろうほ)」の工場周辺に住む住民17人らが、焼き菓子の甘い香りなどで苦痛を受けたとして、同社と京都市に慰謝料など計約2100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が15日、京都地裁であった。

 杉江佳治裁判長は「原告側は、約3年4カ月にかけて不快感を抱えた生活を余儀なくされた。石田老舗は法をあまりに軽視しており悪質」として、同社に計約280万円の支払いを命じた。原告側は操業を放置したとして市の賠償責任についても認めるよう訴えていたが、杉江裁判長は「是正のために行政指導を継続的に行っていた」として請求を棄却した。

 判決などによると、同社は同市南区で平成17年2月、事務所兼倉庫として市の建築確認を受けた約850平方メートルの建物を和菓子の製造工場として操業を開始。建築基準法で50平方メートルを超える工場を建てられない区域だったが、20年6月に移転するまで操業を続け、住民側はその間、バターやあんなどの甘いにおいに苦しめられ、頭痛症状などの健康被害を受けた。

 石田老舗側は「判決の内容を確認していないので、コメントできない」としている。




石田老舗の歴史

 石田老舗の創業は明治4年です。初代石田亀之助により古来よりあった「ぼうろ」にそば粉を加えた「蕎麦ぼうろ」を初めて開発し、販売したのが始まりです。
 創業当時から小売の店は構えず、焼菓子専門の製造卸業者として営業しておりました。その後「衛生ボーロ」を開発し、昭和天皇、平成天皇の離乳食として御所にお納めしたのをはじめ、京都の老舗和菓子店に納めておりました。
戦争中は物資の不足で各和菓子店とも経営が苦しくなりましたが戦後、蕎麦ぼうろの生産性も向上し、梅型の一種類だけでなく、丸型や小型などの種類を増やしていきました。その後、昭和55(1980)年に事業拡大をするため新工場を竣工し、和の焼菓子だけでなく洋の焼菓子(フィナンシェ・マドレーヌなど)を始めました。
 現在ではゼリーや水羊羹・バッフェルなど40種類ほどの商品を全国約300件近くのお得意様にお納めしております。
そして先代からの長年の夢であったお店、シュークリーム専門店「クレーム デラ クレーム」を平成11年11月11日11時11分にオープン。

コメント (2)

再び問う:玉置浩二の常軌を逸した行動!

2010年09月14日 | 閑話
  芸能人のことなので、どうでもいい話の部類だが、「安全地帯」の玉置浩二は危険地帯に踏み込んでいるようだ。

  芸能界はこのような不埒な言動をする男を許しておくのか?

  だれも批判の声をあげないのか?このような男を放置しておくのか?

  そうであるならばやはり芸能界だよね!ということになる。

  かつて、沢尻エリカを、あれほどうれしそうに批判した者どもはどうした?

  


この悪態は病のなせる技だな!
青田も愛想つかさないのかな?

ホントくだらない男だ!


玉置 福岡悪態公演「あれでいいと思う」

 12日の福岡公演で暴言を連発、バンドメンバーが演奏をボイコットしてステージを降りるなどし、公演払い戻しのトラブルを引き起こしたロックバンド・安全地帯が  13日、熊本市民会館で全国ツアー熊本公演を行った。トラブルの張本人、ボーカルの玉置浩二(52)は妻でタレントの青田典子(42)らと終演後に酒を飲み、ほろ酔い気分で報道陣の取材に応じ「オレはあれでいいと思う」「金返せ、って言われても返せないよ」といいたい放題だった。
 
 トラブルの張本人である玉置だが、前日の騒ぎなどどこ吹く風だった。ステージ終了後、熊本市内のホテルで52歳の“誕生日会”を終えた玉置は、明らかに酔っており、その勢いのまま取材に応じ、12日の騒動について「オレは毎回挑戦している。うまくいかないこともあるから。オレはあれでいいと思う」と言い放った。

 12日の福岡公演では、ろれつが回らない酩酊(めいてい)しているような様子で登場し、まともに歌うこともできなかった。怒ったファンがヤジを飛ばすと、玉置は「コンサートなんて大したことない」などとファンと口論するなどやりたい放題。この悪態に激怒したバンドリーダーの矢作渉(53)はギターを投げ出し、ドラムの田中裕二(53)とステージを降りてしまうという、バンドのボイコット騒動にまで発展した。

 結局、コンサートは続行不可能になり、チケットは払い戻し。主催者側は「玉置浩二の過労による体調不良のため」と説明したが、7日の大阪公演でも同様の理由で4曲を残して突然ステージを終わらせたばかり。プロ意識を疑われる行動に、ファンのブログなどでも批判がつづられた。

 この批判に対し、玉置は「金返せって言われても、返せないよ。オレはその人に金借りてないもん」とバッサリ。ステージから降りたメンバーについても「いいんじゃない。それはそいつの考えだから。今日戻ってきたよ。向こうから『ごめんな』って。あいつらがいなくなったんだもん」と自分に非はない、と言わんばかりだった。

 この日も同行し、客席で見守った妻の青田との夫婦生活についても「全然、うまくいってる。何も問題ないよ」と順調さを強調。ステージ同様、最後までノリノリで語り続けた。


コメント (2)

押尾の自己弁護:整いすぎて疑問有り!

2010年09月14日 | 閑話
押尾裁判の争点の内、保護責任者遺棄は本人も認めたようだ。

そこで以下の疑問、

1 田中さんがクスリを用意したのなら、その入手ルートは誰でどこ?
2 上物が入ったことが認識できるなら、複数回入手していたのでは。
3 すると、田中さんは「上物」を致死量以上を自ら飲んだことになる。

4 何度も使っている押尾がその様子を黙ってみていたのか?

5 検察側証人の証言を否定したが、その後の行動の整合性がない。
6 119番をしろと言われなかったから、救急車を呼ばなかったとすれば、あまりに危険に対し、危機管理が甘い、愚か者ということにならないか? 

7 救命措置を冷静にできたのに、119をしなかったのは、やはりおかしい。

 


「すぐ、いる」を英語で言ったって
英語で思考するだと!
人間としての思考はどうした!




押尾初証言「SEX5回。クスリ新作上物と言われ…」


  合成麻薬MDMAを一緒に飲んで容体が急変したホステス、田中香織さん=当時(30)=を放置し死亡させたとして、保護責任者遺棄致死など4つの罪に問われた元俳優、押尾学被告(32)の裁判員裁判で、注目の被告人質問が13日、東京地裁で行われた。押尾被告は流暢な英語やジェスチャーを交えて、必死に無罪をアピールした。

 弁護人に事件発生前までの職業を尋ねられた押尾被告は「俳優業と音楽業です」とはっきり答えた。田中さんとは2008年に「銀座のクラブで出会い」、事件まで10回ほどプライベートで会ったという。そのうえで「(田中さんは)10代のころからあらゆるクスリをやっていて、特に覚醒剤系については、やめるのが大変だと言っていた」と、田中さんの方が薬物にハマっていたかのような証言を展開した。

 田中さんとのセックス回数は「5回くらいです」とはっきりと答え、事件以前にもコカインやMDMAを使ったセックスをしたことを、あっさりと認めた。「1回目の(セックスの)後、どこかの居酒屋で『次はクスリ使ってしようよ』ということになった」とも話した。

 押尾被告は昨年8月2日の事件当日、「来たら、すぐいる?」という内容のメールを田中さんに送っている。検察側は「いる?」とはMDMAのことで、これが譲り渡しの根拠の一つとされているが、押尾被告は「来たらすぐ、オレのことほしいか。オレのこといるだろうという意味」と弁明した。

 また、押尾被告は「初めて会話を覚えたのは英語」とし、ものを考える際は英語で考えていると主張。そこで「『来たら、すぐいる?』を英語で言うと…」と弁護人に問われると、「Do you want me right away?」と流暢な英語を披露し、MDMA譲渡のメッセージではなかったとアピールした。

 さらに、メールの前に田中さんと電話で話したとして、「田中さんから『マー君、新作の上物があるから、楽しみにしててね。今日は私の使おうね。もうすぐ着くから楽しみにしててね』と言われた」と、あくまでもMDMAは田中さんの物だったと主張した。

 田中さんが部屋に来た際には「テンションが高い状態で、『あらマー君、久しぶり』ってがっついてきて、イチャイチャした」「すでにいい感じで、薬が効いてんだな、えらいご機嫌だな、と思いました」と述べ、「今回は田中さんの新作を飲んだ。新作の上物といわれ、僕も興味があった」と語った。

 午後の質問では、身ぶり手ぶりで田中さんが倒れた瞬間を再現。手をクロスして心臓マッサージをする姿も“熱演”してみせた。そのうえで「マッサージと息を入れるのを10セットはやった」と放置していたわけではないことを訴えた。
コメント (2)

玉置浩二:晩節をいよいよ汚しにかかるか!?

2010年09月13日 | 閑話
 女性にだらしのないオトコの末路かもしれない!

 かつての栄光に酔う「安全地帯」の玉置が危険ゾーンに転げてきたという笑えない話し。

 客がいてナンボの商売をしていて、その客を馬鹿にしているようなモノはこちらからボイコットすべきだ。
 
 玉置のハイとローの精神状態から、ある種の病を疑う!




予見、このオトコの晩節を汚す
あっ、もう汚れているか・・・・・・


玉置浩二、客に暴言連発!またライブ打ち切り!メンバーも“ボイコット”!!

 玉置浩二(51)がボーカルを務める5人組バンド「安全地帯」が12日、福岡サンパレスで行ったコンサートが、玉置の“暴挙”により途中で中止となるハプニングがあった。

  鹿児島からコンサートを見に訪れた観客らによると、玉置は出だしからろれつが回らないような状態。あまりにひどいパフォーマンスにヤジと歓声が入り交じり、観客と口論になる場面も。玉置は「舞台に上がれ」とステージを降り、制止するスタッフを突き飛ばす一幕もあったようだ。「コンサートなんてたいしたことない」「(チケット代)7800円くらいで怒るな!」などと暴言も吐き、他のメンバーは愛想を尽かして、途中で“ボイコット”したという。

  はちゃめちゃなステージに、会場を出る観客が続出。ステージは2時間に及んだが、主催者側は事態を重く見て、チケット代金の払い戻しを決定。指定席7800円で約2300席が完売だった。

  玉置は7日の大阪公演でも叫ぶように歌ったり、突然ステージ上で寝転がったりし、体調不良を理由にラスト4曲を残し途中で切り上げていた。その後、キョードー大阪のホームページで「よりいいものを観て頂きたくトライした結果です。

 でも我々はトライはやめません。それが前に行く道だと思います。あくまでもコンサートは生ものです。どうかご理解のほどを」とコメントを発表。7日の観客からは「これぞライブ」と好意的な意見もあった。9日の香川公演は“問題行動”もなく約2時間、20曲以上を聴かせた。13日には熊本・崇城大学市民ホールでの公演が予定されている。

 
コメント (2)

鈴木宗男ら:あなた方には反証がない!

2010年09月12日 | 閑話
  この三人の批判はたんなる検察非難にすぎない与太話しだろう。
  裁判で君たちの無罪を証明するモノやコト、証言がなかったのだから。
  それを村木氏裁判での事例を持ち出して批判してくるとは潔くない。  世論も君たちの味方はすまい!


「李下に冠をたださず」ってchinaの言があったな!
権力者は人一倍以上の倫理観が必要であろう!
それがなかったということ!


鈴木宗男議員 佐藤優氏らと特捜部批判 北海道帯広

  北海道開発局発注工事を巡る受託収賄罪などで近く有罪が確定して収監される見通しの鈴木宗男衆院議員(62)=新党大地(比例北海道ブロック)=が11日、北海道帯広市で開かれた政権交代に関するシンポジウムに出席した。有罪が確定した佐藤優・元外務省主任分析官や、民主党の小沢一郎前幹事長の資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件で起訴されている石川知裕衆院議員(道11区)らも参加し、会場は「特捜部批判」一色となった。

  鈴木議員は、大阪地検特捜部が起訴した郵便不正事件で、厚生労働省元局長に言い渡された無罪判決に言及。「私の事件でも検察官は自分たちでシナリオを作り、都合のいい供述調書をあらかじめ作ってきた。抵抗すると精神的なプレッシャーをかけてくる」と主張。石川議員も「調書の内容は検察官にお願いしても一言一句変えてくれない」と訴えた。

  講師役の元東京地検特捜部検事、郷原信郎弁護士は「関係者間の供述が相互に符合し、一貫していることを裁判所に認めてもらうための取り調べのやり方は、ロッキード事件のころから変わらない。元局長の事件を機に、それが本当に正しいのかという議論をしていかなければならない」と指摘。ジャーナリストの魚住昭氏、作家の宮崎学氏も検察捜査の在り方に疑問を投げ掛けた。

  鈴木議員はこれに先立ち北海道北見市で開かれた後援会の役員会でも「民主党代表選のこの時期になぜ(上告棄却)か」と最高裁を批判し「3度目の奇跡が起こるかは分からないが、バッジがあろうとなかろうと生涯、政治家」と訴えた。【田中裕之、渡部宏人】



コメント

菅伸子:夫の人望のなさを証明か!?

2010年09月11日 | 閑話
 小沢派新聞の日刊ゲンダイ(ゲンダイネット)の記事などまともに扱えないのだが、今回の記事はまさにその通りというもの。菅総理の夫人伸子氏のことだ。

 伸子氏が代表選の前線で頑張っていることは他のメディアも報道されているが、ゲンダイの視点は納得のいくものだといえる。

 かつての不倫報道以来、菅総理がこの夫人に全く頭が上がらないことは証明なしで納得できる。

 そして夫人が前面に出れば出るほど、菅の人望のなさを証明するという指摘も政界では正しいだろう。


この勘違い夫婦にはまいったなぁ~
二人で40年前の全共闘やってるもの~




メンドリ歌えば国滅びる


 度を越した女の出しゃばりは、目に障るし、鼻につくものだ。民主党代表選で菅首相の応援団長のつもりで大ハシャギしている伸子夫人(64)が、永田町で「何サマのつもりか」とヒンシュクを買うのも当然である。
 首相夫人の動きは、とにかく異常だ。

「代表選が今月1日に始まるや、伸子夫人は陣営の江田五月選対本部長と一緒に、議員会館の民主党議員の部屋を片っ端から回り、“菅直人の家内でございます~”と、やっていた。個人の選挙ならともかく、首相を決める重大な選挙で女房が報道陣を引き連れて先頭に立って票集めをするなんて前代未聞。しかも、これにとどまらず、以後もテレビや雑誌のインタビューに出ずっぱり。首相本人よりも女房の方が目立っているありさまです」(民主党関係者)
 調子に乗って、雑誌やテレビでは「小沢さんの指導力は演出されたもの」「小沢さんは予算の一律10%減のことを言うけど、これから削ったり、付け足すことをやるわけだから……」と、自分が首相のつもりの越権発言までしている。

 家庭でも菅首相はこの調子で口を出されているのかと思うと、ゾッとしてくる。
 だが、それでも止まらない。亭主が官邸から公務そっちのけで議員に電話をかけまくっているのに合わせて、菅夫人まで地方議員に電話をかけているのだ。陣営が持っている名簿を見ながら、1日200件以上の電話攻勢というから呆れるしかない。

●党内でも「首相は大丈夫なのか」の声
 完全にやりすぎ、行き過ぎだ。政治評論家の浅川博忠氏が言う。
「政権運営は仙谷官房長官任せの菅首相が、大事な首相再選選挙では夫人に頼り切っている。ここが一番の問題です。“首相は大丈夫なのか”と、誰もが思ってしまう。奇異だし、失礼だと民主党議員たちは思ってますよ。伸子夫人は、首相が公務で忙しいから、自分が代わりにやっていると言い訳していますが、自民党時代から現職総理の夫人が代表選でここまでシャシャリ出たのは記憶にありません。普通なら側近議員が票集めを仕切るもので、夫人の出番はない。逆に言えば、菅首相にはそういう有能な取り巻きや側近議員が少ないことを証明したようなものです」

 首相を選ぶ代表選は、家族総出の個人の総選挙などとは性質が全然違うのだ。少なくとも天下国家を論じ、そこで競わなければいけないから、女房がずうずうしく出てくる幕はない。それを区別できず、「お前は引っ込んでいろ」と言えない菅。情けないものだ。こんな映像が海外で流されたら、赤っ恥ものだ。

●菅政権の日本を食いものにしようと狙う米国
「雌鳥(めんどり)歌えば、家滅ぶ」ということわざが中国にある。妻が勢力を振るう家は、夫の権威が保てなくなり、やがて家は滅びる。毛沢東の江青夫人が「文化大革命」と称してムチャクチャをした「4人組事件」のときに、よく使われた言葉だが、出しゃばり女房に頼っている菅が首相では、余計に国が滅んでしまうんじゃないかと心配になるというものだ。

 経済アナリストの菊池英博氏が言う。
「間違って菅首相が再選されたら、この国は本当に終わってしまいますよ。円高対策ひとつとっても菅内閣は何もやれない。やれないのは、ドル安政策を仕掛ける米国に遠慮して何も言えないからです。米国の狙いは何かというと、自国の企業を守るために、日本の輸出企業や中小零細を根こそぎ弱らせ、潰してしまうことです。弱らせて、日本企業の技術だけを買い叩く。アメリカは生き残りのために、もはや日本を食いものにすることしか考えていないのです。それがミエミエなのに、菅内閣は何も手を打てない。アメリカの言いなりになり、アメリカの子分の官僚に操られていた方が楽だし、自分の政権が長続きできると思っているからです。この無能無知政権が続いたら、日本は経済的に破滅へ一直線ですよ」

●代表選の最大テーマは「国の存亡」だ
 女房に頭が上がらないような首相に、アメリカに注文をつけろと言ってもどだい無理な話。ならば、今度の代表選の機会にクビにするしかないのだが、大マスコミの直前予想では「大接戦」とか「菅優勢」なんて言われているから、本当に絶望的になってくる。民主党の党員や地方議員、国会議員は正気なのか。「日本の存亡の危機」よりも、「首相をコロコロ代えるのはよくない」の方が大事だというのだろうか。

 真剣に国民生活のことを考えたら、民主党員は菅続投を絶対に阻止する義務と責任があるのだ。万が一、菅再選なんてなったら、民主党の国会議員や党員は一般国民から一生恨まれると覚悟した方がいい。
「民主党内の多くの知り合いに話を聞くと、例外なく口をそろえるのが、菅内閣では来年3月に行き詰まるというものです。非力で能なしの菅首相ではどの野党とも連立を組めない、最後は解散に追い込まれ、政権が終わるか、自民党に泣きついて連立してもらうしかないと、みんな予想している。少なくとも、この先半年以上、日本の政治は見通しが立たないわけです。八方ふさがりのデフレ大不況の中で、そんな政治空白を続けたら、この国は取り返しがつかないことになってしまいますよ」(菊池英博氏=前出)

 雌鳥の口をふさげとは言わないが、民主党員は冷静に正気に賢明になるときだ。

コメント (2)

民主党代表選結局勝つのはどっち!? ・・・・・・どっちでも日本は負け組ですか?

2010年09月10日 | 閑話
  民主党代表選の行方を予想する記事が各メディアでかまびすしい。今朝は産経が菅優勢と伝えた。しかし、要はどちらが勝とは明確にしてはいない。公職選挙法による選挙とは訳の違うのでNHKといえども当確は打てないだろう。

  党員・サポーターを特定そこから正確な情報を得ることは可能なのだろうか?各種の調査も民主党の党員らをの意識を、大衆レベルで把握して世論をもって彼らの意志を一般化してはいないのだろうか?

   
  ネットのアンケートでは圧倒的に小沢氏支持が多いが、この動向は新聞社のそれとあまりにちがっている。

   ・・・・・・結局蓋をあけるまでは、分からないのだ!な?

  
   分かっているのは、どちらになって日本の負け基調は変わらないということだ!




民主党の議員・党員・サポーターがこの国の総理をきめるわけってことも
かわりません。よって我が国は負け組!
  
コメント (2)

陰謀!?  しかし不倫する暇があるのか? ちょっと・・・・・・

2010年09月09日 | 閑話
  この時期だと菅派の選挙妨害・陰謀かなと思うが、青木のわきの甘さ、危機管理ができていないよな、と思ってしまう。
とはいえ、小沢氏自身のスキャンダルではないのでこれ以上彼のイメージが低下するとも思われない。菅自身も昔不倫騒動を起こしているので、かようにそれを蒸し返されることになるよな。

  週刊誌がいうように仙谷氏関係からのリークならそれも考えが甘いと言わざるを得ない。

  仙谷氏は東大中退という秀才あるにも関わらず本当に人間関係の機微には疎いなぁ

(東大生が3年生で旧外交官試験や弁護士試験に合格して、中退することは名誉だとされていると在校生から聞いたことがあるので、これは揶揄ではない)

   仙谷は学問レベルでしか物事を判断できないのだな。つまり、かつての論理でしか判断できないのだ~


   まぁ青木さんはテレビでタレントみたいなことをやっていたそうで、政治家としてはまぁそれなりの容貌をお持ちの方だから、色恋沙汰があってもおかしくはないが、この時期、おのれの立場を考えれば明らかに間抜けである。

   嗚呼、それでも肉体は恋を選ぶか!?人間の業はかくも絶ちがたいか!

    
  これでは、民主党にはロクでもない女性議員ばかりとの誤解を招くことになるまいか? 
   いやいやすでにそうですってか!




んな暇あるならちゃんと政治やってね!
細野といい中井といい異性スキャンダルは自民党以上ね。
そういえば菅さんも昔不倫してましたね!

でも、週刊新潮の関係の記事には明らかに希望的観測の部分があるぞ!



不倫!民主党・青木愛議員、小沢氏秘書とお泊まり愛


  いわゆる「小沢ガールズ」の代表格、民主党の青木愛衆院議員(45)=東京12区=と同党小沢一郎前幹事長(68)の妻子ある政策秘書(48)との不倫疑惑が8日、発覚した。両者の『お泊まり密会デート』を9日発売の「週刊新潮」(9月16日号)が報じている。民主党代表選(14日投開票)で菅直人首相(63)と壮絶バトルを繰り広げている小沢陣営に超ド級の激震だ。

  「血で血を洗う」様相を呈してきた民主党代表選。大親分の小沢一郎前幹事長が、その出馬表明会見を行った8月31日夜、寵愛する女性議員と腹心の妻子ある政策秘書が、茨城県水戸市内で焼肉をつつき、さらには「お泊まりデート」を楽しんでいた。

  問題の女性議員は「小沢ガールズナンバーワン」の青木愛氏。いまや国民的人気のアイドルグループ、AKB48でいえば堂々の“センター”。実は小沢氏本人とも親密ぶりが伝えられ、最近は“2ショット”の密会映像が永田町界わいに流出していると、一部で報じられているほどだ。

  「週刊新潮」の特集記事によると、青木氏は小沢氏の出馬会見を見届けたあとの8月31日午後6時15分頃、乗用車を自ら運転し、首都高から常磐道を140キロで爆走。同9時頃、JR水戸駅付近のホテルで、小沢氏の政策秘書と落ち合った。

  青木氏と政策秘書が逢瀬する数時間前、永田町の民主党本部では300人以上の報道陣を前に「仲間に推挙していただいて、代表選出馬を決意した」と熱く出馬の決意を表明をした小沢氏。その直後にガールズの“センター”と右腕の政策秘書がホテルで密会していたのだから、その衝撃度はかなりのものだ。

コメント (2)

S・P・モリッシー氏の蛮勇!

