愚者千慮必有一得

日々思うことを書いていきます。
何か一つぐらいヒントがあるかもしれません。
お暇な方はお読みください。

著書一覧

著書一覧です。よろしくお願いいたします。


【最新刊】古武術でカラダがみるみる蘇る 宝島社




古武術for SPORTSキッズ編―動けるからだの作り方


キッズ編に収録されている動作の動画集はこちらです。


DVD付 古武術for SPORTS いきなりスポーツが上手くなる! (よくわかるDVD+BOOK SJテクニックシリーズ)



DVD付 古武術 for sports 2 わかる、できる、スポーツに活きる! (よくわかるDVD+BOOK SJテクニックシリーズ)


第105回京滋身体操法研究会のお知らせ

2021年11月23日 10時24分17秒 | 講習会情報
第105回京滋身体操法研究会を、12月5日(日)に開催します。

会場は、滋賀県立武道館2階柔道場、時間は17:30~19:30です。

※今回は、人数、地域ともに制限はいたしません。

予約を団体仕様にしておりますので、参加費を1000円とさせていただきます。
また、従来通りオンラインでも映像を配信しますので、ご覧いただいてコメント欄にご質問などをいただければと思います。

参加をご希望される方は、下記フォームよりご連絡ください。
参考までに、オンラインでの参加希望の方も、ご記入いただけるとうれしいです。

参加希望記入フォーム
https://forms.gle/J9XqBWnT2th3B6kF6

なにとぞよろしくお願いいたします。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【緊急のご連絡】4月18日(日)の京滋身体操法研究会について

2021年04月17日 14時20分48秒 | 身体の気づき
高橋です。平素は大変お世話になっております。

4月18日(日)に開催予定でした第百回京滋身体操法研究会は、【無料オンライン開催】に変更します。
近畿圏のみならず、全国的に新型コロナウイルスの再拡大が起きている現状を鑑み、直前ではありますが上記の通りといたします。

オンラインはFacebookで行います。明日、時間前に放送を開始しますので、ご自由にご覧いただければと思います。

5月にはこの状況が改善されていて、皆様とご一緒できるのを、心より願っております。
なにとぞご理解のほど、よろしくお願いいたします。
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【中止のお知らせ】次回京滋身体操法研究会について

2020年03月03日 15時18分31秒 | 講習会情報
京滋身体操法研究会の高橋です。
平素はお世話になっております。

先日お伝えしていた3月21日(土)の研究会ですが、コロナウイルスのこともあるので、中止といたします。

それにともない、当日予定されていた、月間秘伝から出る予定のDVDの撮影は、別で行います。

いろいろなことが落ち着き、また再開できたときには、なにとぞよろしくお願いいたします。

(過去の京滋身体操法研究会の映像)
https://www.youtube.com/results?search_query=%E4%BA%AC%E6%BB%8B%E8%BA%AB%E4%BD%93%E6%93%8D%E6%B3%95%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A+2019
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第九十六回京滋身体操法研究会の報告

2020年02月16日 23時32分58秒 | 身体の気づき
2020年2月16日(日)。第九十六回京滋身体操法研究会でした。2020年最初の会となりました。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

この日は、ここ2週間くらいでなんとなく考えていた事を、初めて言葉にしてみました。ざっくり言うと、「脚も腕も、背骨からぶら下がっている」ということを元に、「背骨の動きから脚や腕の動きを発生させられないか?」というようなことです。

これまで背骨のことはあまり考えてこなかったのですが、ちょと前にトレッドミルで走っていて、骨盤をゆらゆら動かすだけでベルトに乗っかることができ、地上に降りたあともその感じで歩いたり走ったりできたことから、その辺がちゃんと動くと、もっとラクに動けるようになるのでは?というようなところからの発想でした。

初めて言葉にしながらだったので皆様には失礼したかもしれませんが、いろいろと面白い発見もあり、私としてはよい研究会となりました。

浪の下もこの考えに基づいてやってみましたが、いかがだったでしょう?私はやる方だったのでよく分かりませんが、今までで一番手応えはなかったような気がします。

もうしばらくこの考え方を深めるべく、いろいろ考察していこうと思います。

次回は、3月21日(土)になります。ある企画とコラボになるため、時間や場所が変更になるかもしれません。またお知らせいたします。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第九十五回京滋身体操法研究会のまとめ

2019年12月16日 19時08分33秒 | 身体の気づき
12月15日は第九十五回京滋身体操法研究会でした。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

2019年の稽古納めということで、今年一年お話ししてきた内容を総ざらいしました。少しだけ、ここ二ヶ月くらいで考えてきた回転についての話も交えました。回転するための脚の動きについて、考えていたこととDr. Kwonの本の内容との一致に、とてもほっとしたのがこの一ヶ月くらいでした。体で感じだことと科学的な分析結果が一致したのは、とても興味深かったです。

その他、前屈の教え方がどんどんシンプルになったこと、前屈がちゃんとできると前脚(腕)がちゃんと地面を押せるようになることなど、いろいろお話しできました。お尻の感じも、ここ最近でちょっと説明の仕方が変わりました。

身体や動きに関する考えや感じがどんどん変化していった2019年。来年も、同じように変化していくといいなぁと思います。

最後に一番大きな変化を見せてくれたのは、我が子でした(笑)。一本歯の下駄で、何の支えもなく簡単に歩き始めたのには、心から驚きました。子どもからは、学ぶことばっかりです。

