群馬県桐生市相生町の結婚相談室ブログ

日々感じた事を、書いていきます

「アトミック・ブロンド」

2017-10-21 11:44:03 | 日記

「マッドマックス 怒りのデスロード」では、スキンヘッドで「マックス」顔負けのアクションを演じた「シャーリーズ・セロン」

 

「アトミック・ブロンド」ではブロンドヘアで登場し、再び大暴れをします。


1989年の冷戦時代終盤、ベルリンの壁が崩壊する直前ベルリンでMI6のスパイが殺害され重大な機密情報が奪われた。その機密情報と二重スパイを探す任務を命じられたのは、侵入・接近戦・脱出能力に優れたMI6所属の女スパイ「ロレーン・ブロートン」(シャーリーズ・セロン)

機密情報を巡り、MI6、KGB、CIA、DGSEといった各国のスパイが入り乱れ、誰も信じる事が出来ない、戦いが繰り広げられます。

今作に備えシャーリーズ・セロンは「ジョン・ウィック」のキアヌ・リーブスとトレーニングを行ったそうで、スタイリッシュな銃撃戦や激しいカーアクションを見せてくれますが、中でも泥臭くて痛々しい、およそ7分間に渡るロングカットでの屈強な男たちとの体を張ったバトルシーンは圧巻でした。

アクションもさることながら、ストーリーもしっかりしており、ハードボイルドなタッチで冷酷非情なスパイの世界を描いています。さらに各シーンに応じた、デヴィッド・ボウイ等の80年代音楽がリンクしていてより盛り上げます。

930型と思われる空冷のポルシェ 911や、ベルトーネ時代の奇才マルチェロ・ガンディーニがデザインしたアルファロメオ モントリオールなどのクラシックなクルマも多数登場します。

傷ついた体を氷が入った冷水で癒しウオッカをがぶ飲みしたり、倒した相手が咥えていた煙草を奪い取り吸ったり、DGSEの女スパイを演じたソフィア・ブテラに壁ドンをしたりと、シャーリーズ・セロン男前すぎます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「アウトレイジ 最終章」 | トップ | 「ブレードランナー 2049」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事