2010年09月06日 | 閑話
 白色民族のおごりだな!
 
 例えば、どの民族がどのように悪食でも大きなお世話だ。CHINA人を擁護する気はさらさらないが、クジラ漁やイルカ漁に文句をつけられる筋合いはない。

 カンガルーを虐待し、ウサギを駆逐した民族が語るんじゃない!


ダブルスタンダードの白豪主義め!






英国人歌手「中国人は劣等人種」発言で非難殺到   サーチナY

 

  英国人歌手のスティーヴン・パトリック・モリッシーさんが動物を虐待する中国人は「劣等人種だ」と発言したとで、批判と非難が高まった。中国新聞社が報じた。

  モリッシーさんは雑誌の取材に対して「奴らがどんな風に動物を扱っているのを見たことがあるか? とてつもなく恐ろしいことだ。中国人は劣等人種だと、思わざるをえない」と述べた。

  同発言については「人種差別主義者だ」、「人種にかんするタブーに挑戦したのかもしれないが、許されないことだ」などの批判や非難が相次いだ。モリッシーさんは2008年、人種差別に反対する組織に寄付をしたが、同団体は「2度と、(モリッシーさんの)寄付を受けることはしない」と表明した。

  モリッシーさんは3日、「発言は撤回しない。中国の動物虐待は、全世界で最悪だ」と述べた。

  モリッシーさんは、「食用のために、動物の命を奪うことも許されない」と主張し、菜食主義者だ。09年には屋外の音楽祭出演のため米国を訪れたが、会場に「バーベキューのにおいがする」との理由で、演奏を拒否した。一方、07年には「移民が英国のおもむきを変えてしまった」と発言。しかしその後、「自分は民族主義者ではない」と主張した。

  「中国人は劣等人種」の発言を伝えた中国新聞社には、モリッシーさんを非難するコメントに混じって、自分たちにも反省の必要はあるとの書き込みが、集まり始めた。(編集担当:如月隼人)

コメント (2)

『モリのアサガオ』:役者はドラマ化に耐えうるか!? 

2010年08月10日 | 閑話

息抜きに芸能ネタを。

 郷田マモラ氏の一連の命の作品シリーズと勝手に呼んでいる作品群は読むたびに私の思考を刺激してくれる。

 今回の『モリのアサガオ』もその一つで、この作品を読むとまず死刑制度に疑問をもつようになる。
 そのようなタイプの死刑囚を扱っているからでもあるが、涙を禁じえない主人公の葛藤も漫画と云う概念を超えたものだ。

 テレビドラマにするにあたって、その作風の壊されないことを祈る。

 すでに映画会社も映画化しているというが、情報が不足している。


まぁ、原作とは別モノというあきらめも
必要か!


伊藤淳史、テレ東新ドラマ枠主演月曜・後10時「モリのアサガオ」


 俳優の伊藤淳史(26)がテレビ東京で10月期から新設されるドラマ枠(月曜・後10時)の第1弾「モリのアサガオ」に主演する。

 フジテレビ系でドラマ化された「きらきらひかる」の作者・郷田マモラ氏の同名漫画が原作。死刑制度を題材に、伊藤は刑を執行する新人刑務官を演じる。囚人たちには見下され、プライベートでも彼女に振られるが、先輩刑務官から学び、死刑囚とは友情が芽生え、死刑の是非について思い悩んでいく。

 伊藤は「今までにない、難しい職業の役柄で不安です。無力な社会人1年目の刑務官が現実に驚き、生身のふれあいの中で苦しむ姿を、ドラマを見て下さる方に近い感覚で表現できたら」とコメント。死刑囚役はARATA(35)、柄本明(61)、温水洋一(46)ら。伊藤の彼女役を香椎由宇(23)が演じる。

コメント