この日の模様は、久しぶりにYouTubeにアップされる予定です。特に変なことは言っていないと思いますので(笑)、どうぞご笑覧ください。

2019年も、たくさんの方にご参加いただきまして、おかげさまで10回ほど開催することができました。皆様にお話ししていく中で気づいていくことが、たくさんあります。教えているという感覚はなく、いつも学びを深めていくことのできる、本当によい空間になっているなぁと、改めて感謝申し上げます。

皆様にとって2020年もよい一年でありますように。少し早いですが、よいお年を。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第九十四回京滋身体操法研究会のまとめ

2019年11月18日 23時16分23秒 | 身体の気づき
11月17日(日)は、第九十四回京滋身体操法研究会でした。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

先週光岡先生の講習会に参加した内容を、シェアする会となりました。光岡先生には、出自を明らかにすることでシェアの許可もいただいていました。

黄帝内経など過去の書物などから光岡先生が再発見されたようなことを、ほんの少しだけ皆様に知っていただくだけで、こんなにも体の見方、動きの見方が変わりますよ、ということに、気づくきっかけになるといいなと思います。

また、相撲の塵手水(ちりちょうず)の礼と手順の違いによる身体観の変化も体験していただきました。これは本当に面白いですね。

誤解して欲しくないのは、これをすればそのあと強くなる、プレーが良くなる、というものではなく、あくまでそういう体を練ることができる式である、ということです。この辺りの説明が少し足りなかったなと、反省しています。試合のプレー前にこれをすれば良くなる、とかそういうことでもないので、間違えないで欲しいなぁと思います。

その他諸々、いろいろ体験していただき、少し情報量が多かったかもしれませんが、少しでも何か残ればいいかなと思います。

次回は12月15日(日)で、久しぶりに映像の撮影をしていただけそうなので、2019年の総まとめをしたいと思います。忘年会付きです。よろしくお願いいたします。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

次回の京滋身体操法研究会

2019年11月03日 18時22分52秒 | 講習会情報
【お知らせ】

次回の京滋身体操法研究会は、11月17日(日)です。急で申し訳ありません。

その次は、12月15日(日)です。こちらは、忘年会もしたいなと考えています。

よろしくお願いいたします。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第92回京滋身体操法研究会のまとめ

2019年10月21日 15時05分31秒 | 身体の気づき
10月20日(日)は、第九十二回京滋身体操法研究会でした。40名近くのご参加をいただきました。誠にありがとうございました。

今回は、初めて来られた方が半数近くだったので、「足指」、「膝の向き」、「骨盤(お尻)を動かす」、「肘を下」、「体幹は全身」など、最近講習会でお話しする内容をほとんど全て通してお話ししました。ちょっと情報が多かったかもしれないと、常連さんにご指摘いただきました(苦笑)。申し訳ありません。

「体幹は全身」というのは先日凱風館で皆様にお話ししたときに言葉になったことですが、体幹をいわゆる胴体部分としてとらえると、結局は全身をつなげないといけない作業が必要となり、一手間多いというか、端的に言うと「めんどくさい」ことになります。

そうではなく、昨年の10月の研究会(第八十五回京滋身体操法研究会のまとめ https://blog.goo.ne.jp/keizo52/e/0ad31ff7a9bbad45d619a56a98155b55)でもお話ししているとおり、「肘と尻」をいいようにしておくと、結果として手の指先から足の指先まで全てつながり、これも結果として全身がまとまる、その状態の時には、ちゃんと体幹がある、ということかなと思います。

なので、体幹は部分ではなく、全身がまとまったときに発生するもので、体幹だけを鍛えるというのは、恐らく不可能なのだろうと思います。体幹を鍛えているつもりのトレーニングが、本当に体幹を鍛えているものかどうかは、精査が必要なのではないでしょうか。

そんなことをお話ししたつもりですが、少しでも伝わっているといいなぁと思います。


次回は11月になります。また多くの方にお会いできるのを楽しみにしております。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新刊「古武術でみるみるカラダが蘇る」発売のお知らせ

2019年09月16日 16時49分43秒 | 身体の気づき
8月21日(水)、自身4冊目の著書となる、「古武術でみるみるカラダが蘇る」が宝島社より発売となりました。

前作(2015年)から今年までの間に学んだことを中心に掲載しました。
もしよろしければ、お手にとっていただけると幸甚です。

よろしくお願いいたします。

https://tkj.jp/book/?cd=TD296597
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第九十二回京滋身体操法研究会の報告

2019年09月16日 16時48分08秒 | 身体の気づき
9月8日は、第九十二回京滋身体操法研究会でした。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

新刊がでて最初の研究会、何名もの方から「本買いました」と持ってきていただき、本当にうれしかったです。ありがとうございました。

研究会では、最近ずっと見ているゴルフの「GG swing」の動画から得られた、武術ともつながる身体の動かし方について、お話をしました。「脇腹」と「体(たい)の回転」がキーポイントだと、改めて感じました。

後は、もしかしたらお話ししていなかったかもしれない、6月に中国で学んできた内容についても少し紹介しました。これが、上記の「体の回転」と非常に通じるところがあって、面白いところかなと思います。

次回は、10月20日(日)の開催の予定です。よろしくお願いいたします。

【参考】
GG swing tips(YouTubeのチャンネル)
https://www.youtube.com/channel/UCNk5S5zjcX9iyOmbK2AzdVA

日本の方の説明動画
https://www.youtube.com/watch?v=eN0YzoUMbfM
